イ・スギョン

韓国の俳優・韓流スター

イ・スギョンについて

新人時代、広告の仕事で注目を集めた。作品では、主に堂々として洗練されたアルファガール(リーダーシップのある女性)の役を主に担う。これとは例外的な配役だったのが『お父さん私が運ぶよ』のハン・ジョンウン、『いかさま師』のファラン役。

これらの作品では、声が高く、幼い女の子のような話し方だったので好き嫌いが別れたようだ。ただ、声を変えるのは難しく、本人も役中で声のトーンを下げようとしているのは明らかだったが大きく変わることはなかった。

基本プロフィール

芸名 イ・スギョン (Lee Soo-Kyung)
本名 イ・スギョン (Lee Soo-Kyung)
国籍 韓国
性別 女性
身長 167cm
体重 47kg
血液型 A型
誕生日 1982年03月13日 (38歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 スノーボールエンタテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

イ・スギョンが熱愛の事実を公式に認めた。イ・スギョンの所属事務所スノーボールエンターテインメントは2016年5月2日、「彼氏と3ヶ月目恋愛中」「結婚計画はまだない」と熱愛説を認めた。イ・スギョンのボーイフレンドは、3歳年下の会社員だと分かった。

所属事務所側は「二人は出会ったばかりではない」とし「付き合って3ヶ月くらいになった。よく会っている」と述べた。イ・スギョンと恋人同士に発展したきっかけについては、「私生活のことであり、相手が一般人のため詳細は知らない」と慎重な反応を見せた。

キム・ジフンとイ・スギョンは2007年に放送された『嫁全盛時代』で夫婦役を演じたことがきっかけで熱愛が報道された。キム・ジフンが自身のSNSに2ショット写真を多数掲載。また「撮影現場で2人がとても親しく過ごしている」という証言などから浮上したものであった。

しかし、双方とも熱愛説を否定。「親しいのは事実だが恋人ではない」と説明した。2人で食事を楽しんでいたなどの目撃情報などもあり、信憑性は高いと思われていたが、食事の席には双方のマネージャーも同席していたそうだ。そのことからも交際の事実はなかったものと思われる。

シン・ドンウクの恋人とのエピソードは、女優のイ・スギョンとの決別説が広がり、話題となった。これは、ある記者が二人の関係を報じたことがきっかけとなったが、イ・スギョンとシン・ドンウクの所属事務所は「そもそも二人は付き合ったこともないので、別れも事実ではない」とした発言を返している。

好きなタイプ

2008年にコメディアンのチョン・ヒョンドンを理想のタイプとして挙げていた。「本当に面白くて大好きだ」と話した。

性格

積極的な性格

趣味

料理、スキンスキューバ、ピラティス、ヨガ。多くの趣味があるが、そこからいろいろと学ぶことがあって、演技の役にたつと考えている。

デビュー前の経歴

学生時代に、すごく太っていたため20kgのダイエットを頑張って、今の理想的なスタイルに変貌したという。これにより、学生時代の写真が話題になった。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 蕙園女子高等学校
大学 同德女子大学放送芸能学科

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る