中川翔子

日本の俳優 日本の歌手 日本のタレント

中川翔子について

中川翔子はマルチタレント、女優、歌手として活動している人物である。元グラビアアイドルだったが、現在はタレント業がメインである。所属事務所はワタナベエンターテインメントである。

2004年11月から開設した自身のブログ「しょこたん☆ぶろぐ」が人気となりブレイクした。その独特の感性や生活感が若者たちからの支持を集め、2005年に書籍化された。

また2009年にはオリジナルブランド「mmts」を立ち上げ、2013年5月1日BEAMSとの共同プロデュースブランド「中川翔子×BEAMS『mmts(マミタス)』」のショップが中野ブロードウェイ3階にオープンするなど、メディア露出以外でも幅広く活躍している。

基本プロフィール

芸名 中川翔子 (Shoko Nakagawa)
本名 中川しようこ (Shiyouko Nakagawa)
ニックネーム しょこたん
国籍 日本
性別 女性
身長 155cm
血液型 A型
誕生日 1985年05月05日 (35歳)
干支
星座 おうし座

所属

レコード会社 ソニーミュージックエンタテイメント
事務所入所年 1990
デビュー年 1990

好きなタイプ

中川は好きな男性のタイプとして、漫画「ドラゴンボール」のベジータを挙げている。

また中川は恋人の条件として20代の頃は「猫好きであること」「ゲームが強いこと」「きれいにキックが蹴れること」「ヌンチャクが振れること」「古傷を持ってること」を挙げていた。これらを持ち合わせている男性は現実世界にいないと中川自身も語っているが、夢や理想は持っている分楽しいとしている。

しかし30代になってからラジオ番組で理想とする男性のタイプに変化がうまれてきたとも発言し「私のことを否定しないこと」「私のことを引かないで尊敬し合えるいい距離感でいられる人」を挙げている。

また中川は理想の男性について、関西テレビ系列のバラエティトーク番組「関ジャニ∞のジャニ勉」にて「溶かしたチョコを毎日飲むことを許してくれる」「鍋料理の時、直バシで取るのはやめて欲しい」「できれば別居して欲しい」「毎日、スイカを1玉食べるのを認めてほしい」といったこだわりを挙げている。

性格

中川の性格について芸能人の友人のひとりであるバカリズムは、テレビで見る中川翔子はほんの一部で実はもっと面白い人と言っている。また中川の趣味がサブカルチャーを主となっている為、ゲームが強くあらゆるゲームを子どもと対戦するときでも本気を出して勝負するなど、負けず嫌いの性格がテレビなどでもうかがえる見てうかがえる。

また中川は学生時代にいじめを受けていたことで、ネガティブ思考になりがちであり、集団で団結して行動することを苦手としているが、芸能界での活動が軌道にのり始めてからはポジティブ思考に変わったと言っている。

趣味

中川は芸能界でも有名な多趣味な人物である。

中川は趣味であるコスプレを活かし、SNSではその姿を写真で投稿し話題を集めている。2007年に開催された「世界コスプレサミット」では親善大使を務め、その際外務省に表敬訪問もしている。ジャンルは戦隊ヒーローが多い。

またセミの抜け殻集めも趣味のひとつで、それを髪の毛にくっつけて遊び趣味をブログで公表したところ全国の中川のファンからセミの抜け殻が送られてきたという。

またネイルアートが好きで、自身のこだわりを強調したデザインを身につけている。またゲーム機やライブ用のマイクをデコレーションするのも好きである。

猫を相当数飼っている愛猫家である。

特技

漫画やイラストを得意としており、中川が描いた絵は度々SNSに写真が投稿されている。父である故・中川勝彦の影響で、楳図かずおの大ファンであり本気で漫画家を目指していたほどである。

中川はその特技を活かし、2006年2月からオフィシャルサイトで漫画『SHOCOTAN☆QUEST』を連載を始めた。また少年漫画誌の『週刊少年ジャンプ』にある読者投稿コーナー「ジャンプ魂」のメンバーとして2006年13号から投稿をしていたことを明らかにしている。

またカンフー映画のファンであり、中川はヌンチャクを特技として公言している。番組の企画でヌンチャクさばきを披露したこともあり、カンフー・オタクのクイズ番組に出演もしたこともある。

デビュー前の経歴

中川は自身が5歳の時に「中川薔子」として子役として活動していたことがあったが、その際出演したテレビドラマは「地球戦隊ファイブマン」のみだった。

その後2001年に「ポポロガールオーディション」でグランプリを受賞したが活躍の場には恵まれず、同年中川の16歳の誕生日記念に母親とジャッキー・チェンが経営する香港のレストランを訪ねた際、チェンと遭遇して感激し泣いているとチェンから声を掛けた事をきっかけに、ジャッキー・チェン事務所日本支部に所属し、改めて本格的な芸能界デビューとなった。

2002年にグラビアアイドルとしてデビューし、同年のミス週刊少年マガジンに選ばれた。

また2006年には歌手として1stシングル「Brilliant Dream」でデビューした。

出身・家族・学歴

兄弟 いない
高校 大原学園高等学校(通信制)

家族のエピソード・詳細

父は歌手・俳優だった故・中川勝彦である。母は一般人で兄弟はいない。

解散・引退について

2019年7月9日現在、引退発表していない

周囲からの評判

タレントの有吉弘行は、映画館で理不尽にもジュースをかけられた中川はそれでも最後まで映画を見たというエピソードに対して「しょこたんよく最後まで映画見たなって思う。」とコメントし、中川の強靭なメンタルを絶賛していた。

整形

していない

好きな食べ物

ホルモン、スイカ、いくら

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

中川翔子の楽曲

すべての楽曲を見る

中川翔子が作詞した楽曲

すべての作詞した楽曲を見る

関連するアーティストを見る