司 葉子

司 葉子について

司葉子は、東宝芸能に所属する女優である。共立女子短大に在学中、ハリウッドビューティサロンを利用しており、ちょうど美容家のメイ牛山が雑誌モデルを探していたことから、同年『家庭よみうり』の表紙を飾った。そしてそれがきっかけでスカウトされて東宝と契約し、映画『君死に給うことなかれ』でデビューを果たした。

デビュー後は東宝の看板女優として活躍し、1966年には映画『紀ノ川』では第40回キネマ旬報賞主演女優賞・第9回ブルーリボン賞主演女優賞・第22回毎日映画コンクール主演女優賞・日本映画記者会賞最優秀女優賞など数々の賞を受賞し、その年の7つの演技賞を独占した。

1969年、当時大蔵官僚だった相澤英之と結婚。1999年には日本大正村の村長に、2009年に相澤が学長を務める東京福祉大学の特任教授に就任した。2003年、紫綬褒章を受章、2010年秋には旭日小綬章を受章している。

基本プロフィール

芸名 司 葉子 (Yoko Tsukasa)
本名 相澤葉子 (Yoko Aizawa)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 cm
血液型 AB型
誕生日 1934年08月20日 (85歳)
干支
星座 しし座

所属

レコード会社
事務所 東宝芸能
事務所入所年

所属

レコード会社
事務所 東宝芸能
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

1969年に当時大蔵官僚だった相澤英之と結婚。2人はもともと交流はあったもが、周囲は彼らの結婚を予想していなかった。そして新聞に「電撃結婚!」という記事が出てしまい、その時点では親戚との話も固まっていない状態だったにも関わらず、周りからあおられて結婚することになった。新婚当時、エリート官僚だった夫が超多忙で、話をする時間がほとんどなかったという。

好きなタイプ

性格

司葉子は、昔はひ弱だったが、夫の選挙期間中に動き回ったことで身体が鍛え直されたという。仕事と夫の選挙活動、家事、子育てととても忙しく過ごしていたことから、時間をうまく使える効率的な性格になった。

趣味

司葉子の趣味は畑仕事である。春菊、チンゲンサイ、ルッコラ、ほうれん草、ピーマン、唐辛子、柿などを作っている。また、庭には梨の木がある。

子供の頃から植物が身近にあり、自分の原点は植物にあると言っても良いくらいで、家の建築では、植物に環境のいいテラスを作ることをまず考えたほど。よほど忙しくない限り、一日に一回は必ず庭を見回り、植物と対話している。

特技

デビュー前の経歴

司葉子は、短大卒業後、大阪の新日本放送(現・MBSメディアホールディングス)に入社し、社長秘書を務めていた。その後、スカウトがきっかけで芸能界入りを果たした。

出身・家族・学歴

兄弟 姉2人
出生国 鳥取県
出生地域
高校 鳥取県立境高等学校
大学 共立女子短期大学

家族のエピソード・詳細

三男・相澤宏光の妻は歌手・タレントの相田翔子である。

解散・引退について

周囲からの評判

整形

なし

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram なし
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正