キム・ジヌ

WINNER

キム・ジヌについて

WINNERの最年長。ボーカル担当。端正なルックスは「顔で採らない」と有名なYGエンターテインメントのなかで異彩を放つ。小鹿のように大きな目と、はかない歌声は、ファンたちの母性本能を刺激する。

最年長だが、かなりの天然キャラで方向音痴。かっこいいよりも可愛いという言葉がよく似合うため、「マッネ(マッヒョン=長男+マンネ=末っ子)」というあだ名を持つ。

歌やダンス、そして作詞作曲の音楽的才能では、圧倒的な技術を誇る他メンバーに比べて、見落としがしてしまうキム・ジヌには、当初「顔だけ」という批判も寄せられた。しかし、最年長でありながら、年下メンバーのアドバイスを素直に聞き続け、自分の努力すべき部分を謙虚に理解しており、メンバーへの尊敬を隠さない姿は多くのファンの心をうち、WINNER内でもっとも長い間にデビューに向けて苦労を続けてきた、粘り強い努力家な性格で、人気を獲得することになった。

2016年には現代舞踊にチャレンジし、「星の王子様」のステージに立った。

基本プロフィール

芸名 キム・ジヌ
本名 キム・ジヌ
ニックネーム ジヌ
国籍 韓国
性別 男性
身長 174cm
体重 58kg
血液型 A型
誕生日 1991年09月26日 (28歳)
干支
星座 てんびん座

所属

参加グループ

WINNER

レコード会社
事務所 YGエンターテインメント
事務所入所年
デビュー年

好きなタイプ

ジヌのタイプは可愛らしい女性。動物で言うと、犬と猫を8:2に割合で混ぜたような女の子が理想だと語っている。ジヌ自身が、もの静かで消極的な性格なので、積極的に愛情を表現してくれるような女性だと良いとのこと。

肌の色が白く、顔が子犬のようなかわいい子がタイプ。体型は太すぎず細すぎない、ヒールの靴を履いても自分より背が低い(174cm以下の)女性が理想。

日本人でタイプなのは北川景子で、ドラマ『HERO』を見て好きになったそう。

性格

ジヌは「誠実さのアイコン」。とても真面目で、努力を惜しまない。個性の強いWINNERのメンバーの中では穏やかな存在で、メンバーたちの架け橋のような存在になっている。

メンバーの中で最長の練習生期間を経ており、後がない状態でWINNERになれるかどうかの崖っぷちに立たされたサバイバル番組『Who is next:WIN』では、相当なプレッシャーがあったためか、月末評価(実力を評価するために定期的におこなわれるテスト)の際に歌詞を間違えてしまうというミスを犯した。ミスをしてしまった自分を責め、涙を流す場面は印象的だった。

そこからは決して間違えないように努力を重ね、グループでは最年長にもかかわらず年下メンバーに教えを請う姿は、ファンならずとも多くの人々から感心を誘った。メンバーも、年上でありながら「他メンバーに比べて才能が不足していることを自覚している」と公言してはばからないジヌの性格を尊敬しており、その謙虚で真面目な性格が愛されている。

グループ内では最年長だが、非常に天然キャラな一面もある。彼らのドキュメンタリー番組『WINNER TV』ではクイズで珍解答を連発したり、ホテルから電車で10分の東京タワーまで3時間半かかってしまうなどの方向音痴ぶりを発揮。

大きな目の美しいビジュアルだけでなく、少し抜けているところもジヌの魅力で、ファンたちの母性本能を刺激している。

趣味

ジヌの趣味は、水泳とファッション写真のコレクション。おしゃれなスタイルの写真をSNSで検索して、スマホに保存しているという。また、水泳も得意だそう。ジヌは荏子(イムジャ)島の出身のため、家の近くに海があったため、海も好きなのだという。

また趣味として公言はしていないが、テレビ鑑賞も好きな模様。仮想結婚バラエティーの『私たち結婚しました』を見て恋愛感情を満足させている、とインタビューで語っていたり、韓国のドラマも日本のドラマもよくチェックしている。

特技

プロフィール上は「演技」とあるが、ジヌの特技と言えばやはり女装での演技。『WINNER TV』の企画でドラマ『相続者たち』のパロディーをすることになり、ジヌはそのなかで悪女のユ・ラヘル役を演じた。もともと美しいビジュアルを持っていたが、ジヌの女装があまりにもかわいく、メンバーたちも驚いていた。

ジヌの女装写真を見たBIGBANGのV.Iから「常にこのままで生活しろ」と言われたほど。それが契機となり、コンサートではジヌの女装が人気コーナーとなった。

デビュー前の経歴

ジヌの出身は朝鮮半島南部にある荏子(イムジャ)島。彼の穏やかな性格は、自然に囲まれた島で育った影響かもしれない。父親は漁師をしており、昔は父親の職業を恥ずかしいと感じていたという。

しかし、サバイバル番組に出演した際に荏子島へ帰った際、父親と抱き合って涙を流す場面も。そのときに船を操縦する父親の姿を誇らしく思うようになったそう。

WINNERの中で最も練習生期間が長いメンバー。なかなかデビューにこぎつけず、周りも次々とYGエンターテインメントを去っていくなか、『Who is next:WIN』が最後のチャンスとも言われていた。

本人も「WINNERは崖っぷちに立たされていた自分に残された最後の手札だった」と語っている。光州にあるBIGBANGのV.I.のダンスアカデミーであるスンリ・アカデミー出身で、実際にスンリからは目をかけられていた。

学生時代はバイクを買うために、チキンとピザのデリバリーのアルバイトをしていた。そのときに、「イケメンのバイクデリバリーがいる」と話題になり、ジヌを一目見ようと、担当エリア外からの注文が殺到したというエピソードも。

出身・家族・学歴

兄弟 姉(2)
出生国 荏子島
出生地域
高校 不明
大学 非公表

家族のエピソード・詳細

2018年に放送されたMBC『辺境地の魔法使い』には、ジヌの父親がサプライズで登場。父親について、「寡黙なタイプで、他の人のように僕は父と旅行に行ったことがない」ことを明かして、2人でのはじめての旅行を楽しんだ。

またともにつかった温泉では、父が「息子が夢だった歌手をずっと反対して申し訳ない」と語り、いまでは「自分の好きなことをやっている息子を誇りに思う」と述べ、熱い絆を見せた。

解散・引退について

周囲からの評判

穏やかで優しい性格のジヌに対して、メンバーも口を揃えて「優しい」と評価。最年長だが純粋で天然な部分があるので、メンバーたちから「マッネ(マッヒョン=長男+マンネ=末っ子)」というあだ名をつけられている。

メンバーのミンホは、自分のギャグに対していつでも笑ってくれるジヌといると、自分がお笑い芸人になったような気分になり、自身がつくと語る。

リーダーのスンユンからは歌唱法やパフォーマンスについて指摘されることが多いが、スンユンも「ジヌ兄さんはできない人ではない、努力の人だ」と信頼を寄せている。

整形

WINNERだけでなく、YGエンターテイメント内でも屈指のイケメンであるジヌだが、整形疑惑はない。その理由は幼少期からの写真。現在の面影を残した端正な顔立ちは、若い頃から変わっていないことで知られており、整形疑惑を一蹴している。

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram https://www.instagram.com/xxjjjwww/
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

WINNERのメンバー