キム・ミギョン

韓国の俳優・韓流スター

キム・ミギョンについて

キム・ミギョンは、1986年の映画『恐怖の外人球団』でデビューした、韓国の俳優である。

以降、『悲鳴都市』『アカシア』『密陽』『ブラインド』などに出演した。ドラマデビューは遅く、1999年のドラマ『カイスト』が、初めてのドラマ出演であった。

以降、『大望』『サンドゥ、学校へ行こう!』『ラストダンスは私と一緒に』『快傑春香』『春のワルツ』『ヨメ全盛時代』『太王四神記』『トキメキ☆成均館スキャンダル』『シークレット・ガーデン』『君の声が聞こえる』『ヒーラー~最高の恋人~』などに出演し、ドラマ45編、映画14編の多作俳優となった。

基本プロフィール

芸名 キム・ミギョン (Kim Migyeong)
本名 キム・ミギョン (Kim Migyeong)
国籍 韓国
性別 女性
誕生日 1963年10月14日 (56歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 ポパイエンターテインメント

好きなタイプ

性格

キム・ミギョンは、インタビューで「実の娘は、私の事をベストフレンズだと表現します。母がお笑いみたいで、好きと言います。私は、静かで優しいお母さんではないです。凄く活発です。子供の事なら、どんな困難も恐れない」と発言した。

趣味

キム・ミギョンの趣味は、ドラムである。

特技

キム・ミギョンの特技は、韓国舞踊である。

デビュー前の経歴

キム・ミギョンは、中学・高校で、韓国舞踊を専攻した彼女は、卒業後、先輩に引きつられて行った、劇団ヨンウに魅力され、そのまま劇団ヨンウの舞台団員になる。

ハスキーな声と、男みたいにサバサバしてる性格で、教師や闘士のような、線が太い演技をしてきた。1985年の演劇『ハン氏年代記』で、デビューした。

36歳になって、ようやくドラマで、顔を知らせるようになる。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
出生国
出生地域
高校
大学

解散・引退について

周囲からの評判

キム・ミギョンと共演したことがある、俳優のジャン・ナラは、「ドラマ『告白夫婦』の出演は、ミギョンがお母さん役だと聞いたので、悩むことなく出演を決心しました」と発言した。

また、俳優のチュ・スヒョンは、「八時代劇で困っていたけど、同じ事務所のミギョンが色々教えて下さって、助けられた」と話した。

整形

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram https://www.instagram.com/kim_mee_kyung/
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る