イン・ギョジン

韓国の俳優・韓流スター

イン・ギョジンについて

イン・ギョジンは、2011年まではト・イソンという芸名で活動していたが、事務所を移る際に本名に変更した。

基本プロフィール

芸名 イン・ギョジン (In GyoJin)
本名 イン・ギョジン (In GyoJin)
国籍 韓国
性別 男性
身長 179cm
体重 68kg
血液型 A型
誕生日 1980年08月29日 (40歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 キーイースト

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

イン・ギョジンの恋愛は、ソ・イヒョンと初めて出会ったのは、ソ・イヒョンが高校2年生の時だった。まだデビュー前であったが、事務所が同じだった。

その後約14年間を兄と妹として過ごしてきたが、イン・ギョジンが先に告白をしたようだ。

長い間兄妹のように過ごしてきたが、ドラマで恋人同士の役を経験したことで異性として考えるようになり、告白したとしている。

その後ソ・イヒョンは、真剣に考えるため、4ヶ月程連絡を取っていなかったとしている。

その後、ソ・イヒョンが、メールを送ったことにより2人は再会した。付き合って間もなく、イン・ギョジンはプロポーズをしている。

「なぜ超高速プロポーズをしたのか。また、なぜそれを受け入れたのか?」という質問に対して、「14年間を共に過ごしてきたことでお互いによく理解していたからだ」と答えた。

2人は2014年10月に結婚式を挙げ、夫婦となった。

イン・ギョジンの第二の恋愛は、2012年6月に公開的な恋愛を始めた。

2人は他のカップルと変わらずに、恋人の仲を楽しんでいたが、公開的な恋愛を始めて約1年後の、2013年5月に、恋人から友人の関係に戻ることを決めたとし、破局した。

ソ・イヒョンとイン・ギョジンとは、デビュー前から事務所が同じで14年間の知り合いだという。その後イン・ギョジンは「ドラマで恋人として出演した後に告白することになった」と話した。

ところが、告白を受けたソ・イヒョンは慎重に決定したかったらしく、イン・ギョジンを4ヵ月間受信拒否したという。

4ヵ月後再び会ったイン・ギョジンは、ソ・イヒョンと正式に付き合い始め、一ヶ月後にプロポーズをしたという。ソ・イヒョンは結婚し、娘を出産。2017年10月には第二子を出産する予定だ。

ソウは2012年6月に、イン・ギョジンとのスキャンダルの写真が、報道された。ドラマ『明日が来れば』で共演しながら、付き合うことになったという。そして2013年5月に、二人は破局した。「二人は普通の恋人と同様に、出会いとケンカを繰り返しながら、1年間交際してきたが、恋人より友達として残る方向に決定した」と、事務所が発表した。

好きなタイプ

イン・ギョジンの好みのタイプは、セクシーでありながらも、かわいさがある女性が好みである。

性格

イン・ギョジンの性格は、恋人と対して良くしてあげようと、努力するタイプである。優柔不断なところがある。

趣味

イン・ギョジンの趣味は、ゲームである。

デビュー前の経歴

イン・ギョジンのデビュー前は、檀国大学に在学中だった、2000年にMBC公開採用タレントで、デビューした。

デビュー後は、無名役者時代が7年程続いた。

アメリカに行ってみようと思い立ち、渡米するが映画出演のオファーにより韓国に帰国。

それから少しずつ顔が知られるようになっていった。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 北一高等学校
大学 檀国大学

周囲からの評判

イン・ギョジンの評価は、優柔不断なところがあり、妻のソ・イヒョンと付き合っている頃に、プロポーズをしようとしたが、「今言うべきか?」と悩んだあげく言えなかったという。

しびれを切らしたソ・イヒョンが先にプロポーズをしたという話がある。

父親のイン・チワンは、年間200億ウォンを売り上げる中小企業のCEOを務めている。また父親の事業を引き継ぐため、イン・ギョジンは経営を勉強しているという話もある。

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る