キム・グァンギュ

韓国の俳優・韓流スター

キム・グァンギュについて

キム・グァンギュは演劇俳優活動と並行しながら演技分野に魅了されていく。30歳ごろ人生の深さについて悩みながら将来について模索し、その後ソウルに上京してオーディションを受けたたという。4年制大学卒業を望んでいた母のために韓国放送通信大学校国語国文学科に編入学して、映画『友達』を撮った直後に卒業した。

当時、釜山芸術大学演劇映画学科教授だったクァク・ギョンテク監督との縁で1999年、映画『ドクターK』でデビューし、『友達』にも相次いで出演した。映画『友達』で生徒たちを刺激し暴力的で野卑な担任先生役を演じた。

しかし、映画『友達』を通じて俳優として活躍し始めたころ、彼にもう一度の試練が訪れる。株式ブームに巻き込まれ、集めたお金をすべて潰して信用不良者になったのだ。

その後、MBCミニシリーズ『ファンタスティック・カップル』でコミカルな世間ずれしたコン室長役を完璧にこなし、演技人生のターニングポイントを迎えることになる。2008年にはMBCシットコム『クク島の秘密』に主役として出演したが、ちょうど北京五輪と重なってしまったこともあり低い視聴率を記録した。2014年には演歌歌手としてもデビューしたことがある。

基本プロフィール

芸名 キム・グァンギュ (Kim Gang Gyu)
本名 キム・グァンギュ (Kim Gang Gyu)
国籍 韓国
性別 男性
身長 172cm
体重 67kg
血液型 A型
誕生日 1967年12月08日 (52歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 ビリプエンターテインメント

好きなタイプ

キム・グァンギュは、髪の毛がない自分にコンプレックスを持っているそうで、髪の毛が多くてストレートなチョン・ジヒョンのようなスタイルの女性がタイプだという。また、自分の手がかわいくないから手がきれいな女性も良いという。

性格では「尊敬できる女性ならこれ以上うれしいことはないでしょう。私のユーモアに良く笑ってリアクションが多い方ならもっといいですね」と話した。

性格

バラエティー番組『朝奇迹』で物事に対して憶病な姿を見せたことから、キム・グァンギュは小心者と名がつけられた。

趣味

キム・グァンギュは、自分自身が成長するために何でもした方が良いとの思いから多様な趣味を持っているようだ。タンゴ、サルサに加え、十字じん帯の負傷者同好会や髪がない人たちの集まりにも参加しているという。俳優リュ・スンスからはバイクを学んだそうだ。

特技

ボクシング、ジャズダンス、銃剣術

デビュー前の経歴

キム・グァンギュは釜山観光高等学校を卒業し、陸軍に副士官として5年間服務した。中佐で除隊した後は、釜山でタクシー運転手をしていたという。

出身・家族・学歴

兄弟 兄2人
高校 釜山商業高等学校→釜山観光高等学校(現)
大学 ソウル演劇大学演劇学科韓国放送通信大学校 国語国文学科

周囲からの評判

ドラマで一緒に熱演したベク・ジンヒは、キム・グァンギュを理想の人物と取り上げ「エネルギーにあふれ、本当に楽しい方だ。肌がものすごくきれい」と話した。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る