山岸理子

つばきファクトリー ハロプロ

山岸理子について

山岸理子は、つばきファクトリーの初期メンバーでリーダー。ニックネームは「りこりこ」で、イメージカラーはライトグリーンである。

2012年6月にハロプロ研修生に加入し、「ハロプロ研修生発表会2012~6月の生タマゴShow!~」において小田さくら(現モーニング娘。11期)、岡村里星、野村みな美(現こぶしファクトリー)らとともにお披露目された。

その後、約3年の研修期間を経て、2015年4月研修生内のユニットつばきファクトリーへの加入が発表された。最年長の山岸は、同年8月に開催された「ハロー!プロジェクト2015 SUMMER~CHALLENGER~」でリーダーへの就任が発表された。そして2017年2月22日、シングル『初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア』でメジャーデビューを果たした。

基本プロフィール

芸名 山岸理子 (Riko Yamagishi)
本名 山岸理子 (Riko Yamagishi)
国籍 日本
性別 女性
身長 155cm
血液型 B型
誕生日 1998年11月24日 (21歳)
干支
星座 いて座

所属

参加グループ

つばきファクトリー

事務所 アップフロントプロモーション

好きなタイプ

不明

性格

山岸理子は自身の性格について「つばきファクトリーオフィシャルブログ」の中で「直感で行動するタイプ」「のんびり屋で我慢強い性格」「昔から人見知り」と表現している。

人見知りは、4歳の時、友人のお母さんに誘われてダンスを始めたことがきっかけで改善され、どんどん人前に出るようになり、読者モデルやオーディションを経験するうちに徐々に解消されてきたという。

その愛らしい見た目から「いつも眠そうなほんわかリーダー」というイメージが強いが、芯のしっかりとしたリーダーであり、メンバーからは慕われ頼りにされている。しかし普段はやはり天然でおっとりしているという。

メンバーの浅倉樹々は山岸について「つばきファクトリーで一番天然。小さな子供みたいで可愛い」「ダンスになると、その天然真逆でかっこよくなるのでその違いにびっくり」と語る。

趣味

山岸理子の趣味は、一人で映画を観に行くこと、カフェめぐり、ショッピング、音楽鑑賞、ペンを集めることである。

ペン集めは500本ほど集めていたというが、集めすぎて母親に捨てられたという。ちなみに好きなペンは筆ペン。イベントの書き物も様々なペンを使って書くという。

特技

山岸理子の特技は、ダンス、側転である。

ダンスはハロプロ研修生加入前からレッスンに通っており、他にもバレエを習っていたという。2018年8月に放送された日本テレビ系列『ニノさん』の中ではそのダンススキルを活かし、「リコーダーを吹きながらムーンウォークをする」という特技を披露した。

デビュー前の経歴

山岸理子は、研修生加入前からダンス経験があり、2012年6月、ハロプロのバックダンサーになりたくてハロプロ研修生に応募した。

姉が℃-uteの大ファンだった影響もあり、2013年の「ハロプロ研修生~春の実力診断テスト~」では「この街」、2014年の「ハロプロ研修生~春の実力診断テスト~」では「会いたい会いたい会いたいな」とどちらも℃-uteの楽曲を披露した。

出身・家族・学歴

兄弟 兄、姉
出生国
出生地域
高校 不明
大学 -

解散・引退について

周囲からの評判

整形

なし

好きな食べ物

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

つばきファクトリーのメンバー

関連するアーティストを見る