板野友美

AKB48 AKB・坂道

板野友美について

板野友美は、2005年に「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に合格し、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立った(旧チームAに所属、その後チームKに所属)。

AKB48での活動の他、個人としてファッション雑誌『cawaii!』の専属モデルとしても活動。2009年には、AKB48内のアイドルユニット「ナットウエンジェル」を結成。2011年1月にはソロデビューも果たした。

2013年8月、AKB48を卒業。卒業後はソロアーティストとしてCDを発表する他、映画やテレビドラマ等演技の仕事をはじめ活動の場を広げている。

基本プロフィール

芸名 板野友美 (Tomomi Itano)
本名 板野 友美 (Tomomi Itano)
国籍 日本
性別 女性
身長 154cm
体重 36kg
血液型 A型
誕生日 1991年07月03日 (29歳)
干支
星座 かに座

所属

参加グループ

AKB48

事務所 ホリプロ

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

板野友美とTAKAHIROの熱愛は2010年頃から一般人に何度か目撃されたことによって噂として浮上していた。

大々的に世間に明るみになったのは2012年に発刊された週刊誌『週刊文春』で、「超高級タワーマンションの別々の部屋に2人が居住しており、板野が乗り込んだエレベーターがTAKAHIROの部屋がある中層階で停まったのを複数回、目撃したり、帰宅時間もほぼ同時刻であることが多かった」と報道されたことにより広く知られることとなった。

両者の所属事務所は共に交際を否定したが、約1年後に今度は写真週刊誌『フライデー』が板野とTAKAHIROがデートしている姿をスクープして熱愛報道をした。

一時期は結婚秒読みとまで言われていたが、2015年にTAKAHIROと武井咲の交際報道が出た際に破局したのではないかと言われ、2017年、TAKAHIROは武井咲と結婚した。

好きなタイプ

板野友美は、AKB48卒業後の2014年2月1日に放送された、TBS系列『王様のブランチ』内の「サンキューミュージック」というコーナーにゲスト出演し、お笑いトリオのパンサーの3人と対談した。AKBを卒業後したことで自由に恋愛できる立場になった板野は「恋したらいいな、という感じ」と恋愛に前向きな姿勢を見せていた。そして、好きな男性のタイプについて聞かれると「ギャップのある人が好き」とはっきりと好みを語った。

しかし、3年後の2017年9月15日に放送されたフジテレビ系列『ダウンタウンなう』の「本音でハシゴ酒」にゲスト出演した際には、ダウンタウンや坂上忍を相手に様々なトークの中で「大きい男性がタイプだ」と告白する場面もあった。

性格

板野友美は、性格が悪いことで有名である。特にAKB48時代は、性格が悪いと思われる言動のエピソードが複数あり当時、総監督だった高橋みなみが唖然としたこともあるという。

大人数で活動するAKB48グループ。当然、楽屋は一つなのだが、全員分の椅子が用意されているわけではないのでどうしても座れない人が出てくるという。基本的には、早い者勝ちで、先に来た人が椅子の上にバックを置く等して席を確保しておくスタイル。しかし、板野は、後から来たにも関わらず椅子の上においてある他のメンバーの私物を勝手にどかして我が物顔で席についていた。また、数に限りのあるコンセントも勝手に差し替えて使うなど、他のメンバーのことを考えていないような行動が目立っていた。

また、あまり感情を表に出すタイプではない板野だが、スタッフへの対応も良いといえるものではない。ラジオの企画ではスタッフに向かって「面白くない」と平然と言ってのけてしまうくらい物事をはっきりと口にする性格である。また、ゲスト出演していた番組でもリアクションが小さく、MCである芸人等がフォローを入れる場面も多く、視聴者からもの評価もあまり良くない。

趣味

板野友美の趣味は音楽鑑賞、寝ること、食べること、ショッピングである。特にSPEED、BoA、安室奈美恵等の女性歌手が好きなようで父親の証言によると板野が小学生の時にSPEEDのライブを観たことがきっかけで、アイドルを目指すようになったという。また、BoAの大ファンで、『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』で共演した際に2ショット写真を取ったことはファンの間では有名である。

