やくしまるえつこ

日本の歌手

やくしまるえつこについて

日本の女性歌手。相対性理論のメインボーカルも担当している。

作詞・作曲をする際の名義はティカαで、独特な世界観の曲調とそれに似合うウィスパーボイスが特徴的である。その他にもCM音楽・イラスト・ナレーションなど幅広く活動しており、ももいろクローバーZや山下智久などのアーティストに楽曲提供もおこなっている。

事務所やレコード会社には所属しておらず、自社レーベルのみらいレコーズで活動している。2017年には、「わたしは人類」という楽曲でメディアアートに革新をもたらした者に贈られるアルス・エレクトロニカ賞を受賞した。

実験的な楽曲が多く、誰も使わないような楽器を使用したり、楽曲に科学的な要素を入れ込んだりする。直立不動で、たまに一言発したりスマートフォンを見たりと、不思議な空間のライブをおこなう。

正確なプロフィールは一切非公表で、メディア露出もほとんどない。ライブMCでも一言しか発さないため、素性をあらわさない。

基本プロフィール

芸名 やくしまるえつこ (やくしまるえつこ)
本名 丸野悦子
ニックネーム えっちゃん
国籍 日本
性別 女性
誕生日 1987年06月03日 (35歳)
干支
星座 ふたご座

所属

参加グループ

相対性理論

デビュー年 2006

性格

やくしまるえつこは、月が出ている間しか外を出歩かないとインタビューなどで度々述べており、インドア派な性格が伺える。家では主に楽曲制作やゲームをしていることが多い。

親が科学者である影響から、新しいテクノロジーを好む性格である。それは彼女の楽曲にも表れており、自身が発明した9次元楽器「dimtakt」を度々使用する。家電からなる音などの「鳴らざるを得ない音」が好きだと発言しており、大多数が聞き逃してしまうような音を楽曲に仕掛けている。

型にはまらない実験的なことをおこなうのが好きで、塩基配列をもとに「わたしは人類」という楽曲を作成したり、スライムシンセサイザーという楽器をライブ中に使用したりする。

趣味

趣味は映画鑑賞で、特に映画音楽に関心がある。全体のグルーブ感ではなく個々のパーソナルな空間を意識するという点で、自身のライブ空間と映画館には親和性があると語っている。

またゲーム好きを公言しており、家にはゲーム専用の部屋もあると述べている。ゲーム好きな少年少女の人気アニメ「ハイスコアガール」のED曲を提供した際、原作者の押切蓮介はやくしまるえつこのゲームへのこだわりを絶賛したほど。

特技

やくしまるえつこは類まれな声を持っていることで有名である。彼女の声は倍音成分がとても多く、つぶやくような声でも遠くまで届くという。

デビュー前の経歴

科学者である親のもとで育った。「相対性理論」というバンド名もそれが由来。

やくしまるえつこは、相対性理論のデビュー以前「熱海のピンチョン」という名前で活動していた。

2006年に、相対性理論として自社レーベルからデビューした。

出身・家族・学歴

大学 武蔵野美術大学

公式サイト・SNS