イヨン

AFTERSCHOOL K-POP・韓国のアイドル

イヨンについて

イヨンは、韓国のガールズグループAFTERSCHOOL、メンバーを2つに分けたグループ内ユニットAFTERSCHOOL BLUEのメンバーである。

アルバムの発売と共にデビューしていた今までのメンバーとは違い、2011年発売「Virgin」の活動の前に、2010年『MBC歌謡祭』でギターを演奏しながら登場しデビューした。

ポジションはサブボーカル。加入当時はリジと共にグループ内で一番年下だったが、2012年2歳下のカウンの加入によりその座を譲る。『2013世界で最も美しい顔100人』で82位に選ばれた。

基本プロフィール

芸名 イヨン (E-Young)
本名 ノ・イヨン (Noh Lee-Young)
国籍 韓国
性別 女性
身長 167cm
体重 45kg
血液型 A型
誕生日 1992年08月16日 (28歳)
干支
星座 しし座

所属

参加グループ

AFTERSCHOOL

事務所 PLEDIS ENTERTAINMENT

性格

イヨンは、グループ内の末っ子だった時期もあるが、甘えん坊の末っ子キャラではない。年上のお姉さんメンバーたちに可愛がられている。気になることがあると深く考えてしまうため、人の話を聞いていないことがある。

ギターを演奏しながらの登場によるデビューだったため当初はクールでかっこいい印象だったが、
現在は可愛らしさを売りにしている。音楽の才能がグループ内でもずば抜けていて、ギターを始め音楽にはストイックな姿勢を見せる。

趣味

イヨンは、AFTERSCHOOLの活動のない期間には趣味としてバンドをやっていた。作詞作曲もする。

特技

イヨンは、ギター、ピアノ、ドラム、チェロなどの演奏を特技としている。

デビュー前のギター演奏などは動画サイトにアップロードされていたが、デビューの際に所属事務所により消去されている。現在観られるのはデビュー後のものである。

2011年にはテレビ番組でギターを演奏してるが、その際20分弱演奏を続け指を負傷してしまったことがある。

あまり披露していないがバレエ、ジャズダンス、ポッピンダンスなどのダンス系も得意である。

デビュー前の経歴

イヨンは、小さいころに音楽の才能を発揮し、父親の熱心な教育によりギター、ピアノ、ベース、ドラム、チェロ、フルートなど6種類の楽器で演奏ができるようになった。特にギターに関しては5歳のころから始め、高校生のころには1日14時間練習していたときもある。

2007年には江原道青少年歌謡祭で金賞受賞、さらに翌年2008年には同大会で大賞を受賞してる。そのほかにもコンクールやコンテストなどで約30の賞を受賞している。

輝かしい経歴のイヨンだが、あるインタビューでは「クリスマスやチュソクの時も毎日練習室で過ごし、クラブにも行ったことがなくて後悔しています」とデビュー前の苦労と後悔を語ったこともある。

オーディションの時には担当者の中で新メンバーはすでに別の人が決まっていたが、イヨンが「アイドルとしてではなく、ミュージシャンとしてステージに立ちたい」と言ったことがきっかけで担当者の心を動かしメンバーに選ばれる。

出身・家族・学歴

高校 春川農工高等学校
大学 慶煕大学校ポストモダン音楽学科

周囲からの評判

イヨンは、カウンの加入前まではグループ内で一番年下だったが、舞台上ではそんなそぶりはみじんもなかったとジョンアが以前話している。

気になることがあると、それについて深く考える癖があるようで、他のメンバーが話している内容を聞いていない事もある。

また、イヨンの口癖が「本当?」だということをレイナが話している。

以前イヨンが仕事で金髪にしたときにはカウンがTwitterに、「最高の美貌」と評して写真を載せたこともある。

整形

イヨンは、整形の噂や報道は出ていない。

公式サイト・SNS

AFTERSCHOOLのYouTube Channel

AFTERSCHOOLのメンバー

関連するアーティストを見る