Blumio

Blumioについて

Blumioは、ドイツ出身の日本人のラッパー。YouTubeのチャンネルは2017年に開設している。動画の内容は、ラッパーらしく「○○をラップにしてみた」というものから本格的なラップの音楽までさまざまである。

日本で初めてのミュージックビデオ「ユニクロ」を自身のチャンネルで公開しており、11万回再生を誇っている。ピンクのモヒカンと、カラフルな衣装で動画に出演し、ユーモアを交えた誰もが楽しめる動画になっている。

基本プロフィール

芸名 Blumio (Blumio)
本名 國吉史生 (不明)
ニックネーム
国籍 日本
性別 男性
身長 0cm
体重 0kg
血液型
誕生日 1985年02月16日 (34歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

レコード会社
事務所 BREAKER
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

既婚

好きなタイプ

Blumioの好みのタイプは、健康的で適度に日焼けしている女性である。それを受けて、日本人女性が「美白がいい!焼けたくない」と言っていることに対して不満そうな呟きがツイッターで確認できる。

性格

Blumioは「ヘローー!僕はBlumio、ドイツ生まれドイツ育ちの純日本人ラッパーだよーん」という自己紹介からもわかるようにひょうきんで、表情豊かな男性である。ピンクのモヒカンとカラフルな衣装がトレードマークである。

ドイツ出身で幼いころから、日本人であることで差別を受けてきたが、それを跳ね返そうと活動を始めた。前向きな性格の持ち主である。

14歳の時に「かっこいいから」というきっかけで、HIPHOPに興味を持ち、三四郎への愛を歌にした「バチボコの歌」やお酒の席でのうざい先輩のあるあるを歌にした「妄想ダンス」など、独自の感性を活かした音楽活動をしている。

Blumioは既にドイツでは有名だが、日本での知名度はまだ低い。しかし両親の故郷である日本で活動を選んでいる。「自分にとって、ラップはネガティブな感情を治すことができるツールだ」と語っている。また「ラップでミュージカルを作りたい」とも語っている。

趣味

不明

特技

Blumioの特技は、モノマネである。

デビュー前の経歴

Blumioは、1985年にドイツのデュッセルドルフで日本人の両親のもとに生まれた。ドイツで日本人として暮らす中で、小さい頃から差別や偏見を経験した。幼稚園から中学校まで「細目」と毎日のように呼ばれていた。日本人を示す差別用語「ヤプセ」を良い言葉にしてやろうと思い、あえてヤプセを掲げて活動し、のちに「ヤプセンソウル」という楽曲も発表した。その結果「Blumioってアジア人のあいつね」と覚えてもらえたという。

ラップに興味を持った理由は「かっこいいから」だという。1997年にドイツでラップブームが起き、まず友達がラップを聴き始めた。Blumio自身は、宿題に取り組んでいるふりをして親の目を盗んで歌詞を書いていた。そして歌詞の書き方や声の使い方をモノマネしたのが評価され、ドイツにてデビューに至った。同時に、13歳の時に日本旅行した際に聴いた、RHYMESTERに影響されて日本語の歌詞も書くようになった。

2016年には活動の拠点を日本に移し、2018年6月には名古屋で初ライブを行った。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
出生国
出生地域
高校 不明
大学 不明

解散・引退について

周囲からの評判

不明

整形

なし

好きな食べ物

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram https://www.instagram.com/blumiojp/
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正