岸本ゆめの

ハロプロ

岸本ゆめのについて

岸本ゆめのは、ハロー!プロジェクトに所属する女性アイドルグループ・つばきファクトリーのメンバー。ニックネームは「きしもん」で、メンバーカラーはイエローである。

2012年11月にハロプロ研修生に加入し、12月に研修生発表会でお披露目された。そして、2015年4月に新しく結成されたつばきファクトリーのメンバーとなった。その後、2017年2月にグループとしてメジャーデビューを果たし、同年12月、第59回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞している。

基本プロフィール

芸名 岸本ゆめの (Yumeno Kishimoto)
本名 岸本ゆめの (Yumeno Kishimoto)
国籍 日本
性別 女性
身長 167cm
血液型 B型
誕生日 2000年04月01日 (22歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

参加グループ

つばきファクトリー

事務所 アップフロントプロモーション

好きなタイプ

不明

性格

岸本ゆめのは、明るくてしっかり者な性格。その一方で、人見知りで控えめな部分もある。

自分がハロプロで一番だと思うことについては「庶民的なところ。抵抗なく一人で、皆が入らないような飲食店に入ったりします。餃子の王将とか日高屋とか、サラリーマンの方が仕事帰りに一人で入るようなところへ普通に行けますね。ダイビングに行くときとかも、キムチチャーハンを自分で作ってタッパーに入れて持って行ったりとかもします」と答えている。また、研修生時代「家の風呂場の壁が壊れてそのままになっている」というエピソードも披露しており、庶民的なキャラが広まっている。

ファッションセンスが独特で、柄物や奇抜な服を着ていることが多く、私服の写真がアップされるとファンの間でもたびたび話題になる。洋服を買うときは基本的に古着やセール品を選んでいる。

ルックスやスタイルの良さから、メンバーに「イケメン」と言われることが多い。座右の銘は「ピンチはチャンス」「必死に挑戦!」である。

趣味

岸本ゆめのの趣味は、腹筋、お笑いを見ること、ウォーキング、ジョギングである。好きなお笑い芸人はバナナマン、おぎやはぎ、シソンヌである。

また、音楽を聴くのも好きで、J-POPや器楽曲など様々な音楽を聴いている。好きな音楽ジャンルはソウル・ミュージックである。カセットも聴けるレコードプレーヤーを持っており、知らないCDやレコード、カセットをジャケ買いすることもある。小学生の頃に初めて買ったCDはゆずのアルバムだという。

特技

岸本ゆめのの特技は、編み込み、たくさん食べること、バレーボールのアンダーハンドパスである。2017年1月30日の自身のブログでは「前屈、楽しそうにスキップをする」ことも特技に挙げている。

また、ダイビングのライセンスを持っており、元℃-uteの矢島舞美、中島早貴とプライベートでダイビングに行ったことがある。さらに登山や、ハーモニカ、ギターも好きだという。

デビュー前の経歴

岸本ゆめのは、幼少期からとても美少女で、大阪で子役をやっていたことがある。そして、小さい頃から歌うことが好きで、おもちゃのマイクで歌って遊んでいた。小学校高学年のときは音楽クラブで部長を務めていた。

2012年9月、モーニング娘。11期メンバーオーディションを受けて、最終審査まで進んだものの落選。同年11月にハロプロ研修生に加入し、12月の研修生発表会でお披露目された。2014年には、先輩である℃-uteやBerryz工房のツアーに帯同したり、Juice=Juiceの握手会に研修生組として参加したりしていた。

2015年4月29日、新グループ・つばきファクトリーのメンバーとなることが発表された。その後インディーズシングルやミニアルバムの発売を経て、2017年2月22日にメジャーデビューを果たした。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 不明
大学 -

周囲からの評判

清水佐紀(Berryz工房)に憧れている。清水はハロー!プロジェクト・アドバイザーとしてつばきファクトリーのメンバー選考などにも関わっており、岸本を推薦した。そして清水は、2017年2月22日のメジャーデビュー日のブログ記事で「ゆめのはほんとーーに努力家」「私はゆめのの歌声好き」と書いている。

整形

なし

つばきファクトリーのメンバー