イェ・ジウォン

韓国の俳優・韓流スター

イェ・ジウォンについて

イェ・ジウォンは,、1991年演劇女優として初デビュー。その後1995年にミュージカル女優としてもデビューし、1996年にはMBCのマドンノリ『ファン・ジニ』で正式に演劇女優の道を歩み始めた。

2002年の第10回利川春史大賞映画祭で助演演技賞および、2007年第8回釜山映画評論家協会賞で女優助演賞を受賞するなど実力も兼ね揃えている。

主な出演作は『引っ越し大作戦』『夕べのスキャンダル』『へウォンの恋愛日記』等である。その他映画だけでなく、テレビ番組への出演も多い。

基本プロフィール

芸名 イェ・ジウォン (Yae Ji Won)
本名 イ・ユジョン (Lee Yu Jeong)
国籍 韓国
性別 女性
身長 165cm
体重 45kg
誕生日 1976年02月06日 (44歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 新星団エンターテイメント

好きなタイプ

イェ・ジウォンはの好みのタイプは、ある番組で好きな男性のタイプと結婚についての質問を受けたときに「若い時は1歳でも若い時に嫁に行けと言われていたが、仕事が忙しくてあれこれしているうちに、いつの間にか年をとってしまった。若い時は、早く子供が欲しいと思っていたのだがいつのまにかこんな歳になってびっくりしている。私には好きな男性のタイプは特になく、私のことを愛してくれる人であれば誰でも良い。欲をいうならば精神的に余裕のある人が良い。」と答えた。

性格

イェ・ジウォンの性格については、ある番組で突拍子もない行動や言動が視聴者の注目を集めたため、それがきっかけで天然な一面もあると認識されるようになった。

しかし、その素振りには彼女なりの理由もあり、あるインタビューでは、「私が自分自身を見ても、人生に飽きないように楽しく生きているという気持ちで日々過ごしています。そんな私の姿を見て友達が私に天然のようだと言うのですですが、私は毎日無我夢中で生きているだけです。」と答えた。

イェ・ジウォンは、幼い子供のように好奇心が旺盛で、毎日を楽しんでいることが伺える。

趣味

イェ・ジウォンの趣味は、tvN『名簿公開』にて自分の趣味を公開しており、フランスおオタクとして番組で紹介された。

実際に、イェ・ジウォンは、フランス進出を目標にフランス語とシャンソンを勉強してきたており、そのレベルのかなり高い。

その他、フランス語だけでなくギターやヨガ、乗馬などドラマの関係で習い始めたものを、ドラマが終わった後にも趣味として続けている。

特技

イェ・ジウォンの特技はジャズダンスである。SBS『お食事はお済でしょうか』に出演した放浪食客のイム・ジホが「イェ・ジウォンさんは真っ赤な唐辛子のように情熱にあふれている。」と第一印象について述べている。

また、それに共感した俳優のキム・スロも「イェ・ジウォンさんは普段からエネルギーがいっぱいの女優である。演技、歌、ダンスなど色々な分野のことにも挑戦していて尊敬できる。」と述べた。

デビュー前の経歴

イェ・ジウォンのデビュー前の経歴としては、1973年2月1日にソウルで生まれ、ソウル国学芸術高等学校韓国舞踊科を卒業し、ソウル芸術大学放送演芸科を卒業した。

1991年演劇俳優として初デビューを果たした彼女は1995年にミュージカル俳優としてもデビューし、1996年にはMBCマダンノリ『ファン・ジニ』で正式に演劇俳優としてデビューした。

その後もドラマ、『女子高時代』『オールド・ミス・ダイアリー』『おいしい人生』『今週妻が浮気をします』や、映画『お父さんこっそりと』『少年、少年に合う』などに出演。

また、ミュージカル『さまよう星』『バージンズ・モノローグ』『ロッキー・ホラーショー』など多くの作品に出演し、知名度を上げていった。

2002年第10回利川春史大賞映画祭で女性助演演技賞及び、2007年第8回釜山映画評論家協会賞では女優主演賞を受賞。以後、映画『ザ・キック』にキャスティングされ、2010年10月に撮影を開始した。

出身・家族・学歴

兄弟 兄 弟
高校 ソウル国楽芸術高等学校 韓国舞踊科
大学 ソウル芸術専門学校 放送芸能科

周囲からの評判

イェ・ジウォンの周囲からの評判としては、共演しているパク・ミヨンプロデューサーが彼女について語っており、「私が今まで出会った女性芸能人の中で一番純粋な人物で、とても感動した。」と答えている。

また、「細くてか弱そうな身体なのに、撮影現場では男性に負けないぐらいスタミナがある。また、男性顔負けのパワフルさがある。」と称賛した。

整形

イェ・ジウォンの整形の噂な特にない。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る