キム・チャンスク

韓国の俳優・韓流スター

キム・チャンスクについて

キム・チャンスクは、1968年にTBC東洋放送5期公募タレントに採用された、俳優である。1968年のTBC東洋放送『ソウルよこんにちは』で、デビューした。

当時は、爽やかで、活発なイメージの助役を演じることが多かった。70年代に入ってから、主役として『宿屋』『サンニョ』『証言』『恋人たち』に出演した。

イム・グォンテク監督の 映画 『証言』で、アジア映画祭主演女優賞を受賞した。 TVドラマと映画を同時に出演するのが珍しい時代だったが、キム・チャンスクは両方で活動し続けた。

1977年に結婚し、引退して約6年後の1982年に、KBSドラマ『幸せの階段』で、仕事に復帰した。それ以来、映画より、ドラマ中心に活躍を始めている。

基本プロフィール

芸名 キム・チャンスク (Kim Changsuk)
本名 キム・チャンスク (Kim Changsuk)
国籍 韓国
性別 女性
血液型 O型
誕生日 1945年01月15日 (75歳)
干支
星座 やぎ座

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キム・チャンスクは1977年に、一般人男性のカン・ソンヨンと結婚した。夫は、仲がいい友達の兄であったので、チャンスクは当然年上だと思っていたそうだ。

しかし結婚後に、偶然住民登録を見ることがあり、1歳年下であったことが判明する。夫に事実を追求すると、「書類的な問題で、記載が間違っていた」とごまかされたそうだ。長い時間が過ぎてから、義母から「本当は、ソンヨンは年下だ」と告げられたという。

性格

キム・チャンスクはインタビューで、「ある程度年を取ると、自分の名前に価値を付けなくてはならないと思う。俳優だから、最高の演技で、視聴者たちの愛に応えるのも重要だが、それ以外の社会活動も通して、私の名前の価値を高めたい。私を必要とする場所で、ボランティアがしたい」と語った。

チャンスクのインタビューを見ると、彼女は欲張らず、少し損をしても、心穏やかな生活を目指していることがわかる。ドラマでよく見る穏やかなイメージも、作品の理解と納得ができた上で、出演をしている彼女の性格だからこそ、出てくるのだと言える。乳がんの予防キャンペーン大使も、務めている。

趣味

キム・チャンスクの趣味は、観賞用植物を育てる事である。

特技

キム・チャンスクの特技は、舞踊である。

デビュー前の経歴

キム・チャンスクは1967年に、慶熙大學校舞踊学の1年生の時、偶然縁があり、CMに出演したことがある。

出身・家族・学歴

兄弟 5人兄弟
高校 ソウル慶熙女子高等學校
大学 慶熙大學校 舞踊学科中隊

周囲からの評判

キム・チャンスクは、今では有名となった、香港監督ジョン・ウーの実質的デビュー映画、『カラテ愚連隊 過客』で、主役を務めた。

1975年、当時大スターであった、チャンスクについて『綺麗で魅力的な女優だった。凄く寒い冬撮影でしたが、道着一枚で、ブルブル震えながらも頑張っている彼女の姿が、今でも印象に残ってる』と、インタビューで話した。

KBSドラマ『山向こうの南村には2』で、夫婦役を演じたソン・ギユンは、撮影もないのに、ケーキを持って撮影現場に現れ、チャンスクの誕生日を祝った。撮影が終わると、伝統市場に一緒に行き、部位別にお肉をプレゼントしたそうだ。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る