キム・へソン

韓国の俳優・韓流スター

キム・へソンについて

キム・へソンは高校3年生の時、ドラマ『青い教室』にキャスティングされたことで、本格的に俳優活動を始めた俳優である。

1988年に、「白川翔子」の芸名で、日本で活動を開始した。1993年のドラマ『歩いて空まで』で、一躍大人気となった。

ドラマ『勝手にしやがれ』『宮廷女官チャングムの誓い』『花王の仙女様』『トンイ』『清潭洞スキャンダル』など、多数の作品に出演した。映画では、『バルバリの思い出』『華厳経』『ある日突然 4番目の話-死の森』『完璧なパートナー』などに、出演している。

1990年のMBC演技大賞新人演技賞を始め、多数の優秀演技賞を受賞した。

基本プロフィール

芸名 キム・へソン (Kim Hyeseon)
本名 キム・へソン (Kim Hyeseon)
国籍 韓国
性別 女性
身長 162cm
体重 43kg
血液型 A型
誕生日 1969年09月28日 (51歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 ITEM

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

キム・へソンは2003年に、8年間の結婚生活に終止符を打ち、離婚した。

その後へソンは、2004年7月に、4歳の年上の実業家イさんと再婚し、2009年に離婚した。元夫との間に息子、再婚した夫との間に娘一人がいる。

一般人・不明・該当なし

キム・へソンは、2歳年上の実業家イ・チャヨンと、2017年に再再婚をした。 休みの時は、夫と映画館も行ったり、旅行も行ったりしている。最近は時間がなく、公園を歩いたり、散歩に行ったり、お茶を飲みながら会話したりしている。 少しでも夫との時間を作って、話をしようと頑張っているそうだ。

好きなタイプ

キム・へソンは、年上で尊敬できる男性が好みである。

性格

キム・へソンは、礼儀正しく、快活な性格である。プライドも高く、意地っ張りなところもある。社交的で活発的で、いつも積極的な性格である。

特技

キム・へソンの特技は、ダイエット運動である。

デビュー前の経歴

キム・へソンは、崇義女子中学校に在学中、明洞で校内バザーの広報のため、CM政策事務所に訪問した。その際、撮影記者の目に留まり、即席モデルとしてデビューした。

安養芸術高等学校在学時代から、オリオン、ロッテ、韓国化粧品など、たくさんのCMに出演した。17歳の時に、白川翔子の名前で、日本でも活動していた。「俳優よりは、グラビアアイドルの活動が中心だったので、自分と合わなく、苦労した」と、インタビューで話している。

出身・家族・学歴

兄弟 妹3
高校 安養藝術高等學校 演劇学科
大学 檀國大學校 芸術学部 演劇映画学科 中退

周囲からの評判

キム・へソンは、子役の時から、父の借金を返すために頑張って働いていた。

俳優サ・ミジャは、へソンと複数の共演を経て、「優しい子だ」と褒めたという。力仕事のある番組に出ても、嫌な顔一つせず、笑ってに頑張ったという。

整形

なし

関連するアーティストを見る