国仲涼子

国仲涼子について

国仲涼子(くになか りょうこ)は女優として0活動している人物である。所属事務所はデビュー当初はぱれっとで、現在は移籍しライジングプロダクションである。

国仲は地元の沖縄県でバイト中にスカウトを受け、芸能界デビューした。2001年放送のNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」で、約2000人が応募したオーディションから選ばれ主演を果たした。この作品で世間からの注目を浴び、以後多くのドラマを中心に出演をしている。

私生活では2014年12月28日に俳優の向井理と入籍し、翌年4月20日に第一子の妊娠を発表した。2015年9月30日に長男を出産したことを所属事務所を通して報告し、2018年には第二子を出産している。現在二児の母で育児をしながら、女優業も継続している。

芸能界で親交の深い人物は歌手の島谷ひとみ、SHEILA、柴咲コウ、堺正章、小橋健児、ガレッジセールのゴリと川田である。また尊敬する女優として、吉永小百合を挙げている。

基本プロフィール

芸名 国仲涼子 (Ryoko Kuninaka)
本名 向井 涼子 (Ryoko Mukai)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 158cm
血液型 B型
誕生日 1979年06月09日 (40歳)
干支
星座 ふたご座

所属

レコード会社 Matrix Records
事務所
事務所入所年 1998

所属

レコード会社 Matrix Records
事務所入所年 1998
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

武田真治は2007年に、国仲涼子との遊園地デートをスクープされている。

安田章大は、2010年4月27日の『週刊女性』にてゴルフ場デートを報じられている。郊外のゴルフ場に安田の愛車でやってきた二人は、仲良く並んで練習を始め、ミスショットを連発する安田に対し、ゴルフ歴3年の国仲が教えるようにスイングを見せたという。

また2ショット写真では、手こそつないでいなかったが、寄り添うようなそぶりが見え、デートと呼ぶにふさわしい雰囲気だった。2011年に破局したと言われ、その後、国仲は俳優の向井理と結婚。

好きなタイプ

国仲は自身の好きなタイプとして、引っ張ってくれる男らしい人と語っている。また無口で、体格の良い男性が好みであるとも話している。国仲自身は膝フェチである。また国仲はひとめぼれは絶対にしないとも話しており、今まで交際をしたことがある男性は友人関係を長く保ったあとに交際をスタートさせていることがうかがえる。

また国仲は恋愛依存症で、肉食女子であるという。夫である向井も国仲と同じく「ひとめぼれはしない」という性格で、向井はどちらかというと口数が少なく物静かな人であることから、国仲にとって向井はまさに理想の男性であるようにうかがえる。また結婚後も家族での生活について「子どもが生まれてから朝から晩までバタバタですが、毎日が幸せに感じます。」と話しており、向井との夫婦生活も良好であるようにうかがえる。

性格

国仲は自身の性格について、良い意味でも悪い意味でもマイペースであると話してる。また人見知りな性格であることも明かしている。寂しがり屋の性格であることも明かしており、国仲が沖縄から東京に仕事で上京したばかりの頃はホームシックで毎日家族に電話をしたという。その後も2日に1回は家族と電話をしなければ気が済まなかったと話しており、家族や地元・沖縄が大好きで年4回は沖縄に帰ると話している。

その他、風邪を滅多にひくことがなく丈夫であることや、夏は暑すぎるのが苦手で、冬は寒すぎるのが苦手である。国仲は汗っかきであることから夏になると制汗作用のあるアロマオイルを愛用しているという。また冬は防寒対策で防寒靴下を何枚も所有しているという。

趣味

趣味は節約、ドライブ、スノーボードである。

国仲は節約好きであることを公言しており、割引やタイムセールなどのサービスをチェックして、よく利用しているという。近所のスーパーに行くときは変装せずに自転車で外出をしているという。また国仲はドン・キホーテが大好きで、安い食材や調味料などを大量に買って持ち帰るようにして利用していると明かしている。

国仲はドライブ好きであるが、駐車や車庫入れなどが極端に苦手である。その為、駐車をする際などはたまたま通りかかった見知らぬ人に頼み、やってもらうと話している。

スノーボードは毎年シーズンになると自ら運転して、群馬のスキー場まで滑りに行くと話している。その際、山道ではチェーンを自分でつけて運転すると明かしている。

特技

国仲は自身の特技として陸上の短距離走、三線、ゴルフ、スキューバダイビング、水泳を挙げている。

国仲は中学校時代に陸上部に所属しており、そこでは短距離の100Mの選手であった。また幼少期から中学校までは外で遊ぶことが多く自然に日焼けしておりショートカットのヘアスタイルだったことから、よく男の子に間違えられたという。

また国仲は自身の出身地である沖縄県の伝統楽器・三線を子どもの頃から馴染みがあり、弾くことができると明かしている。

また幼少期にはエレクトーンと水泳を習っていたと明かしており、国仲は特に水泳が好きで得意であると公言している。

デビュー前の経歴

国仲は沖縄県那覇市の一般家庭に生まれ、学生時代は活発な子どもであった。高校生になっても化粧を一切しなかったというが高校1年生の時には通っていた那覇商業高校のミス那覇商に選ばれた。

また高校時代はぜんざい屋さんの「富士屋」で3年間アルバイトをしており、そこはサーファーがたくさん集まる店で、たまたま訪れた芸能関係者が国仲がバイト中にスカウトされた。当初国仲の父親は芸能界入りを反対したという。

その後国仲は1998年にフジテレビ系列のバラエティ番組「アイドルハイスクール芸能女学館」に出演し、芸能界デビューを果たす。また1999年にはTBS系列のドラマ「L×I×V×E」で女優デビューを飾った。以後テレビドラマを中心に多数の話題作品に出演した。

出身・家族・学歴

兄弟 妹と弟がいる
出生国 沖縄県那覇市
出生地域
高校 沖縄県立那覇商業高等学校
大学

家族のエピソード・詳細

一般人の父親と母親、妹と弟がいる。

解散・引退について

2019年8月10日現在、引退発表していないしていない。

周囲からの評判

ドラマ「片想い」で共演した女優の中谷美紀は、国仲との濃厚なシーンを振り返り「今までで最も長い、ロマンティックなキスシーンを国仲さんとできて光栄でした。」と国仲を絶賛した。

整形

していない。

好きな食べ物

ウニの軍艦巻き、タコライス、ハヤシライス、ラーメン、ソーキそば、メロンパン、牛タン、ハンバーグ、豚足、イカの塩辛、生ガキ、にんにくの串焼き、たこ焼き、ミミガー、黒糖かりんとう

公式サイト・SNS

公式サイト www.rising-pro.jp/artist/kuninaka
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

国仲涼子の楽曲

すべての楽曲を見る

出演映画・ドラマ

国仲涼子の人気楽曲