中谷美紀

中谷美紀について

中谷美紀(なかたに みき)は女優として活動している人物である。所属事務所はデビュー当時はクリエートジャパンエージェンシーであったが、その後スターダストプロモーションに移籍、2015年8月1日からは個人事務所・ジーアールプロモーションに所属している。

1998年と1999年に映画「リング」「リング2」でミステリアスな役柄を演じ世間の注目を集めた。2003年には映画「壬生義士伝」で第27回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞した。その後もドラマと映画にコンスタントに出演し、様々な役柄を確かな演技力で魅せ続け2006年には映画「嫌われ松子の一生」で第30回 日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞を受賞した。なお、「嫌われ松子の一生」で中谷はその年の映画賞を総なめにし、アジア・フィルム・アワードでもノミネートされたことから、日本を代表する女優へと成長をした。

私生活では2018年11月26日にドイツ出身で、ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるティロ・フェヒナーと結婚したことを報告し、現在は日本とオーストリアを往復しながら家庭と芸能活動を並行している。

基本プロフィール

芸名 中谷美紀 (Miki Nakatani)
本名 中谷 美紀 (Miki Nakatani)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 160cm
血液型 A型
誕生日 1976年01月12日 (43歳)
干支
星座 やぎ座

所属

レコード会社 ワーナーミュージックジャパン
事務所
事務所入所年 1993
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

渡部篤郎は、1999年TBSドラマ『ケイゾク』で、中谷美紀と共演した。この共演をきっかけに、交際に発展したとされている。しかし、この時渡部は既婚者であり、不倫という関係からのスタートであった。

不倫関係が報道されたのは、2003年の時である。その後も2人は別れず、不倫関係を続け、2005年に渡部から「離婚してほしい」と、元妻であるRIKACOに話した。

離婚が成立し、2人は同棲生活を始めたという。破局報道が何度も出たが、付き合いは続いており、15年間付き合っているが、結婚はしていない。渡部は再婚しているが、相手は一般人である。

中谷とまだ付き合っている時期に、再婚した女性とも、6年程付き合っていた。

好きなタイプ

中谷は自身の理想の男性像について、2016年3月27日に放送された日本テレビ系列のトーク番組「おしゃれイズム」にて明かしている。中谷は結婚したいと思う相手の条件として「そんなに高望みはしないですけども、できればトイレの便座を下げてくださる方がありがたいな。」とコメントした。これについて、中谷はその意味について「下げてくれるっていうことは、その後の方のことまで考えてるということなので、優しい方なんだと思うんです。見えないところでさりげない気遣いができたら素敵だなって思う。」と語っており、この発言からさりげない優しさのある人、細かい気遣いができる人が好みであるとうかがえる。

また2017年5月13日に掲載されたファッション雑誌「CanCan」のインタビューで、中谷は「愛することと、愛されることのどちらを望みますか?」という質問に「愛される方を選びます。」と答えている。

さらに中谷は2012年9月15日に行われた自身のエッセイ本の出版イベントの際に、自身の持つ恋愛観について「それぞれがまったく別の価値観を持っていても繋がっていられる、自立した関係って素敵です。」とコメントしている。

性格

中谷は自身の性格について、人見知りのためひとりで行動することが多いと話している。そのエピソードのひとつとして、店のカウンターでひとりで外食し、その際まわりにいる他の客の話を盗み聞きするのが大好きであると明かしている。

また周囲からは真面目で勤勉な努力家であり、ストイックな性格であることが明かされている。あるトーク番組に出演した際、中谷はもしアラブの石油王の夫人となったら、資金を映画産業に使いたいと思ったことがあると自身の妄想を話しており、ユーモアがありつつも役者として業界に貢献したい思いが強いとうかがえる。

さらに中谷の性格を示すものとして、好きな言葉は「本来無一物」と答えているため、とても謙虚な性格であることがうかがえる。

趣味

中谷は自身の趣味としてストレッチ、ジャイロキネシス、ピラティス、ヨガ、ウォーキング、和風の便箋と封筒の収集、旅行を挙げている。

中谷は運動は健康法として日常の一部でもあると話しており、特にストレッチは毎日、ヨガは多い時で週3回やっていると語っている。

また旅行は一人旅が好きであり、沖縄の離島めぐりやフランス・パリ、インドが好きであり。特にパリは思い入れが強く、旅行だけでなく実際に住んでいたことがあると明かしている。ポンヌフ橋の近くにある小さなアパートを借りていたといい、中谷はパリに行ってから日本文化に目覚めたとも話している。またパリには何人か現地の友人がいるといい、大きな仕事の後でリフレッシュをするためによくパリに訪れるという。

特技

中谷は自身の特技として料理、フランス語を挙げている。

中谷は高校卒業後に調理専門学校に通っていたこともあり、料理が得意であることを公言している。2015年1月に公開された中谷が主演した映画「繕い裁つ人」の舞台挨拶にて、映画の撮影中に豚汁や鴨汁、中華スープなどの手料理を50人以上のスタッフやキャストに振る舞ったと明かしている。

またフランス語が得意であり、中谷は自身がプライベートでもフランスを訪れることが多いことや、フランス映画が好きであることから、語学もそこから学んだとうかがえる。

その他中谷は明かしていないが、字が達筆であるとうかがえる。これは中谷が2018年11月に結婚を発表した際に直筆の結婚報告を見たファンらが憶測したもので、その文章は達筆すぎて教養レベルでは読めないとされるほどである。

デビュー前の経歴

中谷は4人兄弟の長女として、東京都で生まれ育った。中谷は中学時代から映画鑑賞が大好きで、多い時は映画館で1日4本見るほどであったという。

また中谷は女優としてデビューする以前、中学時代に表参道でスカウトされ、アルバイト感覚で芸能界の仕事をするようになったと明かしている。中谷はテレビ朝日系列のバラエティ番組「桜っ子クラブ」で、アイドルグループ「桜っ子クラブ さくら組」のメンバーとして、1991年にアイドル歌手デビューしていた。1993年までそこで音楽活動をしていた。

1993年のフジテレビ系列の連続ドラマ「ひとつ屋根の下」に出演し、これが中谷の女優デビュー作品となった。

出身・家族・学歴

兄弟 妹がふたり、弟がひとりいる。
出生国
出生地域
高校 東京都立代々木高等学校
大学

家族のエピソード・詳細

一般人の母親、父親、妹がふたり、弟がひとりいる6人家族である。

解散・引退について

2019年8月20日現在、引退発表していない。

周囲からの評判

中谷が主演した映画「繕い裁つ人」の三島監督は、中谷について「自分がどう演じるかだけでなく、作品がどう向かっていくかを考えて走ってくださる方」と女優として作品に取り組む姿を絶賛した。

整形

していない。

好きな食べ物

ラーメン、ソーメン、うどん、山椒ちりめん、湯葉、梅干し、ぬか漬け、ゆず胡椒、和食、韓国料理

公式サイト・SNS

公式サイト www.mikinakatani.com
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

中谷美紀の楽曲

すべての楽曲を見る

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る