イ・ユビ

韓国の俳優・韓流スター

イ・ユビについて

イ・ユビは大学2年生のときに「演技をしてみたい」と思い始め、家族には内緒でMBNシットコム(シチュエーションコメディー)のオーディションに参加した。生まれて初めての演技のオーディションにも関わらず、見事合格し2001年MBNのシットコム『バンパイア・アイドル』でデビュー。

以後、2012年KBSドラマ『優しい男』のカン・チョコ役を演じ、有名になった。その後、有名になったイ・ユビは多くの広告にも出演するようになった。

基本プロフィール

芸名 イ・ユビ (Lee Yu Bi)
本名 イ・ユジン (Lee You Jin)
国籍 韓国
性別 女性
身長 166cm
体重 42kg
誕生日 1990年11月22日 (29歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 サイダスHQ

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

イ・ユビとク・ウォンは知人の紹介で知り合い、大学生カップルのように初々しい付き合いをしているという噂がたった。また、番組関係者は「二人がコエックス(江南にあるショッピングモール)で恋人のように公開デートをしていたのを見た」という。

そのことに関して、ク・ウォンの事務所ナムアクターズの関係者は「事務所としては、俳優の私生活に関することなので事実は確認していない」と話した。イ・ユビの事務所であるサイダスHQの関係者は「現在、ドラマの撮影を行っており、休日にはインタビューなど予定が詰まっているためその可能性はない」と噂について否定した。

2014年1月29日、ニュースによると「アイドルグループSHINeeのジョンヒョンとイ・ユビは恋人関係に発展した」と熱愛説が噂された。しかし、SHINeeの事務所側は「2人が知り合いなのは事実であるが、交際をしているわけではない」と熱愛説を否定した。

2人はDavichiのカン・ミンギョンの紹介で知り合ったのだが、周囲の関係者によって「2013年ごろから二人は交際中であることを公にし、両事務所とも二人が交際していることを認めた」という事実が明らかになった。

この話は、事務所が公開する前から2人が付き合っているという証拠が挙がったというファンの中では有名な話となった。

好きなタイプ

イ・ユビの好きな男性のタイプはウォンビンだ。MBCラジオFM4U『正午の希望曲キム・シニョンです』のコーナーでイ・ユビは、好きな男性のタイプについての質問に「ウォンビンです。」と答えた。

このとき、放送で「ソン・ジュンギ、キム・ウビン、ウォンビン、イ・スンギなどイケメン俳優の中で誰が一番理想の男性なのか」という質問にイ・ユビは「皆さんカッコ良くてとても素敵ですが、その中でも最高のイケメンはウォンビンです。」とウォンビンに対して好感を示した。

性格

イ・ユビは2016年1月、俳優として活躍しながら得た初めての給料を『愛の実』というボランティア団体に寄付。正確な寄付総額は明かされていないが、1億ウォン以上であると想定されている。イ・ユビは「生活が苦しい人たちを助けたい」という思いをもっている心の温かい人物である。

また、イ・ユビはクラシック・ヒップホップ・歌謡などジャンルを問わず音楽好きである。「音楽がなかったらどう生きていけば良いのか分からない。」と答えるほどに音楽を愛しているという。

イ・ユビの母親は女優のキョン・ミリということもあり、「母親のおかげで芸能人になれた」という噂や、「高校生のときにテストで良い成績をとると母親が答えの書いた試験用紙をくれた」など、身も蓋もないデマにも悩まされたという。

しかし、そこで大人しくしていると噂が広がってしまうと考えたイ・ユビは、教室でわざと大きな声で「うちの母親は大統領なのか」と大声で叫んで否定したという。

このようにイ・ユビは不当な扱いを受けたときに堂々と立ち向かうことのできる人物である。「母親の職業のせいで苦労したことも多い」というイ・ユビではあるが、「母親のキョン・ミリには感謝している」と話す。

趣味

イ・ユビの趣味はスポーツ観戦である。プロ野球斗山ベアーズの招待を受け、始球式に参加した後、観戦席で写真を撮り、SNSに投稿したという。公開された写真の中のイ・ユビは片手にチキン、もう片方の手にはビールをもって野球観戦を楽しんでいたという。チキンとビールさえも忘れてしまうほど、野球観戦に熱中するほど野球好きのようだ。

ちなみに韓国では野球観戦やサッカー観戦の際、チキンとビールを食べながら観戦することが好まれ、チキン+ビール(メクチュ)の組み合わせを「チメッ」という。

特技

イ・ユビの特技は声楽である。KBS2『大国民トークショー こんにちは』にゲストとして出演した際、自身の特技である声楽を披露。イ・ユビはオペラ『フィガロの結婚』の「アリア」を熱唱し、声楽専攻者の威厳を見せた。

出演者たちは「とても素晴らしい声楽の実力をもっている。」「梨花女子大学の声楽科を出たとは素晴らしい。」「お母さんのキョン・ミリさんはこんな素晴らしい娘さんをもって鼻が高いでしょう」と述べた。イ・ユビは梨花女子大学声楽家出身である。

デビュー前の経歴

SBS『キム・スンヒョン、ジョン・ウンアの良い朝』に歌手キョン・ミリと娘であるイ・ユビのデビュー前の姿が放送された。イ・ユビはデビュー前から母親であるキョン・ミリに似た美貌をもつ娘として、すでに芸能人らしさが見え隠れしていた。仙和芸術中学校、仙和芸術高校、梨和女子大学で声楽を専攻している。

その後、2011年MBNドラマ『バンパイアアイドル』でデビュー。イ・ユビの主な代表作はドラマ『世界のどこにもいない優しい男』『九家の書』『ピノキオ』映画『二十歳』などである。

芸能界デビューしてから、2015年にイ・ユビは江南のあるクラブで携帯電話を紛失。携帯を拾った男三人から「携帯電話を返す代わりに巨額の金銭を要求される」という恐喝事件に巻き込まれる。これに対しイ・ユビの事務所は警察に被害届を出し、犯人逮捕に至った。

出身・家族・学歴

兄弟 妹 弟
高校 仙和芸術高等学校
大学 梨花女子大学 音楽学部

周囲からの評判

イ・ユビは見た目と性格が全く違うといわれている。見た目はシックで寡黙な人に見えるが、実際はとてもお茶目で知的好奇心が多いキャラクターであるという。

また、イ・ユビは過去に放送されたKBS2TVドラマ『この世のどこにもいない優しい男』でIU(アイユー)の「良い日」を歌う場面があったが、緊張のせいで歌をちゃんと歌えなかったことがある。

それを残念に思い後悔したイ・ユビは撮影後、トイレの中でIUの「良い日」を熱唱したという。それがニュースとなり、その後「IUとイ・ユビの雰囲気はとても似ている。」と話題になった。

整形

目 鼻

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る