キム・スヒョン

韓国・韓流俳優

キム・スヒョンについて

キム・スヒョンは、K-POPだけでなく、ドラマや映画に進出して主演級を演じながら、演技を目標にする新人俳優の数少ないうちの一人である。その中でも、キム・スヒョンは断然注目されている。

2007年シチュエーションコメディ『キムチ・チーズ・スマイル』でキャリアをスタートし、2008年には、青少年ドラマ『ジャングルフィッシュ1』の出演を経て、2009年には、ドラマ『クリスマスに雪は降りますか』でコ・スの子供時代役で印象的な演技を魅せた。

その後2010年『ジャイアンツ』で少しずつ周知され始め、その後の彼の代表作になるKBS1ドラマ『ドリームハイ』では、傑出した方言を駆使したソン・サムドン役で、有名なアイドルグループの間でも抜群の演技力で見る人を驚かせた。その後も、2013年のSBSドラマ『星から来たあなた』など話題作に出演し、人気俳優の地位を固めている。

基本プロフィール

芸名 キム・スヒョン (Kim Soo hyun)
本名 キム・スヒョン (Kim Soo hyun)
ニックネーム
国籍 韓国
性別 男性
身長 180cm
体重 65kg
血液型 AB型型
誕生日 1988年02月16日 (31歳)
干支
星座 みずがめ座

所属・分類

グループ名 韓国・韓流俳優
レコード会社
事務所 カイストキーイースト
事務所入所年
カテゴリ

出身・家族・学歴

兄弟 妹1人
出生地域 ソウル特別市
高校 ソウルチュンドン高等学校
大学 中央大学 演劇映画学科

公式サイト・SNS

公式サイト
Insta https://www.instagram.com/soohyun_k216/
Twitter
Weibo

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2015年、ソヒと俳優キム・スヒョンとの熱愛説が出たが、所属事務所が15分程で友達の仲だと釈明した。

ソヒがキーイーストへの移籍後に出た初の記事が熱愛説であった上、キム・スヒョンの再契約時期と重なったことで話題となった。

好きなタイプ

キム・スヒョンの好みのタイプは、素直で明るくユーモアセンスの似てる人。心が通じ合う人。物事を長く説明しなくてもわかってくれる人など述べている。

これは、キム・スヒョンが過去に自身のホームページに掲載していた「彼女の条件」に関する文章がオンラインコミュニティー掲示板にアップされたことで話題となった。

当時のキム・スヒョンは「僕のために悲しんで、死にたがらないといけない。後悔もしなければいけない。誰と会っても僕のことだけを考えて、何より僕を絶対に疑ってはいけない。僕に干渉してもいけない。面倒くさいから。悪口も言える。でも僕が必要とする時にはいつもいなければいけない。愛情不足だから。機転が利かないといけない。僕は短気だから。僕に説教なんかしたら許さない」と未来の彼女に望むことを語っていた。

一方、キム・スヒョンは2011年のY-STAR『スターニュース』に出演し、自身の理想のタイプはパンムパタル(致命的な魅力を持った女性)だと明かしていた。

キム・スヒョンは制作陣に理想のタイプについて聞かれると、「こういう言葉を書くのは慣れてないけど、パンムパタル」と答えた。また、「僕がこんな風になるとは思わなかった。僕はただ可愛くてセクシーな子を好きだと思っていたのに」と自身について話した。

性格

キム・スヒョンの性格は、幼少時代は内向的な性格であった。そのため、そのことを心配した母親の薦めで演劇部隊を始めることなった。ちなみに父親は、元ロックバンドボーカルのキム・チュンフンである。

はじめて舞台に立ったのは高校1年生の時。その後大学も演劇科に進むことを決意。
19歳の時にドラマ「キムチチーズスマイル」のオーディションに合格したことで、ドラマデビューを果たす。

キム・スヒョンが光り輝く理由は、他の新人とは差がつく「上手な演技」である。まるで俳優になるために生まれてきたように、子役時代からの作品で少しも生半可な演技を探すことはできない。それほど安定的に、視聴者が没頭できるように自然な演技をしている。

もともとは内向的な性格を直すために演劇舞台に挑戦した彼であるが、高校1年の時に初めて演劇舞台に立ち、高校3年のときに演劇映画科に進学することを決心したことをきっかけに、その後、中央大演劇映画科に入学して、俳優への道を着実に歩み始めた。

もちろん彼も、ある日目覚めたらスターになっていたケースではなく、青少年物から始まって、演技への夢をゆっくり実力で確立してきた人物だ。彼の演技力について多くの人々から好評を受けているが、新人当時は演技への限界に、もっと成長したいという欲求に涙を流したという。その涙と日々の努力があったからこそ、他の俳優たちより早く、地位を確立できている。

趣味

キム・スヒョンの趣味はボーリングである。

2016年には、バンドFTISLANDのイ・ホンギとプロボーラー選抜戦に参加し話題となった。1次戦は通過したものの、2次戦で残念ながら脱落した。キム・スヒョンは、プロボーラ―に機会があればまた再挑戦したいと考えている、と明らかにしている。

