キム・ハヌル

韓国の俳優・韓流スター

キム・ハヌルについて

1998年映画『バイ・ジュン~さらば愛しき人~』でデビュー。デビュー当初は清純なイメージの役柄だったが、その後気が強くコミカルな役も演じるようになる。

2008年ドラマ『オンエア』では、わがままでいいたいことは全部いいながらも愛される主人公を演じた。映画では『同感』を始め『同い年の家庭教師』『彼女を信じないでください』『ブラインド』『君はペット』など多数の作品に出演した。

ドラマと映画どちらに関しても失敗した作品がないくらい大人気な女優で評価は高い。2003年百想芸術大賞映画部門人気賞を始め、MBC演技大賞女性最優秀演技賞(2002年)、SBS演技大賞女性最優秀演技賞(2008年)、大鐘賞女優主演賞、靑龍映畵賞女優主演賞(共に2011年)など受賞。

基本プロフィール

芸名 キム・ハヌル (Kim HaNeul)
本名 キム・ハヌル (Kim HaNeul)
国籍 韓国
性別 女性
身長 168cm
体重 44kg
血液型 B型
誕生日 1978年02月21日 (42歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 SM C&C
デビュー年 1998

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キム・ハヌルは、一歳年下の実業家チェ・ジンヒョクと2016年に結婚。「結婚前は自分がこんなにおしゃべりする人だと思ってなかったが、結婚してから彼に話しかけることが多すぎてのどが痛いの」といいながらも「ずっと喋ってる」と話す。

好きなタイプ

キム・ハヌルは「イム・テサン(俳優キム・スロがドラマ『紳士の品格』で演じた役)みたいな男が好みだ」といい、「男らしくて計算しないで直行する性格が格好いい」と話した。

性格

キム・ハヌルは自分の性格を「消極的で感情表現が苦手だった」とあるインタビューで、以下のように答えた。

「小学校のとき、片思いをしていた男の子が私の友だちのことを好きだった。班代表でマラソン大会に出たときは、その友だちに勝つために頑張った」と話したことがあり「20代はよく熱くなったけど最近はあまりなくなったし、明るくポジティブに生活しようとしている」とも話す。

趣味

旅行、読書、映画鑑賞

特技

物つくり

デビュー前の経歴

キム・ハヌルは高校生のとき、韓国の男性デュオDEUX(デュース)のメンバーであるキム・ソンゼのファンだったこともあり、「ファンとしての立場ではなく、女性として会いたい」との思いから、彼がモデルで出ていた雑誌を見て応募した。

出身・家族・学歴

兄弟 弟1
高校 金玉女子高等學校
大学 ソウル藝術大學校映画学科

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

キム・ハヌルの楽曲

すべての楽曲を見る

関連するアーティストを見る