キム・ドンユン

韓国の俳優・韓流スター

キム・ドンユンについて

キム・ドンユンは、2003年のドラマ『サンドゥ、学校へ行こう』でデビューした、韓国の俳優である。シットコム『ドキドキチェンジ』の他、いくつかの作品を経て、2010年『トンイ』のシム・ウンテク役で、注目を集めた。

以降、2012年『星も月もあなたへ』、2015年『家族を守れ』など、地道に演技を続けている。2012年には、同性愛者の偽装結婚を描いた『2度の結婚式と1度の葬式』で、映画初主演を果たした。

兄は、俳優のキム・ヒョクである。

基本プロフィール

芸名 キム・ドンユン (Kim Dong-yoon)
本名 キム・ドンユン (Kim Dong-yoon)
国籍 韓国
性別 男性
身長 182cm
体重 75kg
血液型 A型
誕生日 1980年08月30日 (40歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 パランピョルメディア

好きなタイプ

キム・ドンユンは、子供を愛してくれて、料理が上手い人が好みである。

年齢は、あまり気にしていない。

性格

キム・ドンユンは高3の時に、ミュージックビデオの編集を学び始めた。ある時その縁で、コ・ホギョンのミュージックビデオに出演したところ、兄のマネージャーの紹介を受け、芸能活動を始めることになった。

ドンユンは「その後間もなく、ビールのCMでコン・ユと共演したり、コカ・コーラのCMに出たりしたので、すぐにスターになれるんだ」と思ったという。しかし、その後は、仕事が少ない時期が続いた。

事務所のせいにしていたが、自分の実力不足であった。アルバイトをしながら、演技の実力をつけるために、学校に通った。肉体労働をしたこともあるという。

今は、「撮影のないときは、静かなところで、釣りをしながら台本を読むのが好きだ。台本を読むのを録音したり、自分の演技を録画して、研究を重ねている」と語る。

不遇の時代を経て、「新しいキム・ドンユンを見せたい」と決意を新たに、熱心に演技に取り組んでいる。

趣味

キム・ドンユンの趣味は、映画鑑賞や音楽鑑賞、釣りである。

また、野球チームと2つのサッカーチームに、所属してる。

特技

キム・ドンユンの特技は、ボクシングと柔道である。

デビュー前の経歴

演技を始める前は、広告モデルやミュージックビデオなどに出演していた。

出身・家族・学歴

兄弟 兄2人
高校 ハンセ電算工業高等学校(現ハンセサイバー保安高等学校)
大学 なし

周囲からの評判

キム・ドンユンは、デビュー当時から、「パク・ヨンハに似てる」と評判になった。

「パク・ヨンハのラジオ番組に出演したとき、本当の弟じゃないのかと話題になった。それから親しくなって一緒にお酒を飲みに行ったりもした。『私の弟の役が必要になったら、推薦する』とまで言ってくれた。訃報を聞いて、本当に驚いた。残念だ」と語っている。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る