イ・ミヨン(1971年)

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

イ・ミヨン(1971年)について

イ・ミヨンは1987年、高校1年生のときにミスロッテに選抜され、広告モデルとして芸能活動をスタートさせた。清純可憐な美人として絶大な人気を誇っている。1988年にドラマ『愛の喜び』で本格的に女優としてデビュー。また家族ドラマ『恋が花咲く木』では清純で、素朴な女学生を演じ人気女優としての地位を確立した。

その後、1995年3月にタレント兼映画俳優のキム・スンウと結婚。しかし2000年にイ・ミヨンとキム・スンウは離婚してしまう。イ・ミヨンの主な出演作は『愛に狂う』『離婚しない理由』『中毒』である。

基本プロフィール

芸名 イ・ミヨン(1971年) (Lee Mi Youn)
本名 イ・ミヨン (Lee Mi Youn)
国籍 韓国
性別 女性
身長 167cm
体重 49kg
誕生日 1971年09月23日 (49歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 シグナル・エンターテイメント・グループ

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

イ・ミヨンは1995年3月にタレント兼映画俳優であるキム・スンウと結婚した。イ・ミヨンが25歳のときに結婚し、キム・スンウはイ・ミヨンより2歳年上であった。当時、女優が結婚することは引退を意味していた時代に世間が驚くような若さで結婚した。結婚当初、イ・ミヨンはトップスターであったがキム・スンウは名前が知れ渡っている程度の新人俳優であった。

イ・ミヨンとキム・スンウの出会いは、結婚ガイド番組『結婚作り』を一緒に撮影したのがきっかけで、その後親しくなり交際を経てから結婚。しかし2000年に離婚を発表。

好きなタイプ

イ・ミヨンはKBS2TV『パク・ジュンフンショー韓国日曜日の夜』の最後の舞台に出演し、いくつかのインタビューに答えた。

イ・ミヨンが尊敬する大先輩でもあるパク・ジュンフンがイ・ミヨンに「好きな男性のタイプはどんな人か」と尋ねた際に、イ・ミヨンは「私と話がよく合う人が好きだ。趣味や好きなことについて楽しく話し合える人ならどんな人でも良い。より具体的にいうならば、責任感が強く誠実な男性に出会ってみたい。」と答えた。

イ・ミヨンの出演により、『パク・ジュンフンショー』は大成功に終わったという。

性格

イ・ミヨンの第一印象はとてもきつそうな人という印象を受ける。そのことについて、イ・ミヨン本人もある放送の中で「確かに私はきつい言い方をしてしまうことが多々あります。しかし、私は他人を否定したいという気持ちは少しもないのです。そのせいで失ったものも多いですが、逆に得たものもあります。」と実際の自分の性格について認めた。

また、嘘をつくのが苦手であるという。ある放送で食べ物を食べたとき、それが口に合わず放送中に「美味しくない」と大きい声でいってしまったり、一度口に入れた食べ物をマネージャーの手に吐き出したりと問題になったことがある。

他の番組でも自身の性格について「私には外交的な面と内向的な面の二つがある。」と語り、自身の性格について分析した。普段広告やテレビで見るイ・ミヨンとは違い、家でのイ・ミヨンは化粧もせず動きやすい服装をしてコンピューターの前に座って友達に電話をかけたりと、女優としての姿とは全く違う一面について暴露した。

趣味

イ・ミヨンの趣味は運動をすることである。イ・ミヨンがスポーツウェアを着て、ハワイの海岸を歩いている写真が公開され話題となったことがある。イ・ミヨンのスタイリストが個人のブログに投稿した写真なのだが、投稿されると写真がすぐ拡散されその写真は一気に有名になった。

その写真について、「細く見えるのに、実際は健康的な体である。」「筋肉質な体がとても魅力的だ。」というコメントが殺到した。

イ・ミヨンは「私はもともと運動が好きだし、少し運動しただけでもすぐに筋肉がついてしまう体質だ。1日に1時間は運動をするようにしている。また、次の作品のために今も毎日運動を続けている。」と答えた。

特技

イ・ミヨンの趣味は運動ではあるが、特技もまた運動に関連するもので水泳とゴルフである。毎日必ず運動をしているというイ・ミヨンは撮影でハワイに行った際、撮影の合間や、休みの日にはハワイの海で泳ぎを楽しんだという。

イ・ミヨンのスタイルの良い体は毎日の努力によって作られているようだ。特に、「水泳をすることで全身の筋肉が使われ、運動にもストレス発散にもなるのでとてもすっきりする」とインタビューで答えている。ゴルフについての詳しい回答はなかった。

デビュー前の経歴

イ・ミヨンは1971年9月23日にソウルで生まれた。東国大学の演劇映画科を卒業し演技について学んだ。イ・ミヨンの大学の同期には俳優のコ・ヒョンジョン、キム・ジョンナン等がいる。

1987年、高校1年生のときにミスロッテに選抜され、広告モデルとして芸能活動を始めた。1988年にドラマ『愛の喜び』で本格的な演技活動をスタートさせる。以後、家族ドラマ『恋が花咲く木2期』で清純で素朴な女子高生を演じ世間の人たちに新鮮なイメージをアピールし名前が知れ渡った。

そして1989年に映画『幸せは成績順じゃないでしょう』1990年には『そう、たまには空を見よう』のヒット作に出演し、80年代のスターとして人気を集めた。1995年に俳優のキム・スンウと結婚したが2000年に5年間の結婚生活を清算し離婚。現在は女優としてだけでなく、タレントとしても番組や広告に出演している。

その他、演技力の勉強をするためにドラマや映画、演劇にも出演し数々の場で活躍している。

出身・家族・学歴

兄弟 兄 姉2
高校 世和女子高等学校
大学 東国大学 演劇学部

周囲からの評判

イ・ミヨンは1988年にKBSドラマ『愛の喜び』でデビューした、清純可憐なイメージで人気のある女優である。高校1年生のときにデビューし、その後も女優活動を続けているがイ・ミヨンは早くから芸能活動をしてきたことについて後悔しているという。

イ・ミヨンは「人気のある女優になれたので、得たものも多かったがそれと同じぐらい、失ったものも多い」と告白した。イ・ミヨンの所属事務所の関係者はイ・ミヨンの演技力について、「ドラマや映画の中の役になりきるのがとても上手く、もっと見てみたいと思わせるのが上手な女優である」と述べた。

整形

関連するアーティストを見る