イ・ナヨン

韓国の俳優・韓流スター

イ・ナヨンについて

2000年代の代表的な美人の1人。韓国の女優である。芸能人のなかでも、圧倒的な小顔とエキゾチックな雰囲気のマスクを持ち、モデルのようなプロポーションを誇っている。本業のドラマよりCF(コマーシャルフィルム)で多く活躍をしており、CFクイーンというニックネームがある。

MBCドラマ『勝手にしやがれ』から演技力も認められ、美貌にもポテンシャルにもあふれ、勢いにのる。演技力も特有の妙な違和感があり、ひどい演技というよりは、むしろ自分だけの演技の世界がしっかりある。他の女優たちにはない斬新で独特の雰囲気を持っている。

2004年『小さな恋のステップ』で青龍映画賞主演女優賞を受賞し、評論家に演技力を認められた。

基本プロフィール

芸名 イ・ナヨン (Lee Na Young)
本名 イ・ナヨン (Lee Na Young)
国籍 韓国
性別 女性
身長 170cm
体重 48kg
血液型 B型
誕生日 1979年02月22日 (41歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 Eden9
デビュー年 1998

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ウォンビンとイ・ナヨンは2011年8月にイ・ナヨンがウォンビンの所属事務所エデン9に移籍したことが縁となった。2人は2012年7月に交際の事実を認め、芸能界最強ビジュアルカップルとなった。

2013年12月17日、あるメディアは、「ウォンビンとイ・ナヨンは15日、長い間所属事務所で働いていた従業員の結婚に出席した。それを見た結婚式に出席したゲストから、『公の場になかなか姿を現さない二人が一緒に出席した』という声が挙がった」と報道した。

ウォンビンとイ・ナヨンが結婚式場に登場したというニュースに対してネット上では「ウォンビンとイ・ナヨン結婚式場に登場、すぐに結婚するのね」「ウォンビンとイ・ナヨン結婚式場に登場、最強ビジュアルである」「ウォンビンとイ・ナヨン結婚式場に登場、お似合いすぎる」などの反応が挙がった。

その後2015年5月30日、ウォンビンの故郷である江原道チョンソンの徳雨里で極秘結婚式を挙げた。2015年8月3日妊娠のニュースを所属事務所を通じて発表した。2015年12月には無事に男の子を出産した。

好きなタイプ

MBC『無限挑戦』に出演したイ・ナヨンは、自分の理想のタイプを明らかにした。当時の放送では、俳優のイ・テソンとアイドルグループのメンバーであるイ・ジュンなどが出演していたが、イ・ナヨンはコメディアンのパク・ミョンスを選んだ。

イ・ナヨンは「パク・ミョンスの顔と感じ、行動をすべて評価して選択した」と話して笑いを誘った。さらにMBC『ハッピータイム』では、「外見は本当に問わない。イケメンは嫌。浮気したらどうしよう。」と述べた。

しかし、イ・ナヨンは自他共に認める韓国最高のイケメン俳優ウォンビンと3年熱愛の末、最近結婚までした。

性格

イ・ナヨンは、性格と生活が大ざっぱなことで有名である。彼女の私生活について俳優や記者が口をそろえて言うほどだ。チャン・ジン監督は『小さな恋のステップ』のキャスティングに関して、「彼女がイヤリングや指輪どころか化粧さえせずにくるのを見てヒロインにキャスティングした」と話す。

また俳優ソン・ドンイルは、「撮影現場にくるときの服が近所のスーパーにタバコを買いに行くような服。おじさんのような服装で撮影現場にきて驚愕した」と話した。パパラッチに撮られた写真でも非凡なファッションセンスを見ることができる。

趣味

水泳、スポーツジムでフィットネス、映画鑑賞。またストレスを感じたときには数学の難しい問題を解くという。

特技

ウェイクボード、ラジコンカーの組み立て

デビュー前の経歴

デビュー前から注目を集めるほどの外見を誇っていた。イ・ナヨンが大学新入生のころ、ファッション雑誌にストリートスナップを掲載されたこともあった。「きれいな肌と個性が強い目鼻立ち、面長な顔までファッションモデルとして完璧な条件を備えたナヨン」と紹介されている。

当時イ・ナヨンはカタログモデルとして活動していたが、雑誌の写真を撮った記者は、その事実を知らないままストリートスナップを撮っていた。90年代末の話なので、今見るとダサいファッションに化粧だが、イ・ナヨンの輝く容貌と8頭身スタイルは隠すことができなかった。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人姉1人
高校 梧琴高等学校
大学 新丘大学経営学科

周囲からの評判

ある映画雑誌の記者と親しかったイ・ナヨンは、ある日の夜に、記者に電話をかけ「お姉ちゃん、私がご飯御馳走するわ〜」と呼んだことがあるという。

その記者は芸能人であるイ・ナヨンがご飯を奢ってくれるということで、ステーキやレストランを楽しみにしていたが、実際に到着してみると看板もない粗末なサムギョプサルの店だった。

誰にも気づかれないような服を適当に着て、サムギョプサルを食べながらインタビューをした。別れるときには、まるでおじさんのような服とスリッパ姿でそのまま出て行った。

インタビューの際、イ・ナヨンを発見した子供たちがぞんざいな言葉で彼女のサインを要求したことがある。いくら幼くてもいきなりタメ口を使われると嫌な気分になるものだが、イ・ナヨンは「お名前は?」と敬語で一つ一つサインをしてあげた。

また『勝手にしやがれ』撮影当時、インタビューをしなければならないイ・ナヨンがいなく、記者があちこち探したことがある。彼女を見つけたときには、撮影場所だった大学の食堂で列に並んで2,000ウォンのご飯を買って食べていた。

さらに、合コンに行く予定だったイ・ナヨンのスタイリストが行けなくなったとき、それを聞いたイ・ナヨンは「私が行く」と言って、実際に行ったという話もある。

音楽番組『ミュージックバンク』で、大雪のため車は壊れ、出演する歌手たちも雪をかき分け歩いてきたほどのときがあった。ところが、最初に到着したはずのイ・ナヨンがいなくて探してみると、イ・ナヨンは非常口の階段で本を読みながら、そのまま眠っていたのだ。

本人曰く「初対面の歌手がたくさんいる待合室で一人でいるのが恥ずかしく、外に出て本を読んでいたら、そのまま眠りについた」らしい。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る