キム・ハウン

韓国の俳優・韓流スター

キム・ハウンについて

キム・ハウンは、2003年KBS公開採用タレント20期で公式デビューした。『漢城別曲』、『チュノ~推奴~』などで注目された。それ以外にも、『チャン・オクチョン』、『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』など時代劇中心に活動してる。

映画にも出演経験を持ち、『公共の敵』、『オオカミの誘惑』、『恋愛術士』、『アパートメント』など、幅広い活動をしている。

基本プロフィール

芸名 キム・ハウン (Kim Ha-eun)
本名 キム・ヒョンジン (Kim Hyeonjin)
国籍 韓国
性別 女性
身長 167cm
体重 44kg
血液型 O型
誕生日 1984年01月03日 (36歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 CIエンターテインメント

好きなタイプ

キム・ハウンの好みのタイプは、ドラマ『チュノ』のチャン・ヒョク役のイ・テギルの様なツンデレな男がタイプであると語っている。

性格

キム・ハウンの性格は、ドラマでよく見せてくれるイメージとは違って、明るくて愉快でおしゃべり上手な性格である。また仕事には熱心であることも有名だ。

彼女はインタビューでポジティブの力を信じて、どんなことでも楽しく進んでいくといい結果に繋がるろいう考えのもと、充実して生きたいと語っており、それを実践している。

『漢城別曲』の撮影時には、撮影待機中に現場でよく笑って、クァク・ジョンファンPDに叱られるくらいだった。しかし、そのキャラクターがあり、その3年後そのクァクPDからドラマ『チュノ』に再びキャスティングされた。

趣味

キム・ハウンの趣味は、読書と音楽鑑賞である。

特技

キム・ハウンの特技は、フルートやピアノなどの楽器演奏である。また自身もジャズダンスをするなどアクティブな趣味を持っている。

デビュー前の経歴

キム・ハウンのデビューの前の経歴は、1999年MBC文化ドラマ『いつも幸せ』に出演したことから始まる。

その後は着実に女優としてのキャリアを積み、2001年にはミュージカルにも参加した。さらにその同年映画『公共の敵』にも出演し、ジャンルを問わない幅広い活躍をしている。

出身・家族・学歴

兄弟 なし
大学 同德女子大學校 放送芸能学科

周囲からの評判

キム・ハウンの周囲からの評判としては、その明るいキャラクターから実際共演者たちから弟みたいに可愛がられている。

また、前向きな性格で、なんでもチャレンジしてみようという気持ちの持ち主でもあり、チャン・ヒョクと馬に乗って走るシーンでは、撮影中馬から落ちて、救急医療に世話になったこともある。しかし、その前向きな姿は、共演者から高い評価を受けている。

整形

キム・ハウンの整形の噂は、特にない。

関連するアーティストを見る