ソン・ヒョンジュ

韓国の俳優・韓流スター

ソン・ヒョンジュについて

ソン・ヒョンジュは1989年、演劇俳優として初めてデビューした、韓国の俳優である。翌年1990年には、劇団「美醜」の団員として入団し、多数の劇に出演し、1991年のKBS 14期公採タレントとして、正式にデビューを果たす。

1996年に出演したドラマ『初恋』で、純粋な男の役を演じ、「見ていても見たい」というタイトル曲で、アルバムを発売した。2012年に話題になった、SBSドラマ『追跡者THE CHASER』では、ベク・ホンソク役で演技力を認められ、SBS演技大賞を受賞した。

2013年に公開された『鬼ごっこ』では、初めて主演を務め、興行的にも成功した。

基本プロフィール

芸名 ソン・ヒョンジュ (Son Hyun Joo)
本名 ソン・ヒョンジュ (Son Hyun Joo)
国籍 韓国
性別 男性
身長 178cm
体重 72kg
血液型 B型
誕生日 1965年06月24日 (55歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 keyeast

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ソン・ヒョンジュは、オーストラリア留学生であった妻と、4年間知り合いとして交友し、1996年、本格的に付き合った。

ヒョンジュと妻の姉は、元々知り合いである。ヒョンジュの積極的なプロポーズによって、1997年に結婚をした。

息子と娘がおり、ヒョンジュは「自分のために、未来を諦めた妻に、申し訳ない気持ちを持っている」と話している。ヒョンジュは、家族に不便をかけたくないと考え、家族に関することは、世間に公表していない。

一時、ヒョンジュの不倫説が出回ったりもしたが、あくまでも噂であり、根拠はない。

性格

ソン・ヒョンジュは、とても人見知りだという。バラエティー番組『ハッピートゥゲザー』の打合せで、「カメラによく映らない席に座らせて」と話し、内気な性格を見せた。

ヒョンジュの性格は、芸能界にある「人見知り」というグループに入っていることで、有名である。グループ名が「人見知り」の理由について、「集まって、本格的に口を開けるまで、20~30分かかる」と話し、皆を驚かせた。

また、何事も一度決定したことは、責任を持って必ずやり遂げる性格としても有名である。「俳優として私が選択したことは、どんなことがあっても、責任を負うようにしている」と。

趣味

ソン・ヒョンジュの唯一の趣味が、登山である。

特技

ソン・ヒョンジュの特技は、パンソリである。

デビュー前の経歴

ソン・ヒョンジュは、イ・ビョンホンなどと共に、1991年のKBS公開採用タレント14期でデビューした。

デビュー前は、劇団「美醜」に所属し、活動していたが、当時は少ない収入で、生活苦を経験していた。

ヒョウジュは「劇団生活をするとき、家に入った記憶があまりない」と明かした。当時は、同期や先輩の家などで寝泊りし、ホルモン焼き屋の厨房で仕事をし、生計を立てていたという。

出身・家族・学歴

高校 大元高校
大学 中央大学校 演劇映画学科

周囲からの評判

ソン・ヒョンジュについて、『クリミナルマインド』のスタッフは、「ヒョンジュは、大先輩という肩書きが顔負けするほど、現場ではまるで後輩のようで、スタッフらと親しく付き合う、素朴な性格の持ち主だ。撮影現場の雰囲気を和やかに作る一等功臣だ」と話し、賛辞を送った。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る