アン・ジェウク

韓国の俳優・韓流スター

アン・ジェウクについて

アン・ジェウクは、ドラマ『星に願いを』でカン・ミン役を演じ、これが大ブレークの引き金になった。韓国のみならずその人気は中国にまで及び、韓流スター1号となる。

基本プロフィール

芸名 アン・ジェウク (Ahn Jae Wook)
本名 アン・ジェウク (Ahn Jea Wook)
国籍 韓国
性別 男性
身長 176cm
体重 65kg
血液型 A型
誕生日 1971年09月12日 (49歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 ジャブレエンターテインメント
デビュー年 1994

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

チェ・ヒョンジュとアン・ジェウクは、ミュージカルの練習で出会ったことが、付き合うきっかけだったという。

ジェウクがヒョンジュに一目惚れをし、3日後に告白をしたとのこと。2人の挙式は、ハワイで行われた。

アン・ジェウクが病気になった時、妻に心細くなかったかと聞いたところ、「愛しているので何も怖くない。私たちは愛し合ってから今日まで、病気を乗り越えてさらに愛が深まった」と言ったそうだ。 「夫を支える美しい妻だ」と話題となった。

好きなタイプ

奥さんのことについては、マンガのように練習室で初めて会って挨拶をしながら見せてくれた微笑みを見て、「この人を逃しちゃだめだと感じた」と言っている。

性格

とても奥さん思いで、本当に仲が良い。

天真爛漫でオオカミタイプ。大器晩成型で、無邪気で明るい人である。裏表のない性格をしており、こう決めたら一直線。

ただとっつきにくさがあるらしく、なかなか他人を寄せ付けない。時には深いしこりになるらしいが、本人はあまり気にしていない模様である。

趣味

アン・ジェウクの趣味は、ボーリング・水上スキー・器械体操である。体を動かすことが好き。

デビュー前の経歴

ソウル芸術大学演劇科ではミュージカルを専攻し、1994年の卒業公演では『ウエサイド物語』のトニー役を演じた。

大学卒業後は、1994年にMBCテレビの第23回タレントオーディションで2000人近くの応募者の中から合格を果たす。同期には、チェ・ジウがいる。

出身・家族・学歴

兄弟
大学 ソウル芸術大学演劇科

周囲からの評判

アン・ジェウクは、酒と野球が大好きである。野球チームチェミサマを主催し、ここ数年間日本の名門チームOBと日韓親善試合を続けているほど。

くも膜下出血で倒れてからは禁酒しているらしいが、真偽のほどは定かではない。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る