宮沢りえ

宮沢りえについて

日本の女優でファッションモデル、歌手でもある。女優として映画、舞台、テレビドラマなどに出演している。

11歳の頃にモデルとしてデビューし雑誌 『週刊セブンティーン』(当時)の表紙モデルとなった。1987年(昭和62年)、CM『三井のリハウス』の初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

10代の頃には、17歳の時に『ふんどしカレンダー』や、18歳の時にはヘアヌード写真集『Santa Fe』などを発表。元横綱の貴乃花と婚約や婚約解消、マネージャー役であった母光子のことも評判となる。数々の男性との交際、さらに拒食症の噂など、一時期は激やせして周囲のひとを驚かせた。2002年の映画『たそがれ清兵衛』で落ち着いた演技を見せ、女優としての活動の幅が広がり、本格派女優としての評価が定着しつつある。

基本プロフィール

芸名 宮沢りえ (Rie Miyazawa)
本名 森田 りえ (Rie Morita)
ニックネーム りえっちょ
国籍 日本
性別 女性
身長 167cm
血液型 B型
誕生日 1973年04月06日 (46歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

レコード会社
事務所
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

森田剛と宮沢りえは、2018年3月16日に入籍し、森田が所属するジャニーズ事務所を通して、正式に発表した。

2人は、2016年8月に上演された、舞台『ビニールの城』で初共演し、同年10月に、週刊誌で交際が報じられてから、およそ1年半後のゴールインであった。

森田は、昨年末に女優の宮崎あおいと結婚した、岡田准一に続き、V6では4人目の既婚者となった。

好きなタイプ

才能がありユーモアがある男性や仕事と遊びのバランスがいい男性など、好みの男性像を公表している。

過去の男性遍歴を見ると、好みの男性像にぴったりな人物がいる。婚約解消騒動があった貴乃花は、宮沢りえ若かりし頃の好みの男性である。

その次の恋人と噂されたのが、ビートたけし、故中村勘三郎、市川右近、ISSA、中田英寿などなど何れも才能あふれる仕事と遊びのバランスがよさそうな顔ぶれである。

現在の夫V6森田剛も、役者として大変才能があると言われている宮沢りえ好みの男性である。

性格

幼稚園時代はおてんばな女の子で、男の子のと野球やチャンバラごっこをしていた。男勝りなところがある。

傲慢でわがままな性格であると言われている。しかし、反面親しみやすい性格であると言う噂もある。誰にでも同じように声掛けし下ネタが好きで、「下ネタだと罪がないし誰も傷つけない」と言う。

自分のことを取り繕えない性格であると明言している。思ったことをはっきり言わなければ気が済まない。総合的に気が強い性格である。

趣味

趣味は、料理、絵画、プロ野球観戦、三味線、旅行、水泳であると公表している。 

レコードで音楽を聴くこと、好きなアーティストは椎名林檎。アクリル絵の具を使って指で絵を描くこと。抽象的な絵を描くのが好き。お笑いを見るのも好き。海でシュノーケリングをすること。夫婦共通の趣味がゴルフとホームパーティーを開くこと。
プロ野球観戦は、ファンである巨人軍の応援。祖父や母も巨人ファンであった。部屋のリフォームをするのが好き。

特技

ものまねが特技である。幸田シャーミン・デヴィ婦人・黒木香・黒柳徹子などのものまねが得意で、フジテレビ系で放送されていたバラエティー番組の「とんねるずのみなさんのおかげです」で、とんねるずの木梨憲武から、急にものまねをするように水を向けられたことか、特技の物まねを披露した。あまりにも完成度の高いものまねに絶賛する声が上がった。

その他の特技としては、日本舞踊はデビュー当時より続けており、所作など女優としての役づくり等に役立っているとインタビューなどで答えている。

デビュー前の経歴

11歳の頃にモデルとしてデビューし、程なくして雑誌 『週刊セブンティーン』(当時)の表紙モデルとなった。
1985年小学校6年で明星食品「チャルメラ」のCMが芸能活動のスタートと言われている。

その後、「三井のリハウス」のCMに出演し、白鳥麗子として、初代リハウスガールを務める。リハウスガールは宮沢さんの反響が大きく、その後シリーズかが起用されずに1988年、映画『ぼくらの七日間戦争』の主演で女優デビューを果たし、日本アカデミー賞新人賞を受賞する。

出身・家族・学歴

兄弟 なし
出生国 東京都練馬区
出生地域
高校 進学せず
大学 進学せず

家族のエピソード・詳細

夫は5歳年下のV6森田剛。前夫との間の長女。オランダ人の父を持つ。母一人娘一人の二人三脚で芸能界活動をしてきた。

その母、宮沢光子は六本木のホステスをしていた時代に、オランダ人の宮沢りえの父と出会い交際を始めてりえを出産する。しかし、出産後まもなく、りえを自分の実父に預けて、りえの父とオランダに渡り結婚する。夫の家族と上手く行かずに離婚して帰国する。

オランダ人の父も再婚し、宮沢りえに異母兄弟がいる。また母もピアニストと再婚し離婚しているが、その時にりえの弟を夫の実家に置いて出たため、りえには異父兄弟である弟がいるが、交流は全くなし。

解散・引退について

周囲からの評判

母の宮沢光子が2014年9月に亡くなってから、周りが腫れもの扱いするため、大物女優として傲慢になっていると評判である。母が生きていた間は、ブレーキ役になり、りえ本人に物申すスタッフがいないため、機嫌よく仕事をしてもらうためにスタッフは気を使っていると評判になっている。

昨年、オンエアされたTV-CMポッキー「何本分話そうかな・デビュー篇」で、母親役を演じた宮沢りえですが、共演した「nicola(ニコラ)」専属モデルの女優・南沙良は、ファーストカットから圧巻の演技を見せた宮沢に、その芝居に引っ張られる形での収録に、今更ながら大物女優の宮沢りえに「あこがれの存在である」と漏らしていると言う。

整形

2018年に鼻の横にあるほくろを除去している。

好きな食べ物

ふな寿司、グリーンカレー、十割そば(塩で食べる)、生魚、中トロ、うなぎ、ピータン、ピータン豆腐、温野菜、キャベツ、コールスロー、ぬか漬け、納豆、ナッツ類(大好物)、ゴマ(大好物)、 うざく、チーズ(特にブルーチーズ)、梨(大好物)、 コーヒー(自宅にエスプレッソマシンがある)、癖がある食べ物。

酒が好きで、好きな酒はシャンパン、ワイン(自宅にワインセラー)、日本酒、焼酎などを
 ほぼ毎晩飲む。量もたくさん飲む。

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

宮沢りえの楽曲

すべての楽曲を見る

関連するアーティストを見る