キム・ハクチュン

韓国の俳優・韓流スター

キム・ハクチュンについて

1998年『王と妃』で、母の顔を知らない幼き燕山君役でデビュー。2011年『ピアノ』でコ・スの子供時代を演じ、厳しい環境のなかでも純粋さを失わず健気に生きる姿は多くの視聴者の涙を誘った。

以降、2003年『宮廷女官チャングムの誓い』2005年『心震わせて』2007年『江南ママの教育戦争』など多数の作品に出演した。

基本プロフィール

芸名 キム・ハクチュン (Kim Hak-joon)
本名 キム・ハクチュン (Kim Hak-joon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 182cm
体重 72kg
誕生日 1992年12月15日 (27歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 不明

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 不明
大学 漢陽大学(在学中)

整形

なし

関連するアーティストを見る