寝ることについては、寝覚めは非常に良いものの、幼少時から持っている「りんごちゃん」と名付けた一見怖い人形がないと寝られないといいう。

また食べることについては、好物が複数あり、オフィシャルサイトやテレビ、雑誌等で食に関して話しているが、「日本一まずいラーメン屋」とされる彦龍のラーメンに「おいしい」とコメントするなど、味覚オンチ扱いされることもある。

特技

板野友美の特技は、ダンス、エレクトーン、水泳、一輪車である。その中でもダンスはSPEEDの影響で始めて、AKB48に入る前から板野の特技だった。

AKB48の振付を担当していた夏まゆみ氏は自書でこのように記している。「たとえば元AKB48の板野友美。今の彼女からはイメージしにくいでしょうが、AKB48に入ったばかりのころはちょっとした問題児でした。第一期生のなかでダンス経験があったのは彼女と峯岸みなみの二人だけだったためでしょう。『私はほかの子とは違う!』と勘違いして、まじめに練習に参加しようとしなかったのです。もとよりダンスを少々かじったくらいではプロの舞台で通用するはずがありません。しかも板野のダンスには独特のクセがあって、それを矯正しなければならないことを考慮すると、むしろほかのメンバーよりも努力が必要なくらいでした。それなのに板野は『自分はできている』と思い込んで、素直にレッスンを受けようとしない。踊り方についても、いくら注意されても自分のスタイルを変えようとしない。見かねた私は『板野、自分がうまいと思ってるなら大間違いだよ。そんなんじゃすぐに抜かされるよっ!』と強く叱りつけたこともありました。それは脅しではなくて本当のことで、板野がぐずぐずしている間にも差はどんどん縮まっていきました。ほかの子たちは初めてのステップに苦戦しながらも、何度も何度も基礎を繰り返して着実にうまくなっていったし、もとからそこそこ上手だった峯岸は、レッスンをとおしてさらに磨きがかかっていった。変わらないのは板野だけでした。こうなったら元凶である『悪いプライド』を徹底的に打ち砕くしかない――」

板野はこのように夏氏に言葉ではなくレッスンを通して伝えられ、その結果、AKB48でもフロントで踊ることが増えたようだ。

デビュー前の経歴

小学生の時に、SPEEDを見てアイドルを志し、中学生の時にダンスを始めた。2005年の8月までは、BOXMENのガールズダンスチーム「GIRLSBOX」に所属しており、2003年に放送されたNHK系列『第54回NHK紅白歌合戦』では、出場歌手であるEXILEの「Choo Choo TRAIN」でバックダンサーを務めた。

その後、2005年10月に「AKB48 オープニングメンバーオーディション」に合格し、12月8日、オープニングメンバー候補生のうち20名として、AKB48劇場グランドオープンの舞台に立った。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 晃陽学園高校(通信制)
大学 進学せず

家族のエピソード・詳細

板のは2人姉妹の姉で、4歳年下の妹・板野成美がいる。妹は2015年にサブウェイのCMに出演している。

周囲からの評判

性格が悪いといわれている板野友美だが、AKB48の後輩たちには慕われていたようだ。

不仲説が出たこともある指原莉乃。しかし、実際はプライベートで食事に行く等かなり仲良くしている。指原は「強めで冷たいイメージがあったけど、板野さんから話しかけてくれてとっても嬉しかった」と語っている。

また、上京したものの、メンバーの中に馴染めず携帯をいじるふりをしながら寂しさに耐えていたという松井玲奈。そんな時に、板野が大きな声でメロンパンの話を始め「そういえば怜奈ってメロンパン好きなんだよね」と話題の輪に入れようとしてくれたそうだ。

板野の愛称「ともちん」との自身の愛称「ぱるる」を合わせて「ちんぱる」とまで呼ばれるほど仲良しで有名な島崎遥香。9期生で、あまり人懐っこいタイプでもない島崎にアプローチをかけたのは板野の方である。「とても可愛い子だから気になっていた」と板野は語っている。

整形

複数個所を整形しているという噂はあるが、真偽は不明である。

公式サイト・SNS

AKB48のYouTube Channel

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

板野友美の楽曲

すべての楽曲を見る

AKB48のメンバー

関連するアーティストを見る