河口 まなぶ

YouTuber・クリエイター

河口 まなぶについて

河口まなぶは、1995年よりフリーランスで活動している茨城県出身の有名自動車ジャーナリストである。スポーツカー好き、ミニバン嫌いで知られている。

Web自動車メディア「LOVECARS!」を立ち上げ、YouTubeにもそのチャンネルを設立した。自動車の新型発表や試乗動画が公開されており、企画・構成・編集・出演など河口が一人ですべて担当している。

動画のアップロードは2008年12月から続けられていて、チャンネル登録者数は2018年8月現在で9.6万人を超えている。

基本プロフィール

芸名 河口 まなぶ
本名 河口学
国籍 日本
性別 男性
身長 168cm
体重 0kg
血液型 AB型
誕生日 1970年05月09日 (50歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 UUUM

好きなタイプ

不明

性格

河口まなぶは、動画の中で本当に楽しそうに車を運転している。佇まいや話し方からも大きな自信をもって仕事に臨んでいることがわかる。

大学4年生の時に、自動車関連出版社に就職が内定していたが、単位が足りずに留年したために、アルバイトから別の自動車雑誌社に入り、ジャーナリストとして独り立ちした。そしてツイッターの草創期から自動車好きのためのコミュニティを作ろうとしており、YouTubeでは登録者10万人に迫るチャンネルを創り上げている。

趣味のトライアスロンも、25メートルを泳ぐのがやっとであったところから、多くの時間をかけて水泳に打ち込み、大会に出場するまでに実力を高めている。

希望する道を進むために努力は惜しまず、自動車に対してはかなりの情熱をもっており、大変粘り強い性格であることがわかる。

趣味

河口まなぶの趣味は、スイミング、自転車、マラソン、トライアスロンである。

Facebookでは「初めてのトライアスロン部」を主催している。そこで河口は「トライアスロンには、人生は容赦なく向かって来る時間に対して、やるかやらないかの決断を迫られる連続であることを改めて教えられた、トライアスロンには覚悟が必要であるが、その覚悟は日々に通づるものがある」と述べている。河口は220kmを超える最も長い距離に挑戦するアイアンマンでも完走している。

特技

不明

デビュー前の経歴

河口まなぶは、1993年に日本大学芸術学部文芸学科卒業後、自動車雑誌のモーターマガジン社でアルバイトを開始した。それ以前にある自動車関連出版社から内定をもらっていたが、大学の卒業に必要な単位が足りず半年留年したためにアルバイトからのスタートとなった。

そして1995には年フリーランスの自動車ジャーナリストとして活動を開始した。1997年には日本自動車ジャーナリスト協会の最年少会員となった。以降、自動車雑誌への寄稿が増え、ブログ上でも自動車関係記事をアップし始めた。

ソニー・コンピュータエンタテインメント発売の人気ドライビングゲーム「グランツーリスモ」シリーズの立ち上げにも参加し、解説も担当した。また2001年10月から2002年3月にかけて、テレビ東京で放送された自動車情報番組『三軒茶屋モータリングクラブ』にレギュラー出演した。2002年からは日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務めている。2006年にTwitterが登場すると、多くの車好きとネットワークを作っていき、車を愛する者のコミュニティ作りに邁進した。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 不明
大学 日本大学芸術学部文芸学科

周囲からの評判

河口まなぶは、UUUM公式サイトでは、「日本カーオブザイヤーの選考委員やCSテレビに出演するなど、自動車業界のメディアを発信し続けるTOP CREATOR」と紹介されている。限定生産のスポーツカーを試乗したり、新型の自動車をいち早く試乗したりする動画が高い評価を受けている。

動画では本人が試乗してみた感想とともに、車内の映像、正面および後方から撮影した映像などが組み合わされている。エンジン音をしっかり聴くことができるも好評である。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る