高岡早紀

高岡早紀について

高岡早紀(たかおか さき)は女優として活動している人物である。ボンド企画、フロム・ファースト、スターダストプロモーション、再度フロム・ファースト、エイベックス・マネジメントと所属事務所を移籍してきており、現在は個人事務所エアジンを立ち上げ、A-Teamと業務提携している。

高岡は1994年に映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」に出演し、大胆なヌードを披露している。この作品での演技が評価され多くの映画賞を受賞し話題を集め、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞と新人俳優賞を受賞した。

私生活では1996年に俳優の保坂尚希と結婚した。1998年に長男、2000年に次男がそれぞれ誕生した。2004年に保阪と離婚したが、その後2011年に長女が生まれており長女の父親については明かしていない。

基本プロフィール

芸名 高岡早紀 (Saki Takaoka)
本名 高岡 佐紀子 (Sakiko Takaoka)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 163cm
血液型 A型
誕生日 1972年12月03日 (46歳)
干支
星座 いて座

所属

レコード会社 HYDRA
事務所
事務所入所年 1988
デビュー年

好きなタイプ

高岡は自身の好きな異性のタイプについて、自分の理解を超えた男性と答えている。また高岡は自身が若かった頃は「自分の邪魔にならない男性」が好きだったと話している。

高岡は自身の恋愛観について、フラれて傷つきたくないので自分からは決して好きにならないと明かしている。また女優として作品での自分の役柄でその恋人役で共演した男性を、実際に好きになってしまうことがあるとも明かしている。

また高岡は2015年1月のインタビューにて、年下の男性は恋愛対象になることはないと話している。また疑い深く、高岡は男性から食事など誘われた際に「それはデートなの?」と確認をすると話している。

性格

高岡は自身の性格について、あまり慎重ではなく考えすぎずにとりあえずやってみる性格である。また短気で、一度決めたら突き通す性格でもあり、とても頑固であることも明かしている。その他、気まぐれで突然ひとりでニューヨークに旅をしようと思いつき、行ったことがあると話している。

また高岡は自分が見知らぬ人に囲まれて自分が気を遣うことや、他人から気を遣わせることが嫌いである。そのエピソードとして、病院で初対面の人がいたりすることを懸念し、長男・次男・長女ともに助産師を呼んで自宅で出産している。いずれも安産であったと高岡は語っている。

また高岡は自身がマメなタイプではなく、SNSにアップする写真はテーマは特に決めていないという自由な性格であることも明かしている。高岡は2019年4月のインタビューで「自分の中に持っているものを包み隠す必要もないと感じられるようになったし、自分をもっと解放していけたらいいなって思います。」とその自由奔放さを明かしている。

趣味

高岡は趣味として、お酒を飲むことを挙げている。プライベートでは酒好きであることから、お酒を飲みながら料理をしているという。高岡はお酒を飲みながら友人と長電話をすることもあるといい、その調子で朝まで飲み続けることもあると明かしている。さらに高岡がひとりで行くいきつけの店があり、そこで飲んでいると寝てしまうと話している。

また芸能人同士でよく飲んでいるとも明かしており、古田新太はドラマ共演中にほぼ毎日飲んでいたと話している。その他著名人では田中雅美、池上季実子、かたせ梨乃、大政絢、RIKACOらが飲み友達であると明かしている。

特技

高岡は自身の特技について、ピアノ、クラシックバレエ、ジャズダンス、水泳を挙げている。

特にクラシックバレエは高岡が7歳の時からの習い事であったと明かしており、クラシックバレエを習い始めるまではおとなしい性格の子どもであったという。クラシックバレエを習ってからはスポーツが得意になって、性格も明るくなったと話している。さらに高岡は、将来はバレリーナになりたいと思っていたほど、バレエに打ち込んでいたと語っている。

その他陸上競技の走り幅跳びが得意で、中学時代に部活動で陸上部に所属し地元である藤沢市の大会で優勝したことがあるという。

デビュー前の経歴

高岡は神奈川県藤沢市で生まれ、父親はジャズライブハウスの経営者、母親は花屋の経営者であった。また3人兄弟の2番目として生まれている。(家族については後述)

高岡が2歳の時に、父親が交通事故で他界している。その後ジャズライブハウスは高岡の叔父が引き継いだ。書道、ピアノ、クラシックバレエ、ジャズダンス、水泳の習い事をしていた高岡は、前述にあるように将来はバレリーナになりたいと思っていた。

中学時代に入ると学校の男子からはとてもモテており、自宅に電話が度々かかってくるようになったという。高岡はしつこく男子たちから電話が来ると嫌気がさしていた為、妹に受話器を渡してその場をしのいでいたと明かしている。

高岡はそんな中学時代に街でスカウトされ、ティーン向けファッション雑誌「セブンティーン」のモデルとして芸能界デビューした。

出身・家族・学歴

兄弟 兄、妹がいる
出生国 日本
出生地域
高校 堀越高等学校
大学

家族のエピソード・詳細

一般人の母親、1歳年上の兄、2歳年下の妹でモデルの高岡由美子がいる。また元夫で俳優の保阪尚希との間に2人の子どもがいる。

解散・引退について

2019年8月17日現在、引退発表していない。

周囲からの評判

高岡と共演歴が多く、友人でもある俳優の古田新太は「早紀ちゃんは芝居の揺れやトーンがとっぴじゃない分、すごく静かなレベルで感情の変化が感じられるので僕はとても好きです。早紀ちゃんは僕自身に向き合ってくれて演技をしてくれたので、本当に演じやすい人です。」と高岡を評価している。

整形

していない。

好きな食べ物

寿司、とんこつラーメン、あんず大福、ベルギーワッフル

公式サイト・SNS

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

高岡早紀の楽曲

すべての楽曲を見る

出演映画・ドラマ

怪談新耳袋 劇場版

ホラー

恋は五・七・五!

コメディ

恋は五・七・五!

コメディ

female フィーメイル

欲望

ドラマ

濡れた赫い糸

長い散歩

ドラマ

寝ずの番

コメディ

悲しき天使

ドラマ

龍が如く 劇場版

アクション

恋する日曜日 私。恋した

ドラマ

コトバのない冬

ドラマ

次郎長三国志

ドラマ

memo

ドラマ

The ショートフィルムズ/みんな、はじめは...

ドラマ

みんな、はじめはコドモだった「イエスタデイワ...

ゲキ×シネ「蜉蝣峠」

カフーを待ちわびて

ドラマ

The Harimaya Bridge はりまや橋

ドラマ

劇場版テンペスト3D

今日、恋をはじめます

悪の教典 序章

EDEN

モンスター

花宵道中

華やかな色町で、可憐に咲いた遊女の生き様 江戸時代末期、新吉原。 囚われの...

25 NIJYU-GO

悪徳刑事コンビ、横領公務員、老舗ヤクザ、半グレ集団、チャイナマフィア、謎の...

深夜食堂

マスターの作る味と居心地の良さを求めて、夜な夜なにぎわうめしや。ある日、誰...

冬の日

しんしんと冷え切った江戸の町。仕事帰りの清次郎(中村梅雀)は、胴ぶるいしな...

最低。

果てしなく続くかのような日常に耐えきれず、新しい世界の扉を開く平凡な主婦・...

コスメティックウォーズ

一人前の経営コンサルタントを目指し産業スパイとなった三沢茜(大政絢)は、上...

雪の華

恋愛

余命を宣告された美雪の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンラ...

高岡早紀の人気楽曲