キム・ドンヒョン

韓国の俳優・韓流スター

キム・ドンヒョンについて

キム・ドンヒョンは、1974年MBC公開採用タレント7期生として、デビューした俳優である。

以降、多数のドラマ映画に、コンスタントに出演した。近年は、主人公の頑固な父親、グループの会長、暴力団のボスなど、欠かすことのできない、脇役として活躍中である。

主な出演作に、2004年『不滅の李・舜臣』、2008年『妻の誘惑』、2009年『チング~愛と友情の絆~』、2015年『私の心きらきら』などがある。

基本プロフィール

芸名 キム・ドンヒョン (Kim Dong-hyun)
本名 キム・ホソン (Kim Ho-sung)
国籍 韓国
性別 男性
身長 185cm
体重 80kg
誕生日 1984年05月20日 (36歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 パロスエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キム・ドンヒョンは、1990年に結婚した。妻は、1970~80年代に活躍した、人気歌手のヘウニである。

長い間知人関係であったが、ヘウニが離婚した1988年に、教会で顔を合わせるようになり、親しくなった。ドンヒョンは、初婚であったため、家族からは反対されていた。

結婚後、映画制作に乗り出すも失敗し、土地を失ったり、詐欺罪で告訴されたりした、夫ドンヒョンをヘウニは支え続けている。2人の間には、息子が1人いる。

イ・ウニは、1歳年上で、オンラインゲーム会社勤務しているキム・ドンヒョン氏と2012年3月に結婚し話題を集めた。

結婚式は非公開で行われ、幸せな結婚生活を過ごすだろうと思われたが、キム氏の問題行動が徐々にエスカレートしていき、二人の間には大きな溝ができてしまった。

結局、結婚からわずか4年で離婚が報じられることとなった。

性格

キム・ドンヒョンは、タバコをやめて20年、酒を飲まなくなって10年近くになる。しかし、若いころは爆弾酒(ビールと焼酎、またはウィスキーをまぜた飲み物)を40杯飲むほど、酒好きであった。

また、トークショーなどでは、学生時代のケンカ自慢などで、人々を楽しませている。妻のヘウニは「不愛想に見えるが、本当にやさしく家庭的な人だ」と述べている。家では家事もよくするらしい。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 不明
大学 ソウル芸術大学

整形

なし

関連するアーティストを見る