国分太一

ジャニーズ

国分太一について

国分太一は、1994年9月21日、TOKIOとして「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。バンド式のグループのTOKIOで、国分はキーボードを担当している。なお、TOKIO結成前は、平家派に所属していた。

音楽活動以外では、2005年には映画『ファンタスティポ』で、堂本剛とダブル主演を果たした。またバラエティー番組への出演や司会業を中心に活躍しており、代表番組は『白熱ライブ ビビット』である。2016年8月現在、TOKIOのメンバーで唯一の妻帯者である。

基本プロフィール

芸名 国分太一 (Taichi Kokubun)
本名 国分太一 (Taichi Kokubun)
国籍 日本
性別 男性
身長 167cm
体重 52kg
血液型 O型
誕生日 1974年09月02日 (48歳)
干支
星座 おとめ座

所属

参加グループ

TOKIO

事務所 ジャニーズ事務所
事務所入所年 1994

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

腰原は元TBS社員である。2人は2005年に仕事を通じて出会い、2008年5月に交際をスタート。2009年には女性週刊誌の突撃インタビューに応じ、「普通の心を持っているというか、そういう部分に惹かれました。彼女といると、普通の気持ち、普通の男になれる」と、交際を認めるコメントをした。約7年に亘る交際を経て、2015年に結婚した。

2001年、『スポーツ報知』によって熱愛が報じられた。2人の出会いは1998年、aikoのラジオ番組に国分がゲストとして出演した時である。

熱愛報道の後、ジャニーズでは珍しく交際会見を開き、国分は「彼女がキーボードをやっていることで仲良くなった。今後も仲良くしたい」と交際を認めるコメントをした。その後、破局説が流れるとaikoが否定したり、同棲が報じられたりと順調に交際していたが、2006年に破局した。

好きなタイプ

国分太一は、自身の好みのタイプについて、「料理が得意な女性」とだけ発言したことがある。

性格

国分太一は、ケチなことで知られている。後輩と飲みに行っても「割り勘が当たり前」だと言う。自分から飲みに誘っておいて平気ですっぽかすことがあるようだ。

また口が軽いようで、「飲み会で話したことを他の場でもぺらぺらしゃべってしまうからもう国分は呼ばない」と言われている。

さらに、肉体労働が苦手だと話しており、他のメンバーが体を張って頑張っている様子と比べて「やる気がない」とファンから不評である。

しかしその一方で、国分の出演番組に数多く関わってきたテレビプロデューサーは「非常に好青年で、態度が悪いなんて話は聞いたことがない」と話している。

また、ファン想いな面もあり、結婚した際は誰よりも先にファンクラブ会員に郵便で報告した。そのメッセージ内容は「人生節目のご報告を誰よりも先にこれまで応援してくださった皆様にお伝えしたく、謹んでお知らせする次第です」というものだった。

趣味

国分太一の趣味は料理、音楽観賞、貯金、ガーデニング、プロ野球観戦、サッカー観戦、プロレス観戦、サッカー、フットサル、テニスである。

ガーデニングに関しては家庭菜園もしており、野菜の他にもレモンなどの果樹も育てている。

料理に関しては、食べることは大好きだが作ることは初心者である。そのため出演するテレビ番組『男子ごはん』では、料理を教わりながらトークを展開し、完成させたものの試食までを行う。毎回、完成後の料理は国分が撮影している。

特技

国分太一の特技は、キーボード、ベース、シンセサイザー、グランドピアノ、エレクトリックピアノ、ハモンドオルガンなど、幅広い楽器の演奏である。鍵盤楽器を始めたきっかけは、エルトン・ジョンが弾き語りをする姿に感銘を受けたことで、その時から週2回のレッスンに通い始めたという。

また、炭焼き職人見習いの資格を持っている。炭焼き職人とは、山から木を切り出して窯まで運び、火の調整をしながら数日かけて焼き、炭を作る職人である。炭だけでなく、瓦やレンガも焼くことができる。

デビュー前の経歴

国分太一は、姉がジャニーズ事務所に履歴書を送ったことをきっかけに、1988年1月31日に入所。当初は「平家派」に所属して光GENJIのバックダンサーを務め、SMAPの前身である「スケートボーイズ」にも加入。SMAP結成当初もサポートメンバーとして参加していた。

1988年10月12日、テレビ東京ドラマ『あぶない少年III』で俳優デビュー。当時それなりに忙しくしていた国分は高校に行くことに疑問を持ち始め、両親が高校に行くよう促すも、反抗期でもあったため「行かない」と告げた。すると父親は「高校を止めるなら、国分家を出ろ!」と激怒したことから、国分は家を出て、事務所の寮に入ることとなった。

1990年4月、城島と国分と松岡が「SMAP学園」選抜メンバーとして3名で「TOKIO」を結成。そこに遅れて小島啓、山口、長瀬が加入して6人組となった。 デビューを目前に控えた時期に小島が脱退して「TOKIO」は5人になった。1994年7月12日、日本武道館でCDデビューの記者発表。同年8月10日〜30日、全国9大都市でコンサートツアーを敢行し、同年9月21日「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー。国分は当時20歳だった。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 豊島学院高等学校(中退)
大学 進学せず

整形

なし。テレビ番組『ビビット』で、本人が「整形はしておりません。ただちょっと歯はイジりました」と発言している。

TOKIOのメンバー