カン・イソク

韓国の俳優・韓流スター

カン・イソクについて

カン・イソクは、大韓民国の俳優である。子役時代は主人公の少年時代を歴任した。

2006年のデビュー作『ミスターグッドバイ』で、アン・ジェウクの息子を演じて以来、『カインとアベル』ではソ・ジソプの、『おバカちゃん注意報』でイム・ジュファンの子供時代を演じ、その存在を強く印象づけ、子役スターへと成長する。

2011年『ドリームハイ』、2009年『カインとアベル』など30本以上の多数の作品に出演し、2013年「21回大韓民国文化芸能大賞」ではドラマ部門子役賞を受賞した。

現在では子供らしい姿は消え、成熟した強いカリスマ性すら感じられる成長を見せ、今後の活躍が注目されている。

基本プロフィール

芸名 カン・イソク (Kang Iseok)
本名 カン・イソク (Kang Iseok)
国籍 韓国
性別 男性
身長 168cm
体重 56kg
血液型 O型
誕生日 1998年11月11日 (21歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 キャスティングランエンターテインメント

性格

カン・イソクは、母親も認めるほどの努力家であり、中堅演技者に劣らぬほど演技に対する情熱と真摯な態度で注目されている。2012年に放送された『蒼のピアニスト』では、絶対音感を持つ天才ピアニストの役として登場し、優れたピアノの腕前を披露した。

カン・イソクの母親によると、配役が確定されてから二ヶ月間、1日3時間ほど集中してピアノの練習をしたという。

また、2013年『おバカちゃん注意報~ありったけの愛~』では、初日に尾骨にひびが入る怪我をした。自転車に乗るシーンであったが、自転車が錆びていたため倒れてしまい、腰を強くぶつけてしまった。「当時は怪我のため撮影が大変だった。しかし、私は演技が好きでやっているのだから、力を出して満足な出来となったので良かった。」と語り、ここでも演技魂と高いプロ意識を見せた。

演技が大好きで、悪役もロマンスも、アクションも全部を消化できる俳優になることが目標である。今後も演技に対する情熱は衰えることなく、演技の向上のために努力する強い向上心を持つ。

趣味

カン・イソクは、ボクシングとバスケットボールが好きである。バスケットボールは、中学校1年生前半に始めた。バスケットボールをたくさんすることで、背が早く高くなりたいと思っていたそうだ。

兄が運動選手らしく、運動好きであるのは兄の影響もあるだろう。

特技

2012年に放送された『蒼のピアニスト』では、わずか二ヶ月の練習で相当の腕前を見せた。最初は楽譜の見方さえ分からなかったが、鍵盤に触れながら曲の感じを知り、自然とピアノを弾くことに興味が湧いたという。レッスンについた先生も最初は心配していたが、のちに賞賛される
ほどの成長を見せた。

ドラマでは映画『ビッグ』、OST『Heart and soul』、チャイコフスキーの『舟歌』、ドビュッシー『アラベスク1番』、ブラームス『ハンガリー舞曲No.6』など難解な曲をひきこなす姿が見られる。

デビュー前の経歴

幼稚園の頃から先生たちがその才能を見抜いて、子供のモデルをしてみたらどうかと言われた。偶然にも子供モデルの大会に参加したところ、入賞した。

その後、2005年映画『優しい子』という短編映画に出演し、さらにその映画が「ミジャンセン短編映画祭」で観客賞と審査委員賞を受賞したことが、彼の子役俳優への道を開くこととなる。

在学中に仕事をしているため、撮影中はなかなか学校に行くことができないハードな生活を送っている。撮影が終わって学校にいくと、友達がたくさん歓迎してくれて横の席の友達もたくさん手伝ってくれるため、学校生活に問題はなかったようだ。

「学校の成績は小学生の時は良かったが、中学生になってあまり良くなかった。勉強をしなくては。」と語っている。そのようなハードな生活を送っているとストレスが溜まりそうであるが、演技をするときは楽しく、ストレスを感じないようだ。

休日の日は、睡眠を取ったり友達に会ったりしてストレスを発散するのだという。

出身・家族・学歴

兄弟 兄1人
高校 ソウル公演芸術高等学校

周囲からの評判

所属事務所であるランエンターテイメントの関係者は、「まだ少年であったが、成人演技者以上の成熟した内面を持っている。無尽蔵な魅力と可能性を持っている俳優」と
高く評価している。

また、カン・イソクは、母親と一緒に恵まれない人々を助ける奉仕活動を何年も行っており、ミュージカル『天使たちの合唱』に出演した際は、ミュージカル出演料全額を寄付することを発表し周囲を驚かせた。

整形

なし

好きなアーティスト

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る