ウン・ウォンジェ

韓国の俳優・韓流スター

ウン・ウォンジェについて

ウン・ウォンジェは1994年生まれの俳優である。2000年に『MBC電波見聞録』の公開募集に合格しデビューを果たす。ウン・ウォンジェには妹が一人いて、妹のウン・ソウも子役として活躍。2011年には子役兄弟として有名であった。

その後、ドラマ『ウルラブルラ ブルー・チャン』に出演し認知度が上がった。主な出演作はドラマ『天女がいなきゃ?!』『春のワルツ』『ドラマシティーとても特別な同行』映画『ヘンゼルとグレーテル』『私たちの幸せな時間』『ロストメモリーズ』等である。

基本プロフィール

芸名 ウン・ウォンジェ (Eun Won Jae)
本名 ウン・ウォンジェ (Eun Won Jae)
国籍 韓国
性別 男性
身長 183cm
体重 66kg
誕生日 1994年07月21日 (26歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 不明

好きなタイプ

不明

性格

ウン・ウォンジェは番組制作者の間で礼儀が正しいことで有名である。子役として活躍していた時からドラマや映画撮影の際、監督やスタッフへの挨拶を欠かすことがなかったという。まだ幼い子供でありながら礼儀と演技についてはベテラン級であるといわれていた。

妹のウン・ソウと一緒に撮影した時も「演技が上手だね」と褒められれば二人でお辞儀をしながら「ありがとうございます。」とあいさつをしていたというエピソードもある。

長い髪にジーパン姿というロック歌手のようなウン・ウォンジェの夢はタレントでも歌手でもなく「優しくて誠実な人になりたい。」と答えた。またウン・ウォンジェの母親は自身の子について「幼い頃からドラマや漫画を見て涙を流す状況把握と感受性の豊かな子供であった。」と述べた。

趣味

ウン・ウォンジェは4歳の頃からコンピューターゲームを楽しんでいた。そしてコンピューターゲームに登場する主人公の長い髪の毛を真似て髪をずっと伸ばしてきたという。ある番組のプロデューサーに「髪を切れば番組に出演できる」といわれた時も頑なに髪を切ろうとしなかった。それほどコンピューターゲームの主人公に憧れていたようだ。

またコンピューターゲームだけでなくローラーブレイドも好きでよく遊んでいるという。成人してからの趣味も、変わらずゲームであるようだ。

特技

ウン・ウォンジェの特技は演技である。幼い頃から子役として色々な作品に出演してきた。『ファッション70s』や『春のワルツ』で一躍有名になったウン・ウォンジェは共演者や監督から「見た目は子供であるが、演技力はベテランである」という称賛を受けている。

成長してからも俳優として活躍していたウン・ウォンジェはKBSの新シットコム『天女がいなきゃ?!』にキャスティングされた。現在は漢陽大学の演劇映画科に通って演技についての勉強をしているためテレビにはあまり出演しなくなった。

デビュー前の経歴

ウン・ウォンジェは2000年にMBC『電波見聞録』の公開採用に合格しデビュー。その後、子役として数々のドラマに出演。KBS2TVの新毎日ドラマ『天女がいなきゃ?!』の製作社であるソンジンエンターテインメントは『春のワルツ』の登場人物ソ・ドヨンの子役時代を演じ注目されていたウン・ウォンジェを『天女がいなきゃ?!』にキャスティングすることを決定。

ウン・ウォンジェは『春のワルツ』だけでなく、映画『ヘンゼルとグレーテル』『ファッション70s』にも子役として出演。しかしそんなウン・ウォンジェだが、数年間活動を停止していた時期があった。

活動を再開し、ドラマに出演することになったウン・ウォンジェは「楽しいシットコムに出演することになり、とても光栄です。素晴らしい監督と作家、そして先輩や俳優仲間の皆と一緒に出演することができて最近はとてもワクワクする毎日を過ごしています。子役の時とはまた違った姿を皆さんにお見せできるように最善を尽くします。」とインタビューで答えた。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 善正高等学校
大学 漢陽大学 演劇映画科

周囲からの評判

ウン・ウォンジェについて、ソンジンエンターテインメントのある関係者は、「183㎝のすらりとした身長と魅力的な顔のイケメンに成長したウン・ウォンジェは子役の時からしっかりとした演技力で注目されていた。これからどんな演技を見せてくれるのか楽しみで仕方がない。」と答えた。

子役としてドラマに出演していた頃から演技力について高い評価を受けていて、ベテラン級の演技力であると称賛されていた。成長してから初出演となるドラマでの演技力も期待されている。

整形

二重

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る