キム・ソンス

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

キム・ソンスについて

1998年子供向け番組『地球勇士ベクターマン』でデビュー。2003年の映画デビュー作『欲望 Lovers』では過激なシーンに挑戦し、2004年ドラマ『フルハウス』では注目を集めた。『ガラスの華』『愛してると云って』など立て続けに出演し、その年のSBS演技大賞ニュースター賞を受賞した。

くっきりとした眉に白い歯、モデル出身のプロポーションで人気となった。2009年には日本でファンミーティングを開催した。他の出演作は、ドラマ『BAD LOVE 愛に溺れて』、映画『リターン・トゥ・ベース』など。

基本プロフィール

芸名 キム・ソンス (Kim Sung-su)
本名 キム・ソンス (Kim Sung-su)
国籍 韓国
性別 男性
身長 185cm
体重 77kg
血液型 B型
誕生日 1973年05月23日 (47歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 ULエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キム・ソンスはデビュー当時から、4歳年下の一般人恋人の存在を明らかにしてきたが、2015年のトークショーで16年間の交際後破局したことを明かした。「結婚にはタイミングがあるようだ」と述べた。

「映画『リターン・トゥ・ベース』の観客数が一千万人を超えたら結婚するという公約をかかげた際『越えない限り結婚しないつもりなのか』と怒られた」と話したことがある。二人の仲のいいエピソードを披露していただけに残念だという声も多かった。

好きなタイプ

性格

10年以上の友人である歌手ペク・チヨンは「キム・ソンスはカッコいいが、性格がおばさんのようなので、男性として惹かれたことはない」という。「見かけと違っておしゃべりで、女ばかりの集まりに一人だけ男しかいない状況でも平気でいる。本当に仲のいい友だちには女が多い」と明かした。

また、面倒見が良いらしく、ペク・チヨンが夫のチョン・ソグォンと夫婦喧嘩すると、キム・ソンスが夫婦それぞれに「あんないい相手はいないよ。大事にしなくちゃ」と言って、仲裁してくれるという。また、バラエティ番組でベクターマンという子供向けヒーローを演じていたことや、下着のモデルをしていた過去も笑いに変えて、気さくで飾らない面が視聴者の好感を呼んだ。

趣味

旅行、読書

特技

デビュー前の経歴

キム・ソンスは「演技をしたい」とずっと思っていたが、どうやって役者になったらいいのか分からなかったので、まずモデルから始め、演技ができる機会をうかがっていた。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国
出生地域
高校 養正高等学校
大学 なし

解散・引退について

周囲からの評判

キム・ソンスは、クォン・サンウとソン・テヨンの出会いを取り持ったと告白して話題になったことがある。

「ソン・テヨンがMBCのトークショー『遊びに来て』に出演した姿を見て好感を持つ人は多かった。クォン・サンウもその一人だった」という。

「そこで席を設けて酒を飲みに行った。トップスターがたくさん集まった。その日最後まで残ったのがクォン・サンウだった。実は同席していたオ・ジホもソン・テヨンに好感を持っていたが、撮影のため途中で帰った」と明かした。

こうして最後まで残ったクォン・サンウとソン・テヨンは結ばれたのだ。

整形

なし

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト http://www.inchonmemorial.co.kr/
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る