カン・ジソプ

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

カン・ジソプについて

カン・ジソプは、兵役後、CMモデルとして活動した。そのCMが脚本家の目にとまり2005年『神様、お願い』で俳優としてデビュー。それがきっかけとなり、2006年SBS演技大賞「ニュースター賞」を受賞し、俳優としての可能性を認められた。

その後、KBS『太陽の女』、『風吹く良き日』、『赤道の男』、などの独特の演技と洗練された男性美で見るものに印象を残した。2016年に出演したMBC『ショッピング王ルイ』で心温かい、あしながおじさんジュンヒョク役を演じ、視聴者から多くの支持を得た彼は、MBC『偉大な遺産』KBS『歌の戦い-勝負』などでも俳優として活躍した。

基本プロフィール

芸名 カン・ジソプ (Kang Jiseob)
本名 カン・ジソプ (Kang Jiseob)
国籍 韓国
性別 男性
身長 188cm
体重 88kg
血液型 A型
誕生日 1981年02月06日 (39歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 panエンターテインメント

好きなタイプ

カン・ジソプの好みのタイプについては、2016年MBN芸能プログラム『愛してる』にてタイプを語っている。

本人曰く「声が綺麗な人が好きで、本当にルックスにこだわりは無い。」と発言している。また、声優のソユリに向かって「ソユリ氏に魅力を感じました。感じが良い。」と好感を示した。

性格

カン・ジソプの性格は、普段は冗談を言ったりする性格ではなく、特有の男性らしい強さでカリスマがあふれている。

しかし、、親しい人にはふざけながら楽しんでいる光景が見受けられ、映画『設計』では、共演者たちと和気藹々と笑いながら作業をしていた。

その様子を俳優仲間のイ・テゴンは「カン・ジソプは撮影場所のムードメーカーだ。周りに常に気を使ってくれて、非常に優しい性格である」と彼の性格について語っている。

趣味

カン・ジソプの趣味については、本人曰く「普段から映画を頻繁に見るほうだ。休みの日は24時間のうち12時間まるまる映画を観る。ジャンルや国にかかわらず、好き嫌いせずに映画をすべて楽しむ方だ。」と語っている。

特に、作品の撮影に入る前には、その人物に関連する複数の映画をすべて探して、演技の勉強のために映画を観る。

映画の狂人である彼の人生の中で最高の映画はブラッドピッドの『ジョーブラックをよろしく』であるという。

特技

カン・ジソプの特技はドライブと水上スキーである。SBS連続ドラマ『二人の妻』では、劇中でカン・ジソプとユン・ジミンが水上スキーの対決を繰り広げ、その腕前を見せた。

また、ケーブルTV XTM『オム・トリプルX』の司会者にも抜擢され、水上スケートやスピードスポーツを楽しむ層に大きな支持を得ている。

デビュー前の経歴

カン・ジソプのデビュー前の経歴としては、釜山市影島区で生まれ育ち、その後2002年8月に海軍に志願入隊した。

海軍に入隊しても、すらりとした身長が目立って、海洋警察に引き抜かれ、警備艇に乗って、不法操業の中国漁船を取り締まるなどの経歴を持っている。また当時は、激しく反抗している中国人場組員が、斧や刀を持って襲いかかってくる、危険な体験もした。

除隊後、普段自分ができることは何であろうと悩み、裸一貫で上京した。すぐにモデルの仕事を始めたが、満足な収入ではないため、アルバイトを並行して行っていた。

あるとき、イム・ソンハン作家の目にとまり、相次いでキャスティングされ、次世代スターとして人気が急上昇した。

その活躍から、カン・ジソプは、2006年最高のダークホースと言われた。

出身・家族・学歴

兄弟 姉1人
高校 東義大学自動車学科

周囲からの評判

カン・ジソプの周囲からの評判としては、2016年MBC芸能プログラム『覆面仮面』に登場した際に、高音の美しい歌声を披露した。

その反響は大きく、あるインタビューで、「ハイトーンの声を出したため、多くの人が私の性別を女性だと思っていた」と暴露した。

また、同番組の舞台では、信じられないほどの低音の歌唱力を披露して、高音から低音まで歌手に劣らないほどの歌の実力を誇示した。

整形

カン・ジソプの整形の噂は特にない。

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る