ウォン・ギジュン

韓国の俳優・韓流スター 韓国のタレント

ウォン・ギジュンについて

ウォン・ギジュンは1974年2月12日生まれのタレント兼俳優である。1994年にSBS4期公開採用タレントとしてデビュー。また、ミュージカル俳優としての経験もあるため、ずば抜けた演技力と歌唱力を持っている。

ドラマ『カササギの家』を始めとする、『チュモン』『食客』『済衆院』『キラキラ光る』『全部みんなキムチ』等、様々な作品に出演している。

その他映画にも多数出演している。主な作品は『初恋白書』『あなたの初恋探します』『あやつり人形』などである。ウォン・ギジュンはカトリック教徒で、グレゴリオという洗礼名を持っている。

基本プロフィール

芸名 ウォン・ギジュン (Won Ki Jun)
本名 ウォン・ギジュン (Won Ki Jun)
国籍 韓国
性別 男性
身長 180cm
体重 72kg
誕生日 1974年02月12日 (46歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 ロンエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

2006年MBCドラマ『チュモン』でヨンポ王子として出演し人気を集めたタレントのウォン・ギジュンは、1年6カ月間の交際を経て結婚式を挙げ、当時たくさんの祝福を受けた。

ウォン・ギジュンの結婚相手はキム・ヒョンジュという一般の女性で、職業は英語講師である。年齢はウォン・ギジュンより5歳年下である。結婚式ではウォン・ギジュンのたくさんの俳優仲間たちが参加し祝福してくれたという。

しかし2013年にその女性と離婚した。そのことがニュースになることはなく、結婚式に参加した俳優仲間たちも「離婚したという事実については知らなかった」と答えた。

一般人・不明・該当なし

ウォン・ギジュンは離婚後、2013年4月中旬にソウルの某ホテルで4歳年下の現在の妻である人物と極秘結婚式を行った。当時、結婚式に参加した知人たちにウォン・ギジュンは「結婚したことを誰にも知らせないでくれ」と伝えたという。

そう伝えたにも関わらず、この日結婚式に参加した人たちによって、ウォン・ギジュンが結婚したことが知れ渡ってしまう。再婚したという事実はマスコミに発表されファンを驚かせた。

2013年の結婚から、2年後に息子が生まれ父となる。ウォン・ギジュンは「新しい家族が増え、責任感をより感じるようになった。事務所も移籍し、息子も生まれ、新年のような気持ちでとても清々しい。」と答えた。

好きなタイプ

好きなタイプについての記載なし

性格

ウォン・ギジュンは、ソウルの麻浦区にあるガーデンホテルで開かれたKBS朝ドラマ『ドキドキMy Love』の制作発表会に参加した。ドラマ『ドキドキMy Love』での役について、「一人の女性を愛し、その女性を諦めることができない男の役を任されました。」と言い、「役柄は、過去がどうであれその女性のために隣にずっと居続けながら守ってあげる至純至高な性格であるが、実際の性格とは全く違っている。」と答えた。

そして「実際僕だったら、友達に愛する人を奪われたりしないだろう。」と答え、「ドラマの後半にはそんな姿も出てくるのではないかと思っている。しかし、まだ今は純粋に彼女を愛している役である。」とインタビューに回答した。

純粋でひたむきに一人の女性を愛するドラマの役とは違い、実際のウォン・ギジュンはとても男らしい人間であるようだ。また二度の結婚を経験したウォン・ギジュンは妻が一般人なので、「公にはせず結婚式は知り合いのみで済まそう」という配慮のできる人物である。

趣味

ウォン・ギジュンは2男3女の末っ子として育った。兄弟の多かった彼は小さいときから欲が多かったようだ。周りの人が何かをしていたら「何でもしたい」という気持ちがあって他の人のまねばかりしていたという。そのため、ピアノ、サクソフォン、剣道、テコンドーなど趣味が多いという。

乗馬も22歳のときから習い始め、「今では中級者程度のレベルである」と答えている。ドラマ『チュモン』でヨンポ王子が一番カッコ良いのは馬に乗って登場するシーンである。「多様な趣味を持つのは演技をするときにも大きな助けになっています。」とインタビューで回答した。

特技

ウォン・ギジュンの特技は、趣味でもあるゴルフだ。80台前半から90台後半ぐらいまでのスコアを記録するほどの実力の持ち主である。「イーストベリーカントリークラブでソン・ジチャンとオ・ヨンス夫婦とのラウンディング中に、生まれて初めてホールインワンを達成しとても嬉しかった」とインタビューで答えた。

ゴルフ好きで有名なウォン・ギジュンはスポーツソウルドットコムが主催し、済州市が後援する『芸能人と楽しむアマチュアゴルフクラシック』にも招待されゴルフを楽しんだ。

デビュー前の経歴

ウォン・ギジュンのデビュー前の夢はもともとミュージカル俳優であった。そのためソウル大学の演劇科を卒業したが、SBSの公開採用タレントとしてデビューした。そのことについてウォン・ギジュンはインタビューで「僕の最初の夢はミュージカル俳優になることでした。しかし、タレント試験に偶然合格してしまったのです。」と答えている。

2003年に『グリース』でミュージカルデビューを果たした。その後、『ブロードウェイ42番街』『愛は雨に乗って』『キム・ジョンウク探し』などに出演。そして『大長今』に出演することになるのだが、ドラマ『チュモン』でヨンポ王子役を演じたウォン・ギジュンはコミカルなイメージが付いていた。

そのため制作陣はウォン・ギジュンに「ミン・ジョンホ役をさせても良いのか」悩んだという。それを聞いたウォン・ギジュンは担当の劇場へ向かい、制作陣を納得させるように努力し、自らその役を獲得した。

出身・家族・学歴

兄弟 兄 姉3
高校 キョンドン高等学校
大学 漢陽大学 演劇映画科

周囲からの評判

ウォン・ギジュンは1994年SBS4期公開採用タレントでデビューした。以後、MBCドラマ『チュモン』でヨンポ役を演じ演技力の高さから注目を集める。2006年第22回MBC演技大賞男性新人賞、2008年第16回大韓民国文化芸能大賞ドラマ放送部門優秀賞などを受賞した演技派の俳優である。

現在はソウル大学芸術専門学校で教授として活躍している。若いころは経験をたくさん積むのが良いと考え、色々なアルバイトをしたという。なかでも特に変わっているアルバイトは死体を洗うという仕事であった。

整形

豊胸

尊敬するアーティスト

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る