芦田愛菜

芦田愛菜について

三歳で子役デビューを果たしている。

2010年のドラマ『mother』で脚光を浴びる。
この時若冠五歳であったが、7歳の役を演じる。

その後ドラマ『マルモのおきて』の主題歌を共に出演していた同級生の鈴木福と共に歌い紅白歌合戦にも出場している。

現在は、中学生となり慶応義塾中等部に通っている。

基本プロフィール

芸名 芦田愛菜 (Mana Asida)
本名 芦田愛菜 (Mana Asida)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 cm
血液型 A型
誕生日 2004年06月23日 (15歳)
干支
星座 かに座

所属

レコード会社 ユニバーサルミュージック
事務所 記載なし
事務所入所年

所属

レコード会社 ユニバーサルミュージック
事務所 記載なし
事務所入所年
デビュー年

好きなタイプ

目標が常にあって、一緒懸命やっている人と発言している。

世間の中学生であれば、そろそろ初彼が出来ても可笑しくない年頃であるが、プロ意識の高い彼女だから、まだ居ないようだ。

まだ、中学生の好みなので大幅に変わる可能性は、有るが幼少期から仕事をしているので、色々な男性を見ている分鋭い観察眼を持っていそうだ。

始めての恋愛スキャンダルがいつになるか楽しみだ。

性格

小さい時から、仕事をし、大人の世界で揉まれているせいか、割りとはっきりとズバズバ意見するタイプである。

また、同い年の鈴木福君と仕事する事も多いが鈴木福君と比べると大人びた印象が強い故、気の強い印象が有る。

また、実は、関西出身の為プライベートでは、関西弁で話す事も有るようだ。関西弁でズバズバ言われると気が強いと言う印象を持ってしまう。

趣味

大の読者好きで年間120冊程読む。また、本好き故、本を読むだけでなく、本を書きたいと言う野望も明かしている。一ヶ月に30冊も読破すると言う驚異のスピードである。

語彙力を増やす事は、演技にも繋がるので中学生でありながら、既に考え方がプロである。

最近では、ナレーションもこなしており大いに役立っている。

特技

中学では、マンドリン部と科学研究会に所属している。入学式の時の音楽に感動して入部を決断した。

科学研究会に所属しているが、将来の夢は、病理医と公言している。中学生の時点でそこまではっきりとした進路を持っており凄いとしか言いようがない。

また、芸能活動をセーブし受験勉強に励み何校かの私立中学を受験している。

デビュー前の経歴

三歳でデビューしている為、ほぼ芸能人生である。元々母に進められ子役となる。

一時期は、活動をセーブし中学受験に励み超難関私立中学に複数合格し、その中の芸能活動に理解の有る慶応中等部に進学する。

既に中三であるが、このまま高校は、内部進学するのでは、ないかと思われるが大学は、どうするのか気になる所だ。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国
出生地域
高校
大学

家族のエピソード・詳細

両親

解散・引退について

周囲からの評判

非常にプロ意識が強い事や、周りが大人でありながら、しっかりと意見する事から気が強いと思われがちである。小学生でありながらこの画は、必要ですかと詰め寄る位だが、真剣に演じている証拠である。

整形

幼少期から活躍しているので、整形は、していないと思うが成長に伴う変化は、有る。

今の所美少女へと変貌中。

好きな食べ物

蕎麦や筑前煮といった渋いチョイスである。

公式サイト・SNS

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

芦田愛菜の楽曲

すべての楽曲を見る

出演映画・ドラマ

芦田愛菜の人気楽曲