ソン・ジル

韓国の俳優・韓流スター

ソン・ジルについて

ソン・ジルの名前は本名で、父が出産中あまりにも退屈で、子供が男の子であれ女子供でも、名前をそのままジルと付けようと決め、その名となった。

ソウル芸術大学を卒業して、劇団『木花』の団員としてデビューした。映画では、『涙』という作品で、デビューした。その後も、『新羅の月夜』『先生金ボンドゥ』で、チャ・スンウォンと共演し、ドラマ『君たちは包囲された』『魔女の恋愛』『学校2017』などに出演した。

2007年に、『極楽島殺人事件』で、第6回大韓民国映画大賞助演男優賞を受賞した。

基本プロフィール

芸名 ソン・ジル (Sung Ji Ru)
本名 ソン・ジル (Sung Ji Ru)
国籍 韓国
性別 男性
血液型 A型
誕生日 1968年10月16日 (51歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 HM Entertainment

性格

ソン・ジルは、自身の性格について「私は元々、あまり笑わなかったです。若い時は、セリフ一言二言に、何日も寝ないほど、演技について妥協のない性格でした」と話した。

趣味

ソン・ジルの趣味は、トランペット演奏である。

デビュー前の経歴

ソン・ジルは、裕福な公務員の父の下で厳しく育ち、「家では、一言二言しか話せないが、外に出ると、応援団長や、各種行事のMCを引き受けていた」という。

青少年時代、人前に立つことで幸せを感じ、ジルは芝居に、夢を見るようになったという。そして、家族の期待を果敢に捨て、ソウル芸大演劇科に入学した後、彼はずっと演劇をしてきた。

しかし、生きるために、一旦保険マンになった。某保険会社で、保険セールスをして働いていた。しかし、そんなジルの気の毒な事情を知っていた、演劇役者のユン・ソカが、保険にいくつか加入してくれたなど、知人らの助けのおかげで、かなり設けられたそうだ。

しかし、ジルはある日、こんな風に人生を送ることに、危機感を感じたという。そこで彼は、設けられる保険の仕事の誘惑を振り切り、貧しくて飢えた、演技者の道を選択したという。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 南大田高校
大学 ソウル芸術大学 演劇学科

周囲からの評判

ソン・ジルを撮影現場で初めて見たキム・スンウは、「ジルは、無愛想な男だった」と話す。しかし、「とても少ない分量で出たことにもかかわらず、『観ている人の脳裏に、刻印されるような演技』が、どういうものなのかを見せてくれる俳優だ」とも話した。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る