キム・ボギョン

韓国の俳優・韓流スター

キム・ボギョンについて

キム・ボギョンは、2001年の映画『友へ チング』で大ブレイクした、韓国の俳優である。ドラマ『学校4』『招待』等で、個性ある演技力で注目された。

2002年の映画『アー・ユー・レディ』『淸風明月』など、映画中心に出演していたが、次第に人気に陰りが出始める。以降、短幕劇ドラマにだけ出演し、2007年のMBCドラマ『白い巨塔』で再注目されたものの、再ブレイクは果たせなかった。

映画『プラスティック・ラブ』『結婚式の後で』『次の朝は他人』などで主役を務めたが、興行成績は芳しくなかった。2007年に、平澤ピオソン映画祭で、女性優秀賞を受賞した。

基本プロフィール

芸名 キム・ボギョン (Kim Bogyeong)
本名 キム・ボギョン (Kim Bogyeong)
国籍 韓国
性別 女性
身長 178cm
体重 73kg
血液型 O型
誕生日 1989年10月06日 (30歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 クムエンターテインメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キム・ボギョンは、2008年に知人の紹介で会った、1歳年下の実業家と、2012年内に結婚すると、記事で公表された。相手は、184cmのイケメン系男性で、優しい人物だと、伝えられた。

家族ぐるみの挨拶は終わり、年内に結婚したいという内容の記事は出たものの、結婚したという記事は出てない。

性格

キム・ボギョンは、『白い巨塔』のインタビューにて、「自分が演じた役、ヒゼとは似てる部分が多く、男に依存しないところだったり、自我が強くて独立してる所も似てる。また、男の友たちと、人間的な会話もできるところが似てる」と話した。また「冒険心も強く、作品を選ぶ時、その性格がよく出る」とも話した。

趣味

キム・ボギョンの趣味は、ゴルフである。

デビュー前の経歴

キム・ボギョンは、釜山出身である。ソウル芸術大学校演劇学科を卒業し、CMモデルとして芸能界入りを果たす。

1995年のkbsドラマ『新世代報告書、大人たちは分からないです』に、出演している。1998年の映画『カ』にも出演しているが、本人は代表作品として、この作品は入れていないようだ。

出身・家族・学歴

兄弟 1男3女の中3番目
高校 釜山鎭女子高等學校
大学 ソウル芸術大学 演劇学科

周囲からの評判

キム・ボギョンは、2001年のドラマ『学校4』に出演した。2001年の映画『友へ チング』の人気で、あちこちから映画の交渉が入った。

自分の年と合わないからという理由で、KBSドラマ『学校4』を中途で降板した。そのため、KBS『ミュージックバンク』のCMからも、降板した。当時ボギョンが出演した映画も、評判が良くなかった。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る