黒川 智花

黒川 智花について

黒川智花は、研音に所属している女優である。

2001年、『りぼん』のモデルグランプリに選ばれて、読者モデルとして活動を始めた。その後、研音のスタッフにスカウトされて「黒川智花」に改名して活動を開始した。

2002年、ドラマ『愛なんていらねえよ、夏』でテレビドラマ初出演。2005年にはドラマ『雨と夢のあとに』で連続テレビドラマ初主演、映画『8.1』で映画初主演を果たした。その後も、映画やドラマ、舞台、朗読劇でも活躍している。主な出演作はドラマ『3年B組金八先生』『てるてるあした』『ブラッディ・マンデイ』、映画『君の心臓の鼓動が聞こえる場所』などである。

プライベートでは、2015年に2年間の交際を経て一般男性と結婚している。

基本プロフィール

芸名 黒川 智花 (Tomoko Kurokawa)
本名 黒川智子 (Tomoko Kurokawa)
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 161cm
血液型 O型
誕生日 1989年08月01日 (30歳)
干支
星座 しし座

所属

レコード会社
事務所 研音
事務所入所年
デビュー年

好きなタイプ

黒川智花の好みのタイプは、話が合う男性、食べ物をおいしそうに食べる男性である。

性格

黒川智花は、よく知っている人たちからは「素が面白いね」と言われることが多い。撮影の時以外はドジな部分がある。

また忍耐強い性格で、自身でも「厳しい監督にも全然負けません」と話す。強く言われれば言われるほど燃えるタイプである。

趣味

黒川智花は、映画を観るのが好きで、特に好きな映画は『君に読む物語』『嫌われ松子の一生』。好きな俳優はウォンビンで、いつか共演するのが夢だという。AKB48のファンで、サブカルチャー系雑誌『クイック・ジャパン87』で山里亮太との「応援対談」を行っている。

また、母親に料理を習ったことがきっかけになり料理をするのが好きで、得意料理は豚汁、肉じゃが、かぼちゃとチーズのハンバーグである。

他にも、キックボクシングにハマっている。

特技

黒川智花の特技は朗読である。2011年にはDHE@stageプロデュース『朗読劇 私の頭の中の消しゴム 3rd letter』に出演し、「アルツハイマー病に侵された少女」という難しい役柄を演じた。

その他には、ジャズダンスと一輪車が得意である。

デビュー前の経歴

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 東京都
出生地域
高校 堀越学園高等学校
大学 亜細亜大学 経営学部

解散・引退について

周囲からの評判

舞台『汚れたアヒル』で共演した市川知宏は、黒川のことを「黒川さんは話しやすくて、すでに距離感も近くなってるので安心感がある。だから楽しみでもあります」と話す。

整形

なし

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram https://www.instagram.com/tomoka_kurokawa_official/
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正