三原慧悟/sanyuan

YouTuber・クリエイター

三原慧悟/sanyuanについて

三原慧悟/sanyuanは、台湾で人気の日本人YouTuberである。2015年から日本で働きながら台湾に向けて動画を投稿し始めた。そして約1年後、当時働いていた会社を退社して本格的にYouTuberとして活動を始めた。

慶應義塾大学在学中にTOHOシネマズ学生映画祭グランプリを受賞した三原慧悟が作り出す動画は天才的で、ストーリーが意表をつくものばかり。クスッと笑ってしまうものから、爆笑必至のものまで多様である。日本文化が面白おかしく紹介されていて、日本人も共感出来るような内容になっている。三原はアイドル活動もしているということで、真面目に歌を歌っている動画もある。

基本プロフィール

芸名 三原慧悟/sanyuan (Keigo Mihara)
本名 三原慧悟 (Keigo Mihara)
国籍 日本
性別 男性
身長 180cm
体重 0kg
誕生日 1989年05月08日 (31歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 UUUM

好きなタイプ

不明

性格

三原慧悟/sanyuanの動画はギャグの要素が強く、お笑いのセンスがとても良いことから、三原が普段から明るく面白いことが大好だろうという印象を受ける。

また、三原慧悟/sanyuanは、大学を卒業してフジテレビに入社したものの「人と違う映画を作りたい」という思いで退社してYouTuberになった。そのことから決断力や度胸がある人物であることがわかる。

そして、三原慧悟/sanyuanが自身について述べている記事がある「僕は野心が人一倍強いと思うんです。お金とか女性にモテたいとかじゃなくて、単純に有名になりたいという想いが強い。どんな職業でもいいから、世間に認められる結果を出して賞賛を浴びたいんです」「大学生の時に作った映画が日本一になって、あぁ映像だったら自分は勝負できると思いました。だからフジテレビに入ったのも生意気ですが自分の中では当たり前で。僕以上の人材はいないと思っていました」この記事から、自分の心にまっすぐな性格がうかがえる。

趣味

三原慧悟/sanyuanの趣味は、エステである。

特技

三原慧悟/sanyuanの特技は、アメリカンジョークである。

デビュー前の経歴

三原慧悟/sanyuanは、慶應義塾大学在学中に演劇サークルに所属し、自作のストーリーで映画を撮っていた。東京学生映画祭では観客賞を受賞し、TOHOシネマズ学生映画祭ではグランプリを受賞している。

大学卒業後はフジテレビに入社して、映像制作の仕事をしていた。才能を認められてか、地道にドラマを作りたいとアピールし続けたせいかフジテレビでは異例の抜擢で1年目で単発の深夜ドラマを任された。ドラマの脚本、監督をしてみたが、自分が納得する作品は作ることが出来ず、結果的に1本だけ撮って終わってしまった。そして人と違う映像が作れると自信を持っていた三原慧悟/sanyuanだが「結局自分も普通の作品しか撮れていない」ということに気がついた。

そしてその事がきっかけとなり、「自分がもっと人と違う作品を撮るためには、どうしたらいいのか」悩むようになった。「悩んでいる間にも、何か行動をしたい」と思い、アイドル活動と動画制作を始め「一人の日本人が台湾でアイドルになる、この企画面白いぞ」と自分が台湾でアイドルになろうと思いつく。当初は仕事が休みの日だけYouTuberとして活動していたが、約1年後にフジテレビを退社した。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 不明
大学 慶應義塾大学

周囲からの評判

三原慧悟/sanyuanは、台湾ではかなり人気があり、道を歩いていても声をかけられたり、写真を一緒に撮りたいと頼まれるという。ただアイドルいうより、コメディアンとしての認識が強いようだ。アイドルより芸人のほうが向いているのでは?とう声もある。

三原のファンは、年齢層も性別も様々で、女性のファンだけでなく男性のファンも多い。男性受けする動画を意識してアダルト要素が入った動画ばかりを作っていた時期もあったという。「日本語おぼえうた」の動画は、日本語を覚えたい視聴者から「楽しく日本語を覚えられていい」と好評である。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る