遠野 あすか

遠野 あすかについて

遠野あすかは、1998年宝塚歌劇団に入団、同年宙組舞台『エクスカリバー/シトラスの風』で初舞台を踏んだ。そして1999年の舞台『CROSSROAD』でヘレナ役を演じ、2001年花組へ転属した。2002年に舞台『風と共に去りぬ』スカーレット役、『エリザベート』エリザベート役、2005年『マラケッシュ』イヴェット役を務めた。そして2006年には星組に転属して、娘役トップとなった。2008年『外伝 ベルサイユのばら~ベルナール編~』『スカーレット・ピンパーネル』『赤と黒』でヒロイン役を演じた。

2009年に宝塚歌劇団を退団。2010年テレビ朝日ドラマ『科捜研の女』、2011年TBS『警視庁鑑識課~南原幹司の鑑定~』、テレビ朝日『DOCTORS・最強の名医』に起用された。さらに2012年舞台『ニジンスキー』、2015年『ブルームーン』、2016年『薔薇とシンフォニー』に出演した。

基本プロフィール

芸名 遠野 あすか (Asuka Toono)
本名 福井玲子 (Reiko Fukui)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 162cm
体重 0kg
血液型 AB型型
誕生日 1978年11月28日 (40歳)
干支
星座 いて座

所属

レコード会社
事務所 東宝芸能
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

遠野あすかは、2014年7月31日自身のオフィシャルブログで「本日、以前よりおつきあいしていた方と婚姻届を提出いたしました!」と結婚を報告した。相手は年上の一般男性で、2年間は普通の友人として付き合った後、恋愛に発展。この日、都内の区役所に婚姻届を提出した。

遠野あすかは「今日の日を迎えられたこと…わがことながら2人で驚いています。しっかり家庭を築いていかなくては…と思いを新たにしております」と新たなスタートへの思いつづった。そして仕事は続ける意向で「これからも家庭にお仕事に頑張ってまいります」と両立させていくことを宣言した。

好きなタイプ

不明

性格

遠野あすかは、舞台以外での発言が自由奔放な人物である。例えば、こんな発言がある。

高校1年生の時に「あ、私って美人じゃないな。残念なんだな」と気がついたという。「モデルや女優だったらその時点でアウトでも、宝塚は舞台用のお化粧もつけまつ毛もじゃかじゃかするので、努力が報われる世界で、そこがすごく素敵だなと思った」という。

趣味

遠野あすかの 趣味は、役作り関連の映画を見て音楽を聴くことである。

特技

遠野あすかの特技は、日舞である。

デビュー前の経歴

遠野あすかは、高校1年生の時、ドレスを着て歌って踊って毎日楽しく過ごせるんだろうなと考えて宝塚音楽学校に入りたいと思った。周囲に比べるととても遅いスタートで、バレエを始めたのは16歳。体も硬く、なかなかついていけなくて、苦労したという。1回目の受験では、バレエを踊ったあとに、自分の席に戻ったら、隣の受験生に鼻で笑われたという。遠野は落ちたことよりもそれがショックで、1年間頑張って、翌1996年に宝塚音楽学校に84期生として入学した。

その後、1999年には宙組に配属し、入団2年目で『CROSSROAD』に出演した。そして2006年に星組トップの娘役に就任し、安蘭けいとコンビで活動した。そして2009年の東京宝塚劇場公演の千秋楽に安蘭けいと同時に退団した。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
出生国 千葉県我孫子市
出生地域
高校 大妻中野高等学校(2年修了)
大学 宝塚音楽学校

解散・引退について

周囲からの評判

コンビで活躍していた安蘭けいは、遠野あすかについて「(自分と)同じように演技が自然で『コパカバーナ』で組んで、あの時はちょっとキャラの濃い役だったが、そういうものもできるし、以前外部出演した『Cinderella』ではすごくかわいくて、演技の幅が広い実力のある娘役さんである」と評価した。

整形

鼻の整形疑惑がある。

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram なし
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正