オム・ジウォン

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

オム・ジウォンについて

大学1年生のとき、モデルとして芸能界入りした。1998年からテレビに出演し始め、2000年には映画デビューも果たしている。2002年に韓国MBCの朝の連続ドラマ『黄金馬車』でヒロインを演じ芸能活動を本格化させた。

これまで、ドラマでは『サイン』『マジック』『黄金馬車』、映画では『霊媒ヤクザ』『スカーレットレター』『トンケの青い空』などに出演している。

私生活では、2012年に知人の紹介で建築家でありエッセイストでもあるオ・ヨンオクと結婚した。

基本プロフィール

芸名 オム・ジウォン (Um JiWon)
本名 オム・ジウォン (Um JiWon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 170cm
体重 48kg
血液型 A型
誕生日 1977年12月25日 (42歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 Jワイドカンパニー
デビュー年 1998

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

オ・ヨンウクと2012年に知人の紹介で知り合い、結婚を前提に交際を始めた。そして、2人は2014年5月27日にソウルの新羅ホテルで結婚式を挙げた。

ヨンウクはジウォンより1歳年上で、延世大学建築工学科を卒業し、建築事務所を運営している建築家でありエッセイストでもある。

ヨンオクは、約1年6ヶ月という恋愛期間中に、本を通したプロポーズというロマンチックともいえる方法をとった。エッセイ『プロポーズ~あなたのためなら日曜日に仕事をしない~』を出版している。

好きなタイプ

自分が夜中に帰宅したり何日間か家を空けたりしても理解してくれる男性が好みである。また、背が高い男性が好きだと語っている。

性格

話し方に愛嬌があり、笑顔が魅力的で、考え方も簡潔で前向きである。一方、仕事に対しては慎重なところがあるようだ。

また、おおらかで明るい性格で、時には撮影現場のムードメーカーになることもある。

趣味

水上スキー、読書

特技

バイオリン

デビュー前の経歴

小学校のときに、母親を水上事故で失いかけた。母親が南海に友達と旅行に行った際に、乗っていた遊覧船が火災を起こし沈没するという事故が起こった。その時に死亡者リストの中に母親の名前があったが、幸いにも母親は水泳ができたので生存することができた。その事故がきっかけで生存水泳を習ったようだ。

大学1年生のとき、ソウルの大学に通っていた姉のところに遊びに行った際に、狎鷗亭で『通りで見つけたかわいい子』として撮られた写真がきっかけでモデルとして芸能界入りした。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 暁星女子高等学校
大学 慶北大学

周囲からの評判

シットコム『順風産婦人科』に出演したことがある。2008年から番組の進行役として活躍した。2008年に第16回春史大賞映画祭の広報大使を務めた。また2010年には、第18回大韓民国文化芸能大賞映画俳優部門優秀賞を受賞した。

撮影時、持前の明るさと愛嬌で、現場の空気を明るくしていたという話がある。インタビューでは、相手の記者に対して愛嬌のある話し方と笑顔で接し、ほがらかな印象を残しているようだ。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る