沢城みゆき

日本の俳優 声優

沢城みゆきについて

沢城みゆきは、日本の声優、ナレーター、女優である。
1999年5月2日に『デ・ジ・キャラット』の新人声優オーディションに参加し、審査員特別賞を受賞。同作品のプチ・キャラット(ぷちこ)役に選ばれ、演技経験のないまま声優デビューする。2001年放送の『しあわせソウのオコジョさん』のコジョピー役でテレビアニメ初主演を果たす。デ・ジ・キャラットで共演した氷上恭子の推薦で、マウスプロモーションに所属。事務所付属の俳優養成所で、改めて演技を学んだ。

2011年に放送された『ルパン三世』のテレビスペシャル『ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~』より、峰不二子役を受け継いで演じている。2017年1月9日にテレビ朝日系で放送された、『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』にて、4位に選出された。2018年4月1日から放送されている『ゲゲゲの鬼太郎』で鬼太郎役に抜擢された。『声優アワード』は、助演女優賞(第3回、第9回)、主演女優賞(第4回)、海外ファン賞(第5回)を受賞している。

基本プロフィール

芸名 沢城みゆき (Miyuki Sawashiro)
本名 沢城みゆき
ニックネーム みゆきち
国籍 日本
性別 女性
身長 156cm
血液型 O型
誕生日 1985年06月02日 (37歳)
干支
星座 ふたご座

所属

参加グループ
レコード会社 青二プロダクション

好きなタイプ

沢城みゆきの好きなタイプは公開されていない。

性格

沢城みゆきは、周囲から『性格が悪い』と言われてしまっているそうである。その理由としては、敬語を使うことがない、気が強い、偉そうなどのイメージがあるから、とのことである。現場では先輩や監督にもタメ口で、そういった印象から偉そうというイメージが拭えないという。沢城みゆきが敬語を使わない理由としては、年齢などは関係なくフランクに接したいと思っているから、とのことである。

一方で、面倒見がよく後輩から慕われるといった一面も見られるという。

趣味

沢城みゆきの趣味は、読書である。

特技

沢城みゆきは、英語が得意である。大学在学中に、ペンシルベニアにホームステイをしており、英語はその際に身につけたそうである。『ストリートファイターⅣ』にて、イギリス人キャラクターのキャミィの声を演じた際には、英語吹き替え版制作のために演じた日本語版ボイスを参考用に海外に持っていき、英語吹き替えを担当する声優に聴いてもらったところ、その場に居合わせた音響監督が勘違いし、「まだ演技を始めなくていい」と英語版の担当声優に注意してしまったという逸話がある。

デビュー前の経歴

沢城みゆきが演技に興味を満ち始めたのは、小学校の学芸会で魔女の役をやった時に「すごいね」と褒められ、「作文でも運動でも一番になれなかったが、これなら一番になれそう」と思ったことからである。声優に興味を持ったきっかけは、同級生が夢中になっていたアニメ『るろうに剣心』を一緒に観たことが大きいと語っている。また、声優になりたいと思った理由の1つに「小学生の時本を読んでいるときに、自分が本の中にキャラろいう他人に成りきることができるということを発見した」ことを挙げている。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 不明
大学 不明

家族のエピソード・詳細

沢城みゆきの弟は、同じ声優の沢城千春。弟は、高校生の頃に渋谷で芸能事務所からスカウトを受けていたが、部活に打ち込んでいたため断っていたという。大学2年生の頃に周りが就職活動を意識しだし、自分はどうしようかと悩んだが、考えた末に、芝居を始める決心をする。姉である沢城みゆきに影響を受けて声優を目指したとのこと。

また、沢城みゆきは2014年6月2日に一般男性と入籍した。2018年の夏から産前・産後休業および育児休業に入ることを発表し、同年11月に『報道ステーション』のナレーションで仕事に復帰した。

解散・引退について

現在も活動を続けている。

周囲からの評判

2017年1月10日に放送された、テレビ番組『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』(テレビ朝日系)にて、沢城みゆきは4位にランクインした。これに対して、同じ声優の山寺宏一は、「20代であの色気はすごい。異性でよかったと思います。男だったら本当につぶしてやろうって思った。」と絶賛していた。

整形

報道はされていない。

好きな食べ物

パウンドケーキ

公式サイト・SNS