キム・ソンギョム

韓国の俳優・韓流スター

キム・ソンギョムについて

ドラマ『第4共和国』のチェ・ギュハ大統領役、『太祖王建』のアジャゲ役などでおなじみの俳優キム・ソンギョムは、1963年MBC公開採用ラジオ声優2期生としてデビューした。50年以上のキャリアを誇り映画ドラマ共に多数の出演作品を持つ。

最近は『エデンの東』『内助の女王』『メディカル・トップチーム』『タンタラ~キミを感じてる』『鬼<トッケビ>』などでの、貫禄のある風貌をいかした企業の会長役が多い。映画では『風林高』『ピアノを弾く大統領』『カクテキ~幸せのかくし味』などの出演作がある。

基本プロフィール

芸名 キム・ソンギョム (Kim Sung-kyum)
本名 キム・ソンギョム (Kim Sung-kyum)
国籍 韓国
性別 男性
身長 183cm
体重 83kg
血液型 B型
誕生日 1941年05月13日 (79歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 不明

性格

還暦を過ぎた今も本を読んだり、映画を見たりするなどし、絶えず勉強している。

趣味

ゴルフ

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 不明
大学 成均館大学国語国文学科

周囲からの評判

キム・ソンギョムは、俳優ヒョンビンとドラマ『アイルランド』『私の名前はキム・サムスン』『シークレット・ガーデン』で共演している。キム・ソンギョムは「彼は演技が上手く、きっと成功するだろうと思っていた。人気が出てからも、礼儀正しく謙虚で心温まる想いだ」と語っている。

『シークレット・ガーデン』撮影時は、孫娘たちから「サインをもらってきてくれ」と頼まれたという。

整形

なし

関連するアーティストを見る