キム・ヨンジュ

韓国の俳優・韓流スター

キム・ヨンジュについて

キム・ヨンジュは、1999年のミスコリア・真に選抜され、ドラマ『母よ、姉よ』『氷花』『真珠の首飾り』『悲しき恋歌』などに出演していた。

多忙に活動していたが、『悲しき恋歌』後はスランプに陥り、2008年のドラマ『ヨメとお嫁さま』で、復帰した。

基本プロフィール

芸名 キム・ヨンジュ (Kim YeonJoo)
本名 キム・ヨンジュ (Kim YeonJoo)
国籍 韓国
性別 女性
身長 173cm
体重 50kg
誕生日 1980年08月30日 (40歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 S&L COMPANY

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キム・ヨンジュは、シンラホテルで、3歳年上の建設会社代表の一般男性と、結婚する予定であった。しかし、健康上の問題で、あえなく破局した。

一般人・不明・該当なし

キム・ヨンジュは、2014年にシンラホテルで、国内有名ローファーム会社の外国弁護士と結婚した。

前の彼と破局してから、3か月後に同じホテルで結婚式を挙げ、世間で話題になった。

好きなタイプ

キム・ヨンジュは、責任感が強く、頼りになる男性が好みである。俳優の中では、チャ・スンウォンがタイプである。

性格

キム・ヨンジュは、ミスコリア出身だったので、注目されやすく、後々「ミスコリアが名前の前に付くことに、栄光を感じることと同時に、ジレンマもある」と話した。

その分、俳優としての悩みも、役を分析することで、誰よりも努力して来たという。毎年、自分をアップグレードさせるために、常に頑張るタイプで、休業した時には、TOEICの勉強をして、3か月で900点を突破した。

仕事をしながらも、演技について悩む前に何かできるよう、準備を備えようと思い、大学院で演劇・演出の勉強をした。

趣味

キム・ヨンジュの趣味は、バレーである。

特技

キム・ヨンジュの特技は、現代舞踊である。

デビュー前の経歴

キム・ヨンジュは高校に入る頃、1995年のKBS青少年成長ドラマ短幕劇『愛が花咲く季節』で、主役を務めた。ヨンジュは、中学まで舞踊をしていたが、学校側から演技初心者にもかかわらず、役に推薦された。

相手は全員大学生で、年齢も役に合っていなかったので、監督に「演技はだめだね、学校でもっと習ってきて」と言われ、舞踊学科ではなく、芸高校演技学科に入った。

その後1999年に、ミスコリア選抜大会で、真を受賞した。

出身・家族・学歴

高校 安養藝術高等學校
大学 檀國大學校 大学院 演劇映画学科 演劇異論専攻

周囲からの評判

キム・ヨンジュは、「ドラマ『真珠首飾り』で共演した俳優、キム・ミンジョンは、同じ安養芸術高等学校出身で、打ち合わせする店で偶然会った時に、私の会食費を奢ってくれたこともある。ドラマ『ヨメとお嫁さま』で復帰した時、ホン・ソンチャン監督が、いつも褒めてくれたり、うまく演技ができるまで、待って下さったし、キム・ヨンイン脚本家とは、よく電話をして励まされたので、段々自信が付くようになり、初めは一桁だった視聴率も、中盤からは反応もよく、24.5%で終わった」と、周囲の人への感謝の気持ちを語った。

整形

なし

関連するアーティストを見る