2017年の言論社とのインタビューでは、彼はボーリングが演技の助けになるとし、「ボーリングは一人で集中することができるスポーツなので魅力を感じる。ボーリングをする時は、どれだけ自分自身の中にだけ集中できるかが重要だ。それが現場においても同じことで、どれだけ自分自身を信じることができるかという事につながる。だから、周りの人達にボーリングを薦めて歩いている。」と話している。

特技

キム・スヒョンの特技は歌、クライミングである。

キム・スヒョンの父は、歌手(元ロックバンドのボーカル)のキム・チュンフンあり、キム・スヒョンのボーカルの先生が歌手パク・ジニョンだったことが公開された。

最近韓国で放送されたケーブルチャンネルtvN「名簿公開2015」では、「歌手のようで、歌手でなさそうな俳優」のランキングが公開され、5位に“次世代韓流スター”としてランクインした。

その他にも、昨年SBSドラマ「星から来たあなた」のOST(劇中歌)に参加し、抜群の歌唱力を見せた。「名簿公開2015」によると、キム・スヒョンの抜群の歌唱力の背景にはパク・ジニョンの教えがあったからであると伝えている。

KBS 2TVドラマ「ドリームハイ」出演当時、彼は作品のキャラクターで歌とダンスの実力を備えるためにパク・ジニョンからトレーニングを受けたことも明らかになっている。

デビュー前の経歴

キム・スヒョンのデビュー前の経歴としては、1988年2月16日、ソウル特別市で生まれた。
中学校時代には、とても静かで消極的な学生だったので、周辺では彼が演技者になるとは思わなかったという。

そんな中、彼の母親が内向的な息子の性格を心配し、高校に進学した頃に「弁論学院にでも通ってみたら?」と誘ってみたが、本人は勇気を出すことができず、「それなら、演劇でもしてみる?」という母親のもう一つの提案から始めてみた演劇が、彼の性格を少しずつ変えていくことになった。

高校3年生の時の担任教師は、当時のキム・スヒョンに対して、「学校に台本を持ってきて、授業の合間に台詞を暗記したり発声練習をしたりしていた。そんな姿を見て、スヒョンが演技者の道を歩むとしても遜色がないと思った。」と言及している。

2003年、高校1年生の時に、演劇『真夏の夜の夢』のパック役で公演舞台への第一歩を踏み出し、大学時代にはミュージカル『グリース』でケニッキー役と、『ハムレット』でハムレット役を任されるなど演技の道の経験を着実に積んできた。

家族

解散・引退について

周囲からの評判

キム・スヒョンに対する評価としては、『ドリームハイ』での演技で、同じ年頃の演技者(アイドル)たちとの競争の中で、一層着目される存在となった。

特に、アイドルスターが大挙出演したこのドラマで、ダンスと歌の実力の才能まで持って生まれたソン・サムドンを演じることは容易ではなかった。しかし、絶えず努力した歌とダンスの実力を十分に発揮して、大役を努め多くのファンの支持を勝ち取っている。

2012年、彼の2番目の主演ドラマ、『ジャックポットは飛び出した』で視聴率40%を超えた。

また、ドラマ『太陽を抱いた月』は始まりはそれほどでもなかったが、子役俳優の名演技と主人公キム・スヒョンの演技力、加えて存在感のある助演俳優らがシナジー効果を発揮し、視聴率40%という国民的ドラマとなった。

整形

好きな食べ物

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

韓国・韓流俳優のメンバー

アン・ソクファン

アン・ソクファンは、1987年に演劇『変わったあの世』でデビューした俳優である。1994年の映...

アン・ソンギ

アン・ソンギは、1957年の映画『黄昏列車』で子役としてデビューし、その後も長く愛され続けてい...

アン・ネサン

アン・ネサンは、30歳で演技の道に入った俳優である。舞台演劇を経験した後、1994年、ポン・ ...

アン・ヨンジュン

アン・ヨンジュンは、2006年『秘密の校庭』でデビュー。同年『朱蒙』のユリ王子役で注目集める。...

IU(アイユー)

歌手(韓国)

IUという芸名は、「I」と「You」を合わせた造語で、「君と私が音楽で一つになる」という意味が...

アン・ソニョン

アン・ソニョンは、MBC専属コメディアン11期生として芸能界デビューを果たす。その後、『セクシ...

アン・ヘギョン

アン・ヘギョンは、2001年MBC専属気象キャスターとして芸能界入りした。ルックスと実力を兼ね...

アン・ミナ

アン・ミナは、2005年のドラマ『私の名前はキム・サンスン』で、素朴なパティシエ見習い、イネ役...

アン・ヨノン

アン・ヨノンは、1988年ドラマ『土地』でデビュー。同年第24回百想芸術大賞TV部門子役賞を受...

イ・インソン

イ・インソンは、4歳の時にスカウトされ、雑誌モデルとして活躍した。韓国出身の世界的デザイナー、...

グループ・メンバーを見る