キム・スロ

韓国の俳優・韓流スター

キム・スロについて

キム・スロの本名は、キム・サンジュンで、芸名のスロは、牧師様がつけてくれたクリスチャンネームである。185cmの長身に、堂々とした演技で定評がある、韓国の俳優である。

これまで『アタック・ザ・ガスステーション!』『シュリ』『反則王』『火山高』など、観客動員数上位の映画に、多数出演してきた。

映画俳優としてデビューする前は、演劇舞台で活躍していたため、演技の基礎がしっかりした俳優として、制作陣からも厚い信頼がある。プライベートでは、2006年10月に、13年間の大恋愛の末、韓国女優イ・ギョンファとめでたくゴールインした。ウォーカーヒルホテルで行われた結婚式には、チャ・ドンゴン、キム・スンウ、SE7ENなど、多くの有名人が参席した。

基本プロフィール

芸名 キム・スロ (Kim Su Ro)
本名 キム・サンジュン (Kim Sang Jun)
国籍 韓国
性別 男性
身長 185cm
体重 82kg
誕生日 1970年05月07日 (50歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 SM C&C

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

キム・スロは、13年間の大恋愛の末、韓国女優イ・ギョンファとめでたく結婚した。

性格

キム・スロは、幾多の演劇舞台を通じ、基本演技の土台をしっかりと固めた後、映画界入りした。どこでも目立つ長身と大きな声を持った、彼の一番の武器は、誠実さと努力家な性格である。そこに、生まれつきの、頭の回転の良さが、一役買っている。

『達磨さんと遊ぼう』のワングラ役は、シナリオ製作の段階から、彼が目を付けていたキャラクターであった。彼は、いいシナリオの臭いを嗅ぎ分け、その役割を掌握する明敏さの持ち主である。更に、誰よりも研究・分析し、撮影に入る前には、自分の役割を完璧に理解してしまう、そんな真面目さまで兼ね備えている。

現場で人々は、スロのことを「設定の皇帝」と呼んでいる。

趣味

キム・スロの趣味は、ジャズダンスである。

特技

キム・スロの特技は、舞踊である。

出身・家族・学歴

兄弟 妹1人
高校 アンチョン高等学校
大学 東国大学 演劇科

周囲からの評判

キム・スロは、『達磨さんと遊ぼう』で、一つの場面でさえ、編集でカット出来ないほど、コミックな流行語を作り出し、映画に彼独自の味を加えた。

当時、新人俳優のリュ・スンスとコンビになった時、スロは、スンスが相手の演技の出来によって、自身の演技も引き立つ俳優であることを見抜いた。そのため、撮影のある前日には、必ずスンスと演技の呼吸を合わせてから、翌日の撮影に臨んだという。

スロは、パートナーに対する配慮が、自分の役割に影響を及ぼすことを知っている、頭の良い俳優である。キム・スロは、多くの映画社から、数え切れないほど多くのラブコールを受けた、人気俳優である。

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る