志田未来

志田未来について

志田未来は、研音に所属している女優である。1999年にセントラル子供劇団に入団し、翌年にはドラマ『永遠の1/2』でドラマ初出演を果たした。さらに2002年には映画『借王ファイナル』で映画初出演を果たした。

2006年に現在の事務所に移籍し、同年にドラマ『14才の母』で初主演を果たした。2009年には映画『誰も守ってくれない』で映画初主演を果たし、2010年に第33回日本アカデミー賞新人賞を受賞した。その他の主な出演作は、ドラマ『女王の教室』『探偵学園Q』『小公女セイラ』等がある。

基本プロフィール

芸名 志田未来 (Mirai Shida)
本名 志田未来 (Mirai Shida)
国籍 日本
性別 女性
身長 150cm
血液型 AB型
誕生日 1993年05月10日 (29歳)
干支
星座 おうし座

所属

参加グループ
事務所 研音

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

夕輝壽太は、2013年に放送されたドラマ『ST 警視庁科学特捜班』にて、志田未来と共演している。その時期に、夕輝がネット上で「彼女がいる」と発言したことより、2人は熱愛中ではないのかと、噂が広まった。しかし、実際の所は分かっていない。

堀越学園高校の同級生でドラマでも共演しており、その仲の良さからファンの間では有名だったようで、2人の熱愛報道が出たが双方の事務所が否定。噂で終わった熱愛報道であったが、ファンの間では演技力のある神木隆之介に演技力で劣らない志田未来の組み合わせは応援できるものだったようで、「他の女優さんやグラビアアイドルとは噂になって欲しくない!」との意見が多く上がっていた。

2006年にドラマ『探偵学園Q』で共演したことがきっかけで交際に発展したと言われている。そして志田が、Hey!Say!JUMPのコンサートをこっそり見に行く姿が目撃されていた。

しかし、実際には2人は高校の同級生で仲が良かったことから、あくまでも交際は噂でファンの妄想であると言われている。

好きなタイプ

志田未来の好みのタイプは、一緒にいて落ち着く男性、自分に迷惑をかけない人である。

志田は、男性の声フェチで、見た目(イケメン)には興味がないのだという。また、自分に自信がありすぎる男性や「俺について来い系」の男性は苦手で、今まではダメ男を好きになってしまうことが多かったと話す。

性格

志田未来は、人見知りが激しい。また落ち着きがないと言われることが多い。

基本的にあまり悩まず、直感で生きているタイプで、あまり人に相談はせずに自分で何でも解決する。

趣味

志田未来は、ディズニーランドが好きでよく家族で遊びに行っている。また読書が好きで、特に最初に結末を読んで、伏線を確認しながら読むのが好きである。

デビュー前の経歴

志田未来は、運動が得意で中学校の時はバドミントン部に所属していた。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 堀越学園高等学校
大学 進学せず

周囲からの評判

たびたび共演している竜星涼は、「未来ちゃんは、僕が冗談を言い過ぎても付き合ってくれたりして、大人だなあと思います。あと、どんどん心を開いてくれているような気もしています」「未来ちゃんは、お芝居で会話をしていても本当に会話をしている感じにさせてくれる女優さん。いつもセリフで『会話をする』ということを教えてもらっている気がします」と志田について話す。

整形

